フロントガラスにダッシュボードが映り込む原因と対策方法

修理・交換

運転時、フロントガラスにダッシュボードが反射してしまい、視界不良になってしまったことがある人も多いのではないでしょうか。

特に晴天時などによく起こるダッシュボードの映り込みは、運転のしづらさに大きく影響してきます。

そこで今回は、フロントガラスにダッシュボードが映り込んでしまうのを防ぐ方法についてご紹介していきます!

フロントガラスにダッシュボードが映り込んでしまう原因

フロントガラスにダッシュボードが映り込んでしまうのは、光の反射が原因です。

太陽光や対向車のライト、街灯などの強い光がフロントガラスから入り、光がダッシュボードに反射してフロントガラスに映り込んでしまいます。

この光の反射が強ければ強いほど、ダッシュボードの映り込みが著しくなっていくのです。

フロントガラスにダッシュボードが映り込むのを防ぐ方法

マット加工が施されているダッシュボード(暗い色)を選ぶ

車を購入する際に、できるだけ光の反射しにくいマット加工の施されたダッシュボードが搭載された車を選ぶことをおすすめします。

加えて、ダッシュボードに黒やダークグレーなど、暗めのカラーが採用されている車種をチョイスするのも有効です。

ダッシュボードマットを使用する

すでに車を購入している場合すぐにできる対策方法としては、

陽射・熱の吸収がよく、乱反射をおこさない素材のダッシュボードマットを購入する

ということが挙げられます。

ダッシュボードマットは、カー用品専門店や通販でも購入することができます。

車のサイズによってたくさんの商品が取り揃えられていますが、質感やサイズを見るためにも実際に手にとって購入するようにしましょう。

おわりに

ダッシュボードがフロントガラスに映り込むのを防ぐためには、

  • ダッシュボードにマット加工が施されており、かつ暗い色が採用されている車を購入する
  • 陽射、熱吸収の良いダッシュボードマットを購入する

などの対策を講じる必要があります。

ダッシュボードマットは太陽光による劣化も防いでくれます。

快適で安全な運転をし続けるためにも、車選びや商品選びの段階で熟考・検討を十分に重ねていきましょう!

ピックアップ記事

関連記事一覧