応急救護処置とは?万が一に備えて知っておきたいこと

トラブル

「自分の身には起こらない」と思っていても、交通事故の現場に遭遇することは、そう珍しいことではありません。

内閣府の発表によると、交通事故は毎年40万件前後発生しています。 交通事故は負傷者が出る可能性が高く、ドライバーや歩行者が命の危機に瀕するケースも少なくありません。

応急救護処置の適切な方法を把握していれば、負傷者を救命できる可能性が高まります。

今回の記事では、ドライバーなら絶対に知っておきたい「万が一」の応急救護処置について解説していきます!

応急救護処置とは

交通事故の現場における、負傷者を救命する処置としては、以下の2つが存在します。

  • 一次救命処置(BLS)…BLSは「Basic Life Support」の略で、心臓マッサージ、人工呼吸、AEDおよび気道異物除去を行います。
  • ファーストエイド止血、骨折の手当などを行います。

迅速な応急救護処置の必要性

通報から救急車が現場に到着するまでに、平均で約8分かかります。負傷者の命が助かる可能性は、負傷から時間が経過すればするほど低下していきます。

消防庁の発表によれば、心肺停止状態では「3分以内の処置」、呼吸停止状態では「10分以内の処置」を行うことで、救命率を50%まで上げることができます。

つまり救急車が到着するまでのあいだ、現場の救護処置が救命に重要な役割を担うのです。

応急救護処置を実施する場所の安全確保について

二次災害の危険がある場合を除き、原則として負傷者を移動するのは危険です。発炎筒を焚くか、停止表示板を用いて安全の確保を行いましょう。

路肩や道路外の広場など、車の通行が少ない場所での処置がベストです。

【二次災害の危険性が高い場所】

  • 交差点
  • カーブ
  • 坂道
  • 交通量の多い大通り など

いつ・どこで習う?

応急救護処置については、教習所のカリキュラムに組み込まれており、卒業試験前に効果測定が行われますが、ずっと覚えている人は多くないでしょう。

特別な資格を持っていない人でもAEDを使用できるようになったのは、2004年の7月からです。それ以前に免許を取得した人は、AEDに触れたことのない人がほとんどなのではないでしょうか。

心肺蘇生からAEDの使用方法、止血方法まで解説するので、事故現場に遭遇した際の備えとして、ぜひ参考にしてください。

心肺蘇生について

交通事故で負傷者が出た場合は、119番で救急車を呼びAEDが周囲にないか探しましょう。

AEDは、病院やコンビニ、スーパー、ドラッグストアなどの商業施設にも備えてあります。周りに人がいる場合は、協力しながら行ってください。

AEDが到着するまでのあいだ、心肺蘇生を行う必要があります。

負傷者の反応をみる

まずは、負傷者の意識を確認する必要があります。肩を軽くたたきながら耳元で声をかけ、負傷者の意識を確認してください。

呼吸の観察をして心臓マッサージを行う

胸部と腹部の動きを見て、「呼吸がない」あるいは「普段どおりの呼吸かどうかの判断がつかない」場合は、胸骨圧迫(心臓マッサージ)を開始します。

  • 胸の真ん中に手を当てて胸骨圧迫を30回する
  • 人口呼吸を2回行う(親指と人差し指で負傷者の鼻をつまみ、大きく空気を吸い込んだ後でゆっくり息を吹き込む)

AEDが到着するまでは、この作業を絶え間なく繰り返してください。

AEDの使用方法

基本的には機械が音声で操作手順を案内しますが、ここでも一度確認しておきましょう。

  • 負傷者の頭近くにAEDを置いて電源を入れる
  • 電極パッドを指定の位置(右胸と左わき腹)に貼りケーブルを繋ぐ
  • 指示が出たら負傷者から離れて放電ボタンを押し電気ショックを与える

ちなみに、AEDは自動で電気ショックが必要かどうかを判断して、必要ない場合は「ショックは不要です」という音声が流れます。

その際は、直ちに胸骨圧迫から心肺蘇生を再開してください。

止血方法

負傷者から出血がある場合「直接圧迫止血」もしくは「間接圧迫止血」で止血する必要があります。ただし、「間接圧迫止血」は知識がないと難しい方法なので「直接圧迫止血」をオススメします。

やり方は、ハンカチやタオルを傷口に直接当てて出血を抑えます患部を高い位置に持ち上げて止血すると、より効果的です。

止血を行う際は、感染症を防ぐために血液に直接触れてしまわないよう、ビニール袋などを手に被せて止血にあたりましょう。

最後に

今回は、応急救護処置について解説しました。

応急救護処置は、救急車が到着するまでの命綱です。この処置があるかないかで、人命救護を大きく左右します。また、処置次第で救命率も変わるので、積極的に人命救護にあたってください。

ただし、慌てずゆっくり行うことを心掛けることが救命に繋がります。

周囲に人がいる場合は協力を呼びかけ、専門家や詳しい人がいた場合は、指示に従って適切に動いてください。

ピックアップ記事

関連記事一覧