• HOME
  • Glass Style
  • 雑学
  • イオンデポジットとウォータースポットって何がどう違う?対処方法とあわせて解説

イオンデポジットとウォータースポットって何がどう違う?対処方法とあわせて解説

雑学

車のガラスやボディにまだら模様が発生した場合、たいていの人が水垢だと思うでしょう。しかし、それは「イオンデポジット」や「ウォータースポット」である可能性が高いです。はた目には同じまだら模様でも内容は違ってきます。

今回は、その内容の違いや発生原因、対処方法について解説していきます。


イオンデポジットとウォータースポットの違い

イオンデポジットとウォータースポットは、ぱっと見似た汚れに見えますが内容は違ってきます。

【イオンデポジット】
水分に含まれるミネラルやゴミなどの不純物が付着し、白いリング状となって残ったものを言います。主に車のボディに発生しやすいですが、ウインドウガラスにも発生します。

【ウォータースポット】
ウォータースポットは、イオンデポジットがさらに悪化した状態です。イオンデポジットは白いリング状ですが、ウォータースポットはさらに細かい斑点状となって残ります。

ちなみに、水分によってできる汚れには水垢もあります。
水垢は、排気ガスのススやワックスなどの油分、洗車時の洗剤の残りなどが雨によって流れ、黒いスジ状になって残ったものです。

黒い汚れができたら水垢白い汚れの場合はイオンデポジットかウォータースポットと判断してくだ際。

イオンデポジットとは?発生する原因と対処方法

イオンデポジットは、洗車する際に使用した水や雨などの水分が蒸発し、乾燥していくなかで不純物がガラスやボディに残ることにより発生します。白いリング状のシミになったまだら模様なら、まずイオンデポジットと思って間違いありません。車についた水滴が、炎天下の日光やエンジンの熱で急激に温度上昇すると、発生しやすくなります。

付着時の対処方法

イオンデポジットは、ボディやガラスにこびりつく前なら通常の洗車で汚れを落とすことが可能です。しつこい汚れでしたら、イオンデポジット専用のクリーナーで落とすことができます。

ちなみに、長期間放置してしまうと塗装面に浸食してしまいます。そうなってしまうと洗車で落とすのは難しいので、その際は専門店やディーラーに相談してください。

ウォータースポットとは?発生する原因と対処方法

ウォータースポットは、イオンデポジットをさらに悪化させたものです。洗車後の水や雨粒などの水滴がボディに付着し、虫メガネの働きをして日光の熱を集めてしまいます。これにより、車のボディは塗装面が焼けてしまい、デコボコが発生します。ちなみに、フロントガラスの場合はボディと違い塗料が塗ってあるわけではないため、付着してもガラス表面を陥没させるようなことはありません。

付着時の対処方法

ウォータースポットは塗装面に傷がついた状態で、軽度のものであればコンパウンド入りのワックスなどで対処が可能です。こちらも長期間放置して、深刻化した場合は自身で対処するのは難しいので、その際は専門店やディーラーに相談するのが良いでしょう。

また、イオンデポジットやウォータースポットのその他の対処方法(軽度なもの)については、以下の記事に詳細が載っているので、参考にしてみてください。

洗車する際の注意点

注意点としては

炎天下を避け、直射日光に当たらない場所・時間帯を選んで掃除すること

です。

イオンデポジットもウォータースポットも、水分高温で発生する可能性が高いので、炎天下・直射日光に当たる場所や時間を避けて洗車してください。

そして、洗車後は必ず乾拭き用のタオルで水滴を拭き取りましょう。この工程をきちんと行うことで、イオンデポジットとウォータースポットはある程度予防できます。

スプレーして拭くだけでコーティングができる商品もある

最近は、スプレーして拭くだけでコーティングできる商品も数多くあります。

忙しくてなかなか時間が取れなくても簡単にコーティングすることができるので、ぜひ活用していきたいアイテムです。

オンラインショップやカー専用商品を取り扱っている店舗にも様々な商品が揃っているので、チェックしてみてください。

まとめ

今回は、イオンデポジットとウォータースポットについて解説していきました。コツとしてはマメに洗車することで、イオンデポジットとウォータースポットは発生しにくくなります。

もし、洗車を怠ってイオンデポジットやウォータースポットができてしまったときは、必ずすぐ洗車をしてください。軽度なものであれば自分で充分に対処ができます。

車は生活に欠かせないものなので、愛情を持ってキレイな状態を保ってくださいね。

この記事の監修者

GlassD吹浦先生

DUKS  府中店 営業事務

吹浦 翔太

業務歴12年、現場での職務経験6年を経て今はお客様窓口の受注業務を担当しています。
現場で培った経験を活かしお客様に最善な修理をご案内しております。

ピックアップ記事

関連記事一覧