フロントガラスのリペアは自分でできる?傷が付いたらプロに相談を!

コラム・施工例

フロントガラスの傷は、見つけ次第すぐに応急処置をしましょう。修理キットを使って応急処置できたり修理できたりしますが、基本的には傷やヒビはプロにリペアをお願いしてください。

この記事ではフロントガラスの傷について、プロにリペアをお願いする理由から、リペア料金の相場について解説していきます。

※フロントガラスのリペア(修理)について、glassD 府中店の吹浦さんにお話を伺いしたうえで解説しております。

フロントガラスのリペア(修理)は自分で行わずプロに見てもらう

フロントガラスのリペアをプロにおすすめする理由は、失敗するとかえって費用が高くなるからです。現在では補修液やレジン液を流す修理キットがありますが、不慣れな人が行うと失敗する可能性があります。

フロントガラスの傷に修理キットは使えるが推奨しない 理由とデメリットを解説

フロントガラスのリペアに失敗すると交換になる

ガラスの修理キットは数千円と、安い費用で傷をリペアできるのでコスパが良いですが、補修液やレジン液を上手に流すのは難しく、慣れない人がやるとかえって傷を広げるリスクがあります

フロントガラスの傷は浅いように見えても、実は深くなっていることがあります。傷が深い場合、一般の人が綺麗にするのは不可能に近いです。修理キットで失敗してかえって傷がひどくなると、最悪の場合はガラス交換になります。再度の修理はプロでも難しく、仕上がりが悪くなるからです。

自分で修理キットを使わず、最初からプロに修理をお願いすれば、1万円〜2万円ほどの修理費用で済みます。しかし、修理キットで失敗してガラス交換が必要になると、5万円〜10万円もの費用が必要です。

飛び石の小さい傷は応急処置をして様子見を

飛び石などでできた傷やヒビの大きさが10円玉よりも小さく、本当にわずかな傷の場合は応急処置をして様子を見ましょう。応急処置の方法は以下の通りです。

  • 保護テープもしくは保護フィルムを貼る
  • セロハンテープで補強する

傷やヒビを見つけたら、すぐに応急処置をしてください。応急処置をせずに放置すると、傷口にゴミや雨水が侵入してヒビが大きくなります。保護フィルムやテープがない場合は、市販のセロハンテープで代用してもかまいません。

飛び石でフロントガラスにできたヒビ・傷の応急処置はどうすればいい?

フロントガラスのリペア(修理)の料金と傷の種類

ディーラーや専門店にリペアをお願いすると、どれくらいの料金がかかるのか?ここでは、傷の種類を解説しつつ、費用相場について解説していきます。

フロントガラスの傷の種類

フロントガラスの傷の種類は、以下の通りです。

修理(補修)で済むケース

A:ブルアイ(牛の目)
B:ハーフムーン(半月)
C:スターブレイク(星型)

交換が必要なケース

D:クローバーリーフ(クローバーの葉)
E:ビーウィング(蜜蜂の羽)
F:コンビネーション(複合型)

傷の大きさにもよりますが、A~Cの場合は修理で対応できる可能性が高いです。大きさにかかわらず、D~Fの場合はガラス交換しなければいけません。

A・Bの傷を補修する場合は、比較的修理痕が残らずに済みますが、C以上の線ヒビが多い傷になると、修理痕が残りやすいです。
また、D~Fの傷は、箇所によって施工中にヒビが伸びる可能性が非常に高く、比較的修理痕も残りやすいため、ガラス交換をお勧めしています。

上記はタイプCの傷です。凹み部を中心に、線ヒビが多く入っているのがわかります。

フロントガラスのリペア料金

フロントガラスを修理する際の費用相場は、1万2千円〜2万5千円ほどです。

フロントガラスの傷消し料金は、傷の深さや長さによって変わってきます。傷は大きく分けて以下のような特徴があります。

  • 浅くて短いもの
  • 浅くて長い傷
  • 深くて短い傷
  • 深くて長い傷

「深くて長い傷」の修理料金が最も高く、2万5千円ほどの費用がかかります。

フロントガラスの車検基準

検査官の判断にもよりますが、フロントガラスに傷やヒビが入ってしまっていると、車検を通る可能性が低いです。

フロントガラスの車検基準は、以下の3点です。

  • ガラスが容易に貫通されない強度を維持していること
  • ヒビや傷があってもドライバーの視界が確保できる状態であること
  • 前面・側面ともに透明で、視界を妨げる歪みがないこと(サイドガラスも同様)

これらのポイントをクリアしていない限り、検査に通る可能性は低いです。そのため、応急処置後に問題がなかったとしても、車検前はディーラーや専門店で傷の具合を見てもらってください

フロントガラスの車検基準については、以下の記事で詳しく解説しています。

フロントガラスのヒビは車検基準をクリアする?チェックされるポイントも合わせて解説します!

glassDのリペア(修理)について

フロントガラスを含めたガラスの修理は、ぜひglassDにお任せください。glassDでは、徹底した技術教育の実施や最新の補修液を常に導入し、検証を行うことで高品質な施工をご提供いたします。

glassDの特徴

・最短30分の仕上げ
年間7.3万台の実績
施工後1年間の補償
トラックなどの大型車にも対応

glass Dでは、全国84社200拠点のネットワークを構築しています。もちろん無料で見積もりを出しているので、まずは気軽に相談してください。

フロントガラスのヒビを直す方法

ここからは当社が行っているフロントガラスのリペア方法を紹介します。

撥水除去をする

何もしないままいきなり液剤を注入してしまうと、ガラスに施されている撥水の影響で液剤が弾かれてしまうので、はじめに撥水除去をします。

注意点

ガラスに傷ができてから撥水加工を施してしまうと、傷の上や中に撥水の膜ができてしまいます。

そうすると撥水除去が困難になってしまうので、傷の上から撥水加工はしないようにしてください。

補修液を注入しやすいようにドリルで傷を整える

中間膜までドリルが届いてしまうとガラスに傷が残ってしまうので、中間膜まで到達しないよう注意しながら穴を開けていきます。

レジン液を少量ずつ注入していく

固定するために三つ又の足を設置します。

レジン液とインジェクタを使用します。

インジェクターで真空状態にして水分やゴミを吸い込んだ後、レジン液を圧を加えながらゆっくり入れていく。

レジン液は紫外線で固まるので、天気の良い屋外でこの作業を行うとすぐに固まってしまいます。
注入中にレジンが固まってしまうと、傷の奥まで液剤が浸透しませんので、必ず屋内で行います。

傷は細く、レジン液は粘り気があるため、真空状態→注入することを繰り返します。「水分やゴミの吸引」「真空状態にする」をほぼ同時に行っています。この工程の精度が高ければ高いほど美しい仕上がりになります。

仕上げ用レジン液(ピット)で仕上げる

仕上げ用のレジンを施しています。

紫外線をあててレジンをしっかり固めていきます。

専用のカッターで余分な部分を削っていく

注入したレジンの、余分な部分を丁寧に削っていきます。

削り終わりはこのような感じになります。

仕上げ

研磨剤が入った液剤をティッシュにつけて磨いていきます。綺麗に仕上がったらリペア(修理)完了です。傷の程度にもよりますが、ガラスリペアは最短30分仕上げが可能です。

フロントガラスのリペア(修理)についてのまとめ

  • フロントガラスのリペアは自分で行わずプロに相談を
  • 傷やヒビを見つけたら早めに応急処置を
  • リペア料金の相場は1万2千円~2万5千円ほど

一般の人が修理キットを使用して、傷を直すのは難易度が高いです。かえって傷が悪化するリスクがあるので、すぐに応急処置をしてプロに相談してください。

この記事の監修者

GlassD吹浦先生

DUKS  府中店 営業事務

吹浦 翔太

業務歴12年、現場での職務経験6年を経て今はお客様窓口の受注業務を担当しています。
現場で培った経験を活かしお客様に最善な修理をご案内しております。

ピックアップ記事

関連記事一覧