カーエアコンを効率よく効かせるには?エアコンの効き目を改善する方法を解説します

メンテナンス

夏場と冬場にカーエアコンは欠かせませんよね。特に夏場は車内気温が上昇しやすく、駐車する時間によっては、車内温度が60~70℃くらいになることも珍しくありません。

冬場の早朝に車を運転する場合なども、車内はハンドルを握ると手が痛くなるほどに温度が低くなっている日が多くなります。

今回は快適に運転するため、カーエアコンを少しでも効率よく効かせるための方法や、エアコンが効かなくなる原因について詳細に掘り下げていきます。

カーエアコンが効きにくくなる原因

暖房の場合

暖房の仕組みを考えたとき、暖房が効かない・効きにくくなる原因としては、

暖まった冷却水が流れてこない
暖まった風を送りだせない

という、この2点が考えられます。

暖房の場合はエンジンの熱を利用して、暖かい風を送りこんでいます。熱すぎるエンジンの熱を冷却水で冷やし、サーモスタットという部品で一定の温度に保つようになっています。そして、ヒーターコアという箇所に温まった冷却水を取り込み、ブロアモーターという部品で風を起こして車内に暖かい風を送り込みます。

暖房の効き目が悪いときは

  • 冷却水が著しく減少している
  • エンジンの温まりが充分でない
  • どこかの部品が壊れている

という可能性が高いです。

冷房の場合

冷房の効き目が悪い原因で、まず考えられるのが「エアコンガスの不足」です。

冷房はコンプレッサーとエバポレーターを使って冷気を作っています。

コンプレッサーでエアコンガスという冷媒を圧縮してコンデンサーに送り込み、エバポレーターで噴射して一気に気化します。このとき周囲の熱を奪うことで冷たい風を送りこんでいるのです。

冷房が効かないときは、まずこのエアコンガスが不足していることが考えられます。もしも、エアコンガスが不足していないのに冷房の効き目が悪いときは、コンプレッサーが故障しているのかもしれません。

このように冷房と暖房では、効き目が悪くなる要因が大きく違ってきます。

効率よく快適な温度にするために

暖房の場合

暖房が効きにくい場合は、

  • 冷却水を注入してみる
  • サーモスタットやヒーターコアなどの部品を交換する

ということを行う必要があります。

ディーラーや専門店に相談するのが確実なので、早めに依頼するようにしてください。

アイテムを使って快適な温度にする方法

車載用のファンヒーターを使用して、車内の温度を快適にするという方法もあります。

車載用ファンヒーターはシガーライターが電源になっており、ドライヤーの要領で温風を車内に広げることができます。

冷房の場合

コンプレッサーの横にサイトグラスがついていれば、エアコンガスの量を確認することができます。

エアコンガスの不足が確認できた場合、エアコンガスを自分で補充することも可能です。

コンプレッサーが稼働している状態でサイトグラスを目で確認し、液体がちゃんと流れている・気泡が出ているかを見てください。白く濁っていればガスの減少が考えられますし、透明な気泡が浮いているとガスが詰まっているかもしれません。

エアコンガスは車種によって、ガスの補充の量が違うので、ご自身の車に必要な量をしっかり把握して補充するようにしてください。

アイテムを使って快適な温度にする方法

最近は持ち運びできるハンディファン(小型扇風機)などもあるので、クリップタイプのものを後部座席と運転席の間に付けると空気の循環ができ、後部座席も涼しくなるのが早くなります。

プロに依頼してエアコンの効き目をよくする

車種によってはサイトグラスが付いていないことがあります。

その場合は、自分でエアコンガスの量を確認するのは難しいくなってしまいます。また、コンプレッサーの故障で冷房の効き目が悪くなっていることも考えられるので、暖房の部品の故障と同様、専門店やディーラーに相談してください。

また、エバポレーターの汚れもエアコンの効き目が悪くなる原因として考えられます。その場合も、専門店やディーラーでクリーニングしてもらう必要があります。金額によって効果もピンキリなので、クリーニングをする前に予算を確認してから、プロに依頼しましょう。

まとめ

今回は、カーエアコンの効き目が悪くなる原因と、対処方法について解説していきました。

夏場は屋内でも屋外でも熱中症になることがあります。もちろん、車内もカーエアコンの効きによっては熱中症になるリスクも高まるので、効き目が悪いなと感じたらすぐに改善しましょう。

命にかかわる問題なので、カーエアコンはしっかりメンテナンスしておくようにしてくださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧