• HOME
  • Glass Style
  • 雑学
  • ノンアルコールビールを飲んだ後の運転はOKも…酒気帯びの可能性はゼロじゃない?

ノンアルコールビールを飲んだ後の運転はOKも…酒気帯びの可能性はゼロじゃない?

雑学

「ノンアルコールビールって本当にアルコールゼロなのか?」

「ノンアルコールビールは、いくら飲んでも飲酒運転にならないのか?」

結論から言えば、ノンアルコールビールを何杯飲んだとしても、飲酒運転になる確率はほぼありません。

しかしながら、飲酒運転になる可能性はゼロとも言い切れないです。一体、どんな条件になると、ノンアルコールビールで飲酒運転になるのでしょうか?

今回は、酒気帯びの基準から、ノンアルコールのアルコール含有量の解説を交えて、ノンアルコールビールの飲酒運転について解説します。

ノンアルコールビールで酒気帯びになる可能性はゼロではない

よく耳にする「飲酒運転」とは、正式には「酒気帯び運転」と呼ばれます。一般的なノンアルコールビールは、よほどの量を飲まなければ酒気帯びにはなりません。

アルコール0.00%の商品であれば、どれだけ飲んだとしても体内からアルコールが検出されることはないでしょう。

しかし、わずかなアルコール量のノンアルコールビールを、短時間で大量に飲用した場合は、稀にですが「酒気帯び」になる可能性があります。

酒気帯びの基準

「酒気帯び運転」の基準として、❝呼気1リットル中0.15mg以上のアルコール❞を検知した場合に、取締りや罰則の対象になります。

この❝呼気1リットル中0.15mg以上のアルコール❞とは、以下の飲酒量に相当します。

  • ビール中びん1本
  • 日本酒1合
  • 焼酎0.6合

どれくらい飲酒すると酒気帯び運転になる…とは一概に言い切れませんが、以上の飲酒量が一つの目安だと認識してください。

また、体内からアルコールが抜けるまでの時間は個人差があります。

たとえ上記の目安のアルコール量に達していないとしても、飲酒後は車を運転しないというのは、絶対に守らなければいけません。

ノンアルコールビールのアルコール含有量

表記0.00%でもわずかながらアルコールが入っている

各ビール会社とも、ノンアルコールビールに関しては『アルコール0.00%』と表記しています。

しかし、この❝0.00%❞という基準は0.005%未満なので、本当にわずかながらアルコールが入っている可能性はあります。

そのため前述の通り、わずかなアルコール量のノンアルコールビールを、短時間で大量に飲用した場合は、稀にですが「酒気帯び」になるかもしれません。

とはいえ、短時間で大量に飲酒しなければ、まず大丈夫でしょう。ノンアルコールビールの飲用後に運転をする際は、ゆっくり少しずつ飲むことを心掛けてくださいね。

各ビール会社の回答

アサヒやキリンなど、日本のビール会社の公式サイトには、ノンアルコールビール飲用後の運転について、以下のように回答しています。

【アサヒビール株式会社】  
Q.運転前に飲用しても大丈夫?

A.アルコール0.00%の炭酸飲料ですので、問題ありません。  

・アサヒビール株式会社:https://www.asahibeer.co.jp/non-alcohol/
【キリン株式会社】  
Q.ノンアルコール飲料の「零ICHI」や「パーフェクトフリー」、「ゼロハイ氷零」を飲んで運転しても大丈夫でしょうか?

A.アルコール0.00%の炭酸飲料ですので、運転しても問題ありません。また、警察庁科学警察研究所の論文を参考に、運転シミュレーターでの実験を行い、運転能力に影響がないことを確認しております。  

・キリン株式会社:https://faq.kirin.co.jp/faq_detail.html?id=357
【サッポロビール株式会社】  
Q.ノンアルコールビールテイスト飲料を飲んだあとに運転しても大丈夫ですか?

A.アルコール分0.00%なので問題ありません。  

・サッポロビール株式会社:https://www.sapporobeer.jp/support/customer/faq/0000000332/
【サントリーホールディングス株式会社】  
Q.『オールフリー』を飲んで、運転しても大丈夫ですか?

A.『オールフリー』は、アルコール分0.00%となっておりますので、オールフリーを飲んだ後に運転しても問題ありません。  

・サントリーホールディングス株式会社:https://www.suntory.co.jp/beer/allfree/faq/?_ga=2.259411214.564263706.1650587683-1303364501.1650587683

これらの回答を見る限りは、ノンアルコールビール飲用後も運転しても問題ないでしょう。

しかし、短時間で飲み過ぎると、稀に酒気帯びになることだけは忘れないでくださいね。

酒気帯び運転の違反点数

酒気帯び運転で取り締まられると、重い処分がくだされます。アルコール濃度によって、違反点数には以下の違いがあります。

【酒気帯び運転の違反点数】

  • 0.15mg~0.25mg未満:違反点数13点(90日間の免許停止)
  • 0.25mg以上:違反点数25点(免許取り消し・欠格期間2年)

※いずれも、呼気1リットルに対してのアルコール濃度

ちなみに、アルコール濃度が0.25mg未満の状態で、軽微な違反をして取り締まられた場合は、こちらも一発で免許取り消しの処分です(速度超過、放置駐車違反など)。

そして、まっすぐ歩けないくらい酔っている状態だと、呼気に含まれるアルコール濃度に関わらず「酒酔い運転」の扱いとなります。

こちらは、違反点数35点で免許取り消し(欠格期間3年)という、さらに重い罰則になるので注意しましょう。

酒気帯び運転の違反点数については、以下の記事でも詳しく解説しています。合わせて参考にしてくださいね。

最後に

ノンアルコールビールは、短時間で大量に飲用しなければ、まず酒気帯びになることはないでしょう。

そのため車を運転する際は、飲み方にだけ気を付けてください。ノンアルコールビールの飲用後に運転をする際は、ゆっくり少しずつ飲むことを心掛けましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧