車の水垢は事前に防ぐ!対策方法とメンテナンスを楽にする方法をご紹介

メンテナンス

前のページでは水垢の原因と対処法を説明してきました。車は絶対に必要な地域にお住いの人や、車での移動がメインの人、そんなには使わないけど屋外に車を止めている人などの大半の人は車のウロコや水垢による汚れに悩まされた経験があると思います。

もちろん中にはこまめにメンテナンスをしている方もいるかと思いますが、洗車時間と洗車場がない人にとっては非現実的な話です。

そこでこのページでは、自身でできる対策方法と、メンテナンスの労力を大幅にカットできる方法をご紹介します

その①:車のガラスに付着した水垢を落とす方法とは?原因と除去方法を解説

その②:水垢はこう落とす!車のガラスに付着した水垢の除去方法と対策法

有効な水垢対策

放っておくと車はどんどんと汚れていってしまいます。特に雨の日に車を走らせればかならず汚れは生じますよね。しかも黒い車の場合は汚れも水垢も目立ちやすいです。

しかし付着しづらくしたり、こびりつきを防止することは可能です。こまめなメンテナンスが必要になりますが、水垢を防ぐという事に対しては非常に効果的なのでご紹介します。

その1.こまめに洗車する

水垢はすぐにこびりつくことはありませんので、こまめな洗車はとても効果的です。

なかなか洗車できないという人も、雨に降られたあとは洗車するなどの習慣をつけると、こびりつきを防ぐことができます。

ですが、せっかく洗車したのに、雨の日が続いたり整備されていない道を走ったりするとすぐ汚れます。ドライバーにとっては汚れた車で走るのは億劫ですよね。そのたびに洗車することも労力がかかるので、なかなか実現が難しいと思います。

その2.水滴を残さないようにする

ガラスやボディに水滴が付いたら拭き取るようにすると、水垢が付着するのを防ぐことができます。

雨などで車が濡れたあとには、自動車のガラスとボディを軽く拭き取りましょう。

雨水にはチリやホコリが含まれているため、軽く水洗いしてから拭き取るとより効果的です。

こちらも同様、毎度毎度やるのには労力がかかるので、強くおすすめはできません。

その3.車を屋内に保管する

水垢は、雨水にさらされることで発生します。

屋内駐車場やガレージに保管することができれば、保管中に水垢が付着するのを防ぐことができます。

屋内駐車場を確保できない場合はボディカバーを利用するのが最も有効な対策法でしょう。出かけるたびにカバーをつけたり外したりするのは面倒で大変ですよね。

せめて大雨や暴風の日はボディーカバーをして水垢対策をしましょう。

【お勧め】撥水コーティングをかける

正直な話、ここまで紹介した3点については、現実味がないです。

こまめに洗車をするのには、ある程度の時間と場所が必要ですし、車を屋内に保管するのだって、屋根つきの駐車場でなくてはいけませんい。今時屋根付きの駐車場なんて滅多にありませんよね。出かけるたびにカバーをつけるのも面倒・・・

そこで、一番お勧めするのはずばり撥水コーティングをかける事です。

フロントガラスをはじめとする車のガラスに撥水コーティングをすることで、水分を弾き汚れに対する対策ができます。

自身でもコーティングすることは可能ですが、プロが施術するサービスと比べたらクオリティは全く違うといっていいでしょう。

撥水コーティングは専門店にまかせると、大体1回の施工で2年以上長持ちします。コーティングは2年に1度するだけでいいので労力は圧倒的に少ないです。

また水分を弾いてくれるので、水垢や汚れが貯まりづらい状態にしてくれるので、日々のお手入れも大幅に削減でき自動車のメンテナンスがとても楽になりますよ。

ガラス撥水・油膜落とし | フロントガラス交換・修理のダックス glassD(グラスディー) 公式サイト

まとめ

今回は車の水垢ができる原因や落とし方と対策法についてお話ししました。

水垢の原因は、雨に含まれる水分や空気中に含まれる油分によって、汚れとなるので、完璧に防ぐことはできません。

もちろん、日々のメンテナンスなどこまめに行っていれば、汚れがついても直ぐに落ちる。

つまり水垢ができにくい状態にはすることは可能です。しかし、毎度毎度メンテナンスを行うのも労力がかかるので難しいでしょう。

なので日々のメンテナンスを楽にする撥水コーティングがおすすめです。

愛車のメンテナンス軽減や水垢対策などの労力を少しでも軽くしたいのであれば、一度ガラス撥水加工やボディーコーティングを検討してみてはいかがでしょうか。h

ボディーコーティング | フロントガラス交換・修理のダックス glassD(グラスディー) 公式サイト

ピックアップ記事

関連記事一覧