フロントガラスにある黒い枠とドットは一体何?その正体を解説します!

アイテム・ツール

フロントガラスに黒い斑点のようなドット柄がついているのを見ては、なんのためのものなのだろう?と不思議に思ったことがある人は多いのではないでしょうか。

今回は、そんな車のフロントガラスについている黒いドットの正体について紹介していきます。

フロントガラスに施されている黒いドットの正体は「黒セラ」

フロントガラスに施されている黒い部分は**黒セラミック(通称:黒セラ)**と呼ばれる物です。このドットには意味や役割があります。

これはガラスに貼り付けられている訳ではなく、ガラスの製造工程の中で焼き付けるようにプリントされているため、剥がすことはできません。

黒いドット(黒セラ)は何のために施されているか 

日差し対策

黒セラは「 センターバイザー」 と呼ばれることもあります。

車の黒いドットになっている部分を見てみると、ルームミラーのついているあたりに黒いドットがついています。黒セラはルームミラーの隙間から、太陽光が射さないようにサンバイザーのように守ってくれているのです。

日差しの対策を目的とした部分は、ドットになっていることが多いです。

接着剤の保護

車のボディにフロントガラスを組み付けるとき、フロントガラスの内側を専用の接着剤を使って接着します。

黒セラは、この接着剤を紫外線などから保護する役割を果たしています。実はこの黒セラがプリントされていないと接着剤の劣化が進みやすくなってしまうのです。

デザイン性

接着剤の保護を目的とした黒セラの見栄えを良くするため、ドットの大きさを徐々に変えていくなどの工夫が施されていることがあります。

センターバイザーが施されていない車種の場合、ドットシールを購入して貼り付けることもできる

ルームミラーの周囲にドットで日差しを遮るセンターバイザー加工が施されていない車の場合は、市販されている自分でつけることのできるドットシールなどを利用することもできます。シール以外にも、フィルムに接着剤を付けてガラスに貼り付けるものなどもあるので、好みに合わせて使い分けてみるのもいいでしょう。

まとめ

今回はフロントガラスをぐるっと囲んでいる黒い部分(黒セラミック)について解説してきました。

黒セラはセラミックプリントですが、全ての車にプリントが施されている訳ではありません。

よくよく見てみるとドライバーのことを考えて施されているものがたくさんあります。車を購入するとき、黒セラがあるかどうかも一緒に確認しておくと良いですね。

ピックアップ記事

関連記事一覧