車の6ヶ月点検|法定12ヶ月・24ヶ月点検とは何が違う?

メンテナンス

普通車も軽自動車も、法律で義務付けられている「法定12ヶ月点検」「法定24ヶ月点検」が存在します。

それとは別に6ヶ月点検もありますが、これは各自動車メーカーが推奨している、定期的な点検です。

6ヶ月点検については、新車を購入したディーラーからハガキが送られてきて、気付く場合がほとんどでしょう。

「ディーラーからハガキが届いたけど、必ず点検を受けなければいけないのか?」

そう悩む人のために、この記事では6ヶ月点検の内容について、詳しく解説します。

6ヶ月点検とは

法定12ヶ月・24ヶ月点検と名前は似ていますが、6ヶ月点検は法定点検とは異なります。法定点検ではないため、6ヶ月点検は法的義務も発生しません。

法定点検との違い

法定12ヶ月・24ヶ月点検などの法定点検と、6ヶ月点検の違いは以下の通りです。

  • 法定点検:法律で義務付けられている車の点検
  • 6ヶ月点検:各自動車メーカーが推奨する車の点検

上記から分かると思いますが、6ヶ月点検は法的な義務もなく「各自動車メーカーのアフターケア的なサービス」という認識でかまいません。

自動車メーカーには、以下のサービスが6ヶ月点検に該当します。

  • トヨタ:プロケア10
  • ホンダ:安心快適点検
  • 日産:安心6ヶ月点検

レンタカーの場合は「法定6ヶ月点検」がありますが、自家用車の6ヶ月点検とは別ものです。

6か月点検に法的義務はない

「法定24ヶ月点検」「法定12ヶ月点検」は、法律で点検を義務付けられています。

しかし、6ヶ月点検は各自動車メーカーが推奨している点検のため、法的な義務はありません。

そのため、ディーラーからハガキが送られてきても、点検が面倒に感じれば受けなくても大丈夫です。

しかし、点検をすることで、故障を未然に防ぐことができます。通勤やドライブなどで頻繁に運転をする人は、6ケ月点検を受けてみると良いでしょう。

6ヶ月点検を行うメリット

6ヶ月点検のメリットとしては、主に以下の3つになります。

  • 格安で車の点検を受けることができる
  • 点検にかかる時間が30分〜1時間程度と短い
  • 車が故障するリスクを下げることができる

6ヶ月点検の費用は格安で、ディーラーで新車を購入して半年後の場合は、無料で点検を受けることが可能です。

点検時間も短く、店舗に待合スペースがある場合は、スマホで読書やゲームをしながら時間を潰すことができます。

また、パソコンを持ち込んで、仕事や勉強などの簡単な作業をするのも良いでしょう。

6ヶ月点検の内容と費用

6ヶ月点検の費用は、車の排気量にもよりますが、4,000円〜8,000円で受けることができます。

前述でも記載していますが、ディーラーで新車を購入してから半年の場合は、点検費用が無料です。

点検内容については「トヨタ・プロケア10」を例に挙げると、以下の通りになります。

【トヨタ プロケア10/基本料金:3,981円】

  • ブレーキ:ブレーキペダルの踏みしろ、パーキングブレーキの引きしろ・踏みしろ
  • オイル・液類:エンジンオイル、ブレーキフルード、ウィンドウォッシャー、エンジン冷却水の量
  • 室内:シートベルト損傷・ねじれ、ウォーニングランプの球切れ
  • バッテリー:バッテリー液量、比重
  • ワイパー:ワイパーの拭き取り状態、ウィンドウォッシャーの噴射状態
  • ベルト類:ファンベルト、パワーステアリングベルトの張り具合
  • ライト:灯火装置(ヘッドランプ)、方向指示の点灯・点滅・汚れ・損傷
  • タイヤ:溝の深さ、異常摩耗、亀裂、損傷、空気圧調整
  • エンジン:かかり具合、異音の有無
  • 下回り:損傷、オイル漏れ

内容は、各自動車メーカーによって異なるので、注意してください。

「トヨタ・プロケア10」を含めた、各自動車メーカーの6ヶ月点検の内容については、以下の公式サイトから確認できます。

トヨタhttps://www.yokohama-toyopet.co.jp/service/procare10

ホンダhttps://www.honda.co.jp/ciao/

日産https://www.nissan.co.jp/SERVICE/TENKEN/ANSHN6/

6ヶ月点検の注意点

ディーラーでの無料点検は、新車を購入してから最初の半年です。定期的に6ヶ月ごとに、無料で点検してくれるわけではないので注意しましょう。

そして、ディーラーで無料点検してもらっても、オイル交換が必要な場合は、費用が発生することを覚えておいてください。

6ヶ月点検を受けた方が良い人

6ヶ月点検を受けた方が良い人は、主に以下の通りです。

  • ディーラーで新車を購入して半年が経過した人
  • 頻繁に運転をするけど車の知識に疎い人
  • 走行距離10万km以上・走行年数10年以上の人

ディーラーで新車を購入して半年が経過した人

前述でもある通り、ディーラーで新車を購入して半年を経過した人は、無料で点検を受けることができます。

料金が発生するとしたら、エンジンオイルの交換程度なので、時間に余裕がある人は受けてみると良いでしょう。

頻繁に運転をするけど車の知識に疎い人

車は運転すればするほど、パーツは劣化しやすくなります。

そのため、頻繁に運転をするけど、自分で車のメンテナンスをできないような人は、6ヶ月点検を受けると良いでしょう。

走行距離10万km以上・走行年数10年以上の人

走行距離10万km、走行年数10年以上になると、車の買い替え時期です。その状態でも車を運転したい人は、6ヶ月点検を受けて故障を未然に防ぎましょう。

ただし、頻繁にパーツ交換をするようでしたら、車の買い替えを検討してください。

いきなり故障するリスクが高くなりますし、パーツにかかる料金を車の購入費用にあてた方が、コスパ的にも良いです。

最後に

6ヶ月点検に法的義務はないので、点検しようかどうか悩む必要はありません。ディーラーで新車を購入して半年後だったとしても、頻繁に車を運転する場合以外は、特に受けなくても大丈夫でしょう。

6ヶ月点検も大事ですが、それよりも自分で1ヶ月に1回の日常点検を行うことも大事です。

日常点検をルーティン化することで、車の異変に気付くことができます。 車の日常点検については、以下の記事でも詳しく解説しています。合わせて参考にしてくださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧