車線変更禁止を表す線とは?違反した場合の罰則についても解説

雑学

久しぶりに車を運転する場合、どの線が追い越し・車線変更できる車線なのか迷う人もいるでしょう。

基本的に「センターライン(中央線)では、実線は車線変更禁止」と覚えていただければ大丈夫です。

ただし、片側2車線以上の広い道路になると、線の意味が変わる場合があります(車線境界線)。今回は各車線の色や破線・実線の意味、車線変更禁止を違反した場合の罰則について解説します。

車線変更禁止なのは実線!

道路に引かれているセンターライン(中央線)には、以下の3種類が存在します。

  • 白色の破線(点線)
  • 白色の実線
  • 黄色の実線

センターラインの場合、「実線は基本的には車線変更・追い越し禁止」と覚えておきましょう。

ただし、実線によっては車線から出ることを許されるケースもあります。ここでは各車線の意味や、どんな道路に引かれているのかについて解説します。

白色の破線(点線)

白色の破線は、車線を超えて追い越し・車線変更が可能です。白色の破線は以下の道路で多く見かけます。

  • 2車線以上ある道路
  • 交通量の多くない道幅が狭い道路

車線を超えて前方車両を追い越すことはできますが、その際は後方車両や対向車両に注意しながら行いましょう。

白色の実線

白い実線の場合は、その車線を超えての追い越し・車線変更は禁止です。ただし、車線を超えなければ前方車両を追い越すことはできます。

そのため白色の実線は、片側の幅が6メートル以上ある道路に引かれているのが一般的です。

また、片側2車線以上の道路の場合は、白色の実線・破線の組み合わせをよく見かけます。この場合、実線の向こう側は反対車線になるため、やはり白色の実線からはみ出ることはできません。

黄色の実線

黄色の実線も白色の実線と同様に、基本的には追い越し・車線変更は禁止です。ただし、「追い越しのため」に車線から出ることはできませんが、「障害物を避けるため」に車線から出ることはできます。

【障害物を除けるための具体的なケース】

  • バスの停留所で、バスが停車している。
  • 工事中のため、その車線を走行することができない。
  • トラックが荷下ろしをしているため、車線から出て追い越さなければいけない。

黄色の実線は、道幅が狭い道路にも引かれていることもあります。そのため「線を超えて前方車両を追い越すことはNG。ただし、障害物を避けるためなら線から出てもOK。」というニュアンスで覚えていただければ、大丈夫です。

車線境界線で線の意味合いが変わる

片側2車線以上の道路では、白い実線・破線の組み合わせがあることは、前述でも解説しました。

同じように、片側車線が広い道路には「車線境界線」というものが存在します。センターラインと、車線境界線の意味については以下の通りです。

【センターラインと車線境界線】

  • センターライン(中央線)=反対車線との壁。反対車線へのはみ出し・追い越しに関わる線になる。
  • 車線境界線=広い道幅の道路で、車が列を乱さずに走行するための線。進行方向が同じ車線内で、車が通る道を区分するための線になる。

車線境界線の場合は進行方向が同じため、前述で紹介した意味合いが異なります。

【車線境界線における各車線の意味】

  • 白色の破線(点線)=車線変更・追い越し可能
  • 白色の実線=車線変更・追い越し可能
  • 黄色の実線=例外なく車線変更・追い越しはNG

白色の実線に関しては、センターラインでは車線変更・追い越しが禁止でした。しかし、車線境界線の場合は、どちらも可能です。

車線境界線における黄色の実線は、センターラインとは異なり、例外なく車線変更・追い越しは禁止です。

特に交差点付近では、白色の破線から急に黄色の実線に変わるので、注意しましょう。

車線境界線は大きい国道やバイパスなど、片側車線が広い道路のケースが多いので、ルールを間違えないよう気を付けてください。

例外となるケース

車で反対車線にあるお店に右折して入りたいとき、車線を跨いで進入するケースがあります。ただ、白色もしくは黄色の実線がセンターラインだった場合、この線を跨いでお店の敷地に入ることは可能でしょうか?

正解は「車線を跨いで侵入しても大丈夫」です。この場合は「横断」という行為になるため、「車線変更・追い越し」にはなりません。

ただし、お店が「右折進入禁止」の標示を設置していた場合は、そのルールに従ってください。

車線変更禁止を違反した場合の罰則

車線境界線の違反をした場合は、罰則の対象です。ただし、違反点数も1点と軽いため、罰金ではなく反則金で済みます。

車両ごとに反則金の金額がことなるので、以下の表を参考にしてください。

【各車両の違反点数・反則金】

各車両違反点数反則金
大型自動車1点7,000円
普通自動車・二輪車1点6,000円
小型特殊・原付1点5,000円

悪質な運転は罰金の対象に

車線変更が可能な場合でも、ほかの車の進行を妨害するなど、悪質な運転をした場合は罰金の対象です。

これは、道路交通法第120条1項2号に定められており、罰金5万円が科せられます。

昨今では「煽り運転」が、社会問題になっています。後方車両の車線変更や、追い越しを妨害した場合には、罰金刑の対象になるので注意しましょう。

参照:https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=335AC0000000105

最後に

一般道・高速道路・トンネル内など、どの場所も問わず各車線の意味は同じです。ただし、高速道路の場合は、一番右側の車線が追い越し車線になります。前方の車を追い越したい場合は、右側の車線を使うようにしましょう。

また、前方の車両を追い越すときや車線変更をする際は、必ず目視や各ミラーを使い、後続車に注意してください。

そして、車線変更をした場合は、車線に入れてくれた後続車に、ハザードを出すなどして感謝のサインを出すようにしましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧