夏は特に注意!車のオーバーヒートの原因と対処法を解説

トラブル

夏はキャンプや海水浴などの行楽シーズンであり、車で遠出をする機会が多くなります。また、お盆は家族と一緒に、実家まで長距離運転をする人もいるでしょう。

気温が高い夏の長時間運転は、「オーバーヒート」に注意が必要です。

夏は冷却水の温度も上がりやすく、高速道路で長時間の渋滞に巻き込まれると、エンジンに負担が掛かり、オーバーヒートを起こす可能性があります。

車の「オーバーヒート」とは

オーバーヒートとは、エンジンが熱くなりすぎた状態のことを言います。エンジンの内部では車を動かすために、ガソリンと空気の混合気を爆発したり燃焼したりしているのです。

そのため、エンジンはとても高温になりますが、同時に冷却作業も行われています。この冷却作業が正常に行われていないとオーバーヒートが起こり、最悪の場合はエンジンが故障します。

車がオーバーヒートを起こしたときの症状

車がオーバーヒートを起こしそうであったり、もしくは実際に起きてしまったときは、どのような症状が現れるのでしょうか。症状に心当たりのある人は、車がオーバーヒートを起こすか、起こしている可能性が高いです。

後ほど解説しますが、オーバーヒートになると修理代が高くなることがあります。自分の車と照らし合わせて、問題がないか確認してみてくださいね。

走行中に違和感を覚える

・スピードの乗りが悪い

・エンジンが掛からなくなったり止まったりする

・エンジンの回転数が安定しない

・アイドリングができない

走行中にこのような現象を感じたら、オーバーヒートの可能性を疑ってください。

水温計の異常

冷却水の温度を測るために設置されている水温計が、「C」よりも「H」の文字の方により近い場合、水温が高くてなってしまっている可能性があります。

水温計が設置されていない車体の場合は、水温警告灯が点灯or点滅しているかどうか確認しましょう。

異音がする

エンジンから「キンキン」や「カンカン」といった音が聞こえてくる場合、エンジンがオーバーヒートを起こしている可能性が高いです。

オイル焼けによる異臭がする

オイル焼けの匂いがしている場合は、事態はかなり深刻で、すぐに対処が必要になります。

異臭を少しでも感じたら、迅速な対応をしましょう。

エンジンから煙が出る

ボンネットの間から、煙のような状況が立ちあがっていないか確認しましょう。

この煙の正体は水蒸気で、冷却水が熱により気化してしまっているのです。

車がオーバーヒートを起こす原因

冷却水の不足、漏れ、劣化

冷却水が十分に足りていないと、エンジンの温度が上がりやすくなってしまいます。

「冷却水が足りているか?経年劣化していないか?」気温の高い夏は冷却水が蒸発しやすいので、定期的にチェックすることが大切です。

また、ラジエーターやホースから冷却水が漏れていないかもチェックしてください。

ウォーターポンプの不調

ウォーターポンプとは、エンジンに水を行き渡らせる機能を果たします。

このウォーターポンプが不調だと、冷却水の循環がうまく行なわれず、エンジンの温度が上昇してしまいます。

エンジンオイルの不足、漏れ、劣化

冷却水と同様に、エンジンオイルにもエンジンを冷却する働きがあります。オイルの不足、漏れ、劣化があると冷却する働きが落ちるのです。また、金属部分が滑らかに動かなくなるので、摩擦熱によるオーバーヒートを引き起こします。

電動ファンが動かない

電動ファンはラジエーターの温度を下げるために、走行風を発生させる機能をもちます。

この走行風が発生しないと、熱の上昇度が高くなります。

サーモスタットの故障

エンジンの温度を安定させるために使用されるサーモスタットが故障してしまうと、オーバーヒートが起きやすくなってしまいます。サーモスタットが故障してしまう原因には、経年劣化が第一に挙げられます。

走行中にオーバーヒートしたときの対処法

大前提として走行中にオーバーヒートが起こっても、自分で解決しようとするのはやめましょう。

オーバーヒートが起きると冷却水やエンジンが熱くなっているため、火傷のリスクがあります。

必ずプロに任せて、ロードサービス等が到着するまでは、以下の行動を心がけてください。

安全な場所に車を停める

「車がオーバーヒートしてしまったかも」と感じたら、車をストップさせて、エンジンを止めます。

もし、走行を続けてしまうと、エンジンへの負荷がより高くなってしまいます。

車の異常を感じたら走行はやめて、路肩や駐車場など安全な場所に車を停めましょう。

風通しを良くして時間を置く

エンジンを掛けたままボンネットを開け、エンジンルームの風通しを良くしましょう。

エンジンをすぐに止めると、冷却水やエンジンオイルの循環が止まってしまい、エンジンが焼き付く可能性があります。ただし、冷却水などが漏れていたり、冷却ファンが回っていなかったりする場合は、すぐにエンジンを切ってください。

また、オーバーヒート時は、エンジンやラジエーターなどが熱くなっています。むやみに触ることはせず、温度が下がるまでしばらく放置してください。

専門家にサポートを頼む

ロードサービスや整備工場に連絡し、専門の人に車を点検してもらい、異常がないか確認してもらいましょう。

冷却水は100℃まで温度が上がっているので、自分で冷却水の漏れをチェックするのは危険です。冷却水のラジエーターキャップやリザーバータンクを外して、冷却水が噴射すると大火傷をする危険があります。

また、ボンネットから蒸気が出ている場合は、蒸気が高温になっているため火傷のリスクが高いです。プロが現場に到着するまで待ちましょう。

少しでも車がおかしいなと感じたら、サポートを要請して迅速に対応してくださいね。

オーバーヒートをすると修理に手間がかかる?

オーバーヒートを起こすと、以下の部品の修理や交換が必要になります。

  • 冷却水やエンジンオイルの交換、補充
  • ラジエーターホースの漏れ止め、交換
  • ラジエーター、ラジエーターファンの修理、交換
  • サーモスタット(温度調整器)の修理、交換
  • ウォーターポンプの修理、交換
  • エンジンの修理、載せ替え

軽度のオーバーヒートであれば、冷却水やエンジンオイルの交換で済む可能性があります。しかし、症状が重いと最悪の場合、エンジンの修理や載せ替えが必要になり、多額の費用が掛かります。

オーバーヒートを起こさないために

オーバーヒートを起こさないためには、部品の定期的な交換が必要です。

  • 冷却水、エンジンオイルは定期的に交換する(冷却水は2年、エンジンオイルは半年に1回が目安)
  • 冷却水が足りていない場合は補充をする
  • ウォーターポンプから冷却水が漏れていないかチェックする
  • 10年もしくは10万km走行したらサーモスタットを交換する
  • 長距離運転をする際はこまめに休憩をとるようにする

特に夏場の長距離運転では、こまめに休憩をとるように心がけましょう。渋滞に巻き込まれたあとは、サービスエリアや飲食店などで、30分以上は休憩してください。

最後に

冷却水やエンジンオイルを定期的に交換しないと、オーバーヒートの危険性は高くなります。気温が高く、遠出をする機会の多い夏場は注意が必要です。

夏を迎える前に、冷却水やエンジンオイルの補充・漏れがないかをチェックしましょう。

もちろん、夏以外の季節もオーバーヒートが起こる可能性があるので、冷却水やエンジンオイルの交換は定期的に行ってくださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧