車のサンシェードは本当に効果がある?役割と効果を解説

雑学

猛暑厳しい夏場、フロントガラスにサンシェードを活用している車を良く見かけますよね。

サンシェードを使うことによってどういった効果が得られるのか、よく分からない方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、サンシェードを使用したときの効果や使用方法、選ぶときのポイントなどを紹介していきます!

サンシェードとは

サンシェードとは、車用の日よけのことを指します。

もっとも多いのは、フロントガラスに取り付けるタイプのサンシェードですが、ドアガラスやリアガラスに付けられるタイプの物もあります。

高級車になると、ガラスの内側にボタン一つで制御可能なサンシェードが付いてくることもありますが、サンシェードは基本的に自分で購入することができます。

金額やデザイン、機能性など様々なサンシェードが販売されているので、ぜひカスタマイズしてみてください。

サンシェードの役割・効果

車内の急激な温度上昇を防ぐ

サンシェードは、太陽光や太陽光によって車内が熱せられることを防ぎます。そのことによって、冷房の効率をあげることができます。

サンシェードは長時間車を停車させておくときにも役立ちますが、ちょっとした用事で車を停車させておくときこそ効果を発揮します。夏場の気温が高く日差しも強いときは、ほんの数分ほど冷房を止めただけでも車内の温度は急速に上がってしまいます。

条件下にもよりますが、猛暑日の車内温度は約1時間で50度を超えることがあり、ダッシュボードは70度以上の高温になることがあります。

サンシェードを利用することによって、温度保持の効率がよくなり、よりエコに車を使うすることができるようになるのです。

紫外線対策

車内のダッシュボードは樹脂でできていることが多く、熱や紫外線に弱い特徴を持っています

サンシェードを使うことによって、それらを軽減することができ、ダッシュボードなどの樹脂製品の寿命が伸ばすことができるのです。

プライバシーの保護

サンシェードは、フロントガラスから車内を覗かれることを防ぐ役割も果たします。

サンシェードの効果的な使い方

サンシェードは、以下のような場面で使うのが効果的です。

  • 長時間の駐車をするとき
  • キャンプやバーベキューなどのアウトドアでの駐車
  • ちょっとした用事などで数分車を停車させるとき
  • 車を運転する頻度が少ない場合

スーパーやホームセンターなどで買い物するときは、屋根のない場所に駐車することも多くなります。また、アウトドアでも屋根のない場所での駐車が多いので、サンシェードを備えておくとベストです。

また、車を頻繁に運転する頻度がない場合もサンシェードを使用するようにしましょう。自宅の駐車場に屋根があったとしても、太陽光や紫外線によるダメージを受けてしまう可能性は十二分にあります。

注意点

フロントガラスと前方のサイドガラスに装着したままの走行はできません。

道路交通法違反に当たり、検挙対象となって1点の違反点数と6000円の反則金(普通車)が科せられるので注意してください。

ただし、駐車中の取り付けであれば、フロントガラス及び前方のサイドガラスは検挙対象にあたりません。

サンシェードの選び方

サンシェードはデザインや機能性、素材によって値段や特性が違ってきます。特に近年は夏の猛暑が酷いため、より多くの種類のサンシェードが販売されています。素材はアルミなどの反射する素材を使用しているもの、メッシュになっているものがあります。

素材から選ぶ

1.アルミなどの反射する素材

アルミなどを使用しているものは、太陽光を反射してくれるため、車内に直接太陽光が入らないようにする効果があります。ガラスを覆い隠すようにして使うものが多く、取り外しも簡単なものが多いです。また、デザイン性に優れたものも多く、イラストや柄が特徴的なものもあります。

2.メッシュ素材

メッシュ素材のものは太陽光を吸収し、車内に日陰を作ります。ガラスを覆いつくすよりは、小さめなものが多く、吸盤で固定するのが一般的です。また、メッシュ加工されているのでデザイン性のあるものが少なく、基本的に黒色のものが多いです。

タイプ別で選ぶ

1.中付けタイプ

短時間取り付けるだけなら、中付けタイプのサンシェードがおすすめです。

普段の買い物で車を使う人や、アウトドアなどのお出かけのときは、中付けタイプのものを用意しておくと便利です。

2.外付けタイプ

一ヶ月に一回など、普段から車に乗る習慣が少ない人は、外付けタイプのサンシェードがおすすめです。中から取り付けるタイプよりも車内の温度上昇を抑えられ、フロントガラスを隙間なく覆うことができるので、より車内が見えにくくなります。

サンシェードの価格

サンシェードの値段は、100円~1万円までとピンキリです。

5千~1万円のものになってくると、フロント、サイド、リアの全てのサンシェードがセットになっていたりします。

最近では100円ショップなどでも販売されているので、お試しで購入してからきちんとしたものを購入するのも良いかもしれませんね。

サンシェードを購入する前には必ず、車のガラスの大きさを把握しておきましょう。

サンシェードは冬に使うのも効果的

サンシェードは夏の厳しい気温や日差しから車を守っているので夏に使用するものだと思っている方も少なくありません。

サンシェードは、太陽光や太陽光による熱、紫外線などから車を守るのが主な役割です。冬になったからといって太陽光がなくなるわけでも、紫外線がなくなるわけでもありませんよね。

冬場でも直射日光が当たる場所に駐車していたら、ダッシュボードや車内の温度は上がっていきます。

そうなると、ダッシュボードなどに紫外線や熱からのダメージが蓄積されていき、ダッシュボードの表面が剥げたり、ボロボロになっていきます。さらに、車内に革を使用している部分があれば、紫外線によってひび割れてボロボロになってしまうことも考えられます。

愛車だからこそ大事にしたいですし、ボロボロになった車は売るときの価値が下がってしまいます。太陽光から車を守るためにも、冬場でもサンシェードは利用した方が賢明だと言えるでしょう。

最後に

太陽光は、車内のいたるところにダメージを蓄積させて車を早く老朽化させていきます。

サンシェードは夏の熱中症対策にも繋がるので、家族で出かけることが多い場合は後部座席用のサンシェードも用意しておくと安心してドライブが楽しめます。

夏冬問わずサンシェードを積極的に利用し、愛車と長く付き合っていけるようにしていきましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧