夏にフロントガラスやサイドガラスの外側が曇る原因|対処法や防止策を解説

トラブル

フロントガラスやサイドガラスが曇るのは、冬場だけではなく夏場も同様です。

ただし、冬場はフロントガラスやサイドガラスの「内側」が曇りやすいのに対して、夏場は「外側」が曇りやすくなります。

なぜ夏場は、フロントガラスやサイドガラスの外側が曇りやすくなるのでしょうか?

この記事では、夏場なのにフロントガラスやサイドガラスが曇る原因、曇った際の対処法について解説していきます。

夏にフロントガラスやサイドガラスの外側が曇る原因

フロントガラスやサイドガラスの外側が曇る原因は、気温差や湿度の差、汚れが挙げられます。

気温差と湿度の差による「結露」

基本的に、車内と外気の温度や湿度の差が大きいと、ガラスは曇りやすいです。

夏にフロントガラスやサイドガラスの外側が曇るのは、冷房をかけるため車内が冷えすぎて、車内と外気の温度や湿度の差が大きくなります。

気温差や湿度の差が大きくなると、「結露」が発生しやすいです。

冷たい飲み物をグラスに入れたとき、グラスの外側に水滴が付く現象が起きます。理屈としてはこれと同じことが、車のガラスにも起きているのです。

特に、雨の日にガラスが曇りやすくなるのは、外の湿度が高いことが大きく影響しています。

雨の日は外の湿度が高く、車内はエアコンで冷えている状態のため、車内と外気の温度差は常に大きい状態であると言えます。

逆に冬場は、車内は暖房で温度が高く外の空気は冷たいため、フロントガラスやサイドガラスの内側が曇りやすいです。

汚れ

ガラスに汚れが付着すると、その汚れが水分を付きやすくさせるため、フロントガラスの曇りの原因になります。

車のガラスが汚れる原因は、以下の通りです。

  • 油膜
  • 水垢
  • ゴミやホコリ
  • 鳥のフンや虫
  • 樹液
  • 花粉や黄砂

フロントガラスやサイドガラスは常に外気にさらされているため、定期的に掃除しないとすぐ汚れてしまいます。

フロントガラスの外側が曇った際の対処法

フロントガラスやサイドガラスが曇った際に、ワイパーを使ったり、A/Cボタンをオンにしたりすれば曇りは解消されます。

ワイパーを使う

フロントガラスの場合は、ワイパーを動かすことで曇りを除去できます。曇りの原因となる結露はただの水なので、ワイパーで拭き取るだけで大丈夫です。

必要であれば、ウォッシャー液をかけながら、ワイパーを動かしてもかまいません。

ただし、ワイパーの可動範囲の曇りしか拭き取れないので、視界は狭くなってしまいます。

A/Cボタンをオンにする

こちらもフロントガラスに限りますが、A/Cボタンをオンにすると曇りを取るのに効果的です。

A/Cボタンは、コンプレッサーを制御するためのスイッチで、主に冷房をするときに使います。

冷房と一緒にA/Cボタンをオンにすることで、コンプレッサーが作動して除湿機能が働き、曇りを取り除けます。

サイドガラスの外側が曇った際の対処法

サイドガラスの場合、フロントガラスと違ってワイパーの使用やA/Cボタンをオンにしたりしても効果はありません。

そのため曇りが気になる場合は、気温差をなくしたり、車を降りてガラスを拭いたりしましょう。

気温差をなくす

気温差をなくすには、窓を開けて走行をするのがおすすめです。窓を全開にしなくても、曇りが消えるくらいまで窓を開けてください。

ただし、夏はゲリラ豪雨が降りやすく、雨が強いと窓を開けられません。その場合は、エアコンをオン・オフに切り替えて、曇りを消していきましょう。

サイドガラスが曇ってきたらすぐにエアコンを消して、曇りがなくなったらまた点けるという工程を繰り返してください。

車を降りてガラスを拭く

駐車できる余裕があれば、車を降りてタオルでガラスの曇りを拭き取りましょう。

拭き取っても拭き取っても、エアコンを点けて運転をしていると、再びガラスは曇ってきます。

そのためダッシュボードの中に、タオルと一緒に曇り止め防止洗剤を入れておきましょう。

ガラスの外側に使うのであれば、撥水効果のあるリキッドタイプがおすすめです。

コーティングで車のガラスの汚れを防止

「夏にフロントガラスやサイドガラスの外側が曇る原因」でも解説しましたが、汚れもガラスが曇る原因です。

そのため、車のガラスにはコーティングを施工すれば汚れの蓄積を防いで、フロントガラスやサイドガラスが曇りにくくなります。

コーティングを施工すると水はけが良くなるため、水垢や油膜などの汚れが付きにくいです。

フロントガラスには「撥水コーティング」を、サイドガラスやリアガラスには「親水コーティング」を施工するのがおすすめです。

フロントガラスやリアガラスのコーティングについては、以下の記事でも詳しく解説しています!

夏にフロントガラスやサイドガラスの外側が曇る原因についてのまとめ

  • 夏に車のガラスが曇るのは、車内の温度や湿度が冷房で低くなり、車外の気温や湿度が高いため
  • フロントガラスが曇ったときは、ワイパーやウォッシャー液で曇りを拭き取る
  • サイドガラスが曇ったときは、窓を開けるかエアコンの冷房を止める

運転中にガラスが曇ってくると、視界が見えにくくなり危険です。

高速道路や国道などの交通量が多い道路を走行する場合、視界が悪くなって、判断に迷いが生じたり焦ってしまう可能性も充分にあります。

この記事の監修者

GlassD吹浦先生

DUKS  府中店 営業事務

吹浦 翔太

業務歴12年、現場での職務経験6年を経て今はお客様窓口の受注業務を担当しています。
現場で培った経験を活かしお客様に最善な修理をご案内しております。

インタビュー記事

ピックアップ記事

関連記事一覧