油膜取りの選び方!一番効果があるのはどれ?タイプ別のメリットデメリットまとめ

メンテナンス

いざ油膜取りを買おうと思っても、どの商品にどんな効果があるのか、いまいち掴みづらいラインナップだったりしますよね。

今回の記事では、油膜取りの選び方・最も効果がある商品・タイプ別メリット、デメリットまでまとめました。

油膜取りの効果

油膜取りの効果は、油膜の除去の仕方によって2つに分けられます。

  • 油膜を削り取るもの
  • 油膜を溶かすもの

ゲル化した油膜取りの除去の方法で一般的なのは、削り取ることです。

酸化セリウムなどが含まれたコンパウンド(研磨剤)入りの油膜取りを使って磨いていくことで、油膜を削り取り、ガラスの本来の表面を取り戻します。
洗浄して油膜を除去するタイプの油膜取りもありますが、コンパウンド入りの油膜取りに比べるとマイナーです。

油膜取りの種類

油膜取りにはシートや液体など、いくつかのタイプがあります。
タイプによってメリット、デメリットが異なるので、使用シーンによって使いわけてみて下さい。

シート【効果:△】【手軽さ:◎】

シートタイプの油膜取りは、ウェットティッシュやトイレのお掃除シートのようなにサッと取り出して使うことができます。
シートと洗剤が一体となっているため、シートでガラスを磨くだけで手軽に油膜を除去することができます。

車にストックしておいて、飲食店の換気扇の近くに駐車した後やどうしても気になった時などにシートタイプの油膜取りでさっと拭き取る…というような使い方をしていけば、クリーンなフロントガラスを保つことができそうです。

シートタイプのメリット

  • 手軽に使える
  • 他の道具を用意する必要がない

シートタイプのデメリット

  • 乾くと使えなくなるため、保管方法に注意
  • 頑固な油膜には効果が薄い

スプレー【効果:◯】【手軽さ:◯】

スプレータイプは、片手で洗剤を吹き付けることができる手軽さがポイントです。

雨の日ならスプレータイプの油膜取りを吹き付けてワイパーを動かすだけで、洗い流しの手間をかけずにフロントガラスのクリーニングをすることも可能!

スプレータイプのメリット

  • 油膜が気になる箇所に直接吹き付けて使用することができる

スプレータイプのデメリット

  • 液体タイプに比べると効果は弱い

液体【効果:◎】【手軽さ:△】

液体タイプの油膜取りは、コンパウンド入りのもの油を溶かす成分が入ったものなど様々です。

いずれもシートタイプやスプレータイプに比べると磨く手間がかかりますが、効果は抜群です。

液体タイプのメリット

  • 他のタイプのものに比べて効果が高い
  • 成分を重視して選ぶことができる

液体タイプのデメリット

  • 時間と手間がかかる

ガラスクリーナーでは油膜は取り除けない?

結論から言うと、ガラスクリーナーで油膜を取り除くことはできません

油膜になる前の油汚れなら取れるかもしれません。しかし、一度頑固な油膜になってしまったら油膜取りを使わずに除去するのはかなり難しいです。

油膜がガラスクリーナーでいくら磨いてもなかなか除去できない原因は、油膜に含まれる「シリコン」という成分にあります。

フロントガラスなどの自動車ガラスには、普通の窓ガラスに付着するような汚れだけでなく、

  • 劣化したボディワックス、コーティング剤に含まれるシリコン
  • 排気ガスに含まれるシリコン

などのシリコンを含んだ油汚れが付着します。

シリコンを含む油汚れによって作られた油膜はエンジンの熱や日光の熱によってゲル化します。この状態になると、コンパウンド(研磨剤)入りの油膜取りを使わなければ取り去ることができなくなっています。

用途にあった油膜取りを選ぼう!

油膜取りには

  • シートタイプ
  • スプレータイプ
  • 液体タイプ

など、いろいろな種類があります。

油膜の程度やクリーニングの頻度によって、用途にあった油膜取りを選んでみて下さいね!

ピックアップ記事

関連記事一覧