車のガラスに付着した水垢を落とす方法とは?原因と除去方法を解説

メンテナンス

晴れた日、光に反射してフロントガラスやサイドガラスに白っぽくざらざらとしたシミのようなものが見えることはありませんか?

雨が降った翌日、ガラスに縦線状の模様がついていることはありませんか?

これらの汚れは、水垢かもしれません。

今回の記事では、車のガラスに付着した水垢について、原因と対処法を解説していきます。

水垢とは

水垢(別名:スケール(Scale))とは、自動車ガラスに付着する白っぽくて薄い汚れの総称です。

自動車ガラスやボディに付着した水分が蒸発するときに、水分中に含まれる成分が固まって堆積し、水垢になります。シミになっている水垢は、その見た目から「ウロコ」と呼ばれることもあります。

小さなウロコやうっすらとした水垢でも、フロントガラスやサイドガラスに付着していると意外と気になってしまいます。

特に黒い車体やプライバシーガラスに付着していると、とても目立ってしまいます。水垢は、自動車の見栄えを大きく損なってしまいます。

水垢は放置すると日光に焼き付けられ、自動車ガラスやボディにこびりついて硬さを増し、ちょっとやそっとでは除去できなくなってしまいます。

こまめに取り除かないと蓄積し続けてしまう厄介な汚れが、水垢なのです。

水垢・ウロコの原因

水垢やウロコは、一体どうして付着してしまうのでしょうか。

フロントガラスなどの自動車ガラスにこびりつく水垢の原因は、おもに2つあります。

その1.洗車に使う水道水や雨水、井戸水に含まれるミネラル成分

洗車の際に使う水道水に含まれる石灰(炭酸カルシウム)やカルキは、日光やエンジンの熱によって水分が蒸発する際、ガラスやボディに残留してそのまま固まってしまいます。

その2.雨水や外気に含まれるチリやホコリ

雨水に含まれて付着したチリやホコリなどの不純物も、水分が蒸発した際にそのままガラスやボディに残留し、水垢になります。

洗車時の水や雨水は、避けることができません。水垢は、付着すること自体を防ぐことはむずかしい汚れなので、こまめなお手入れが重要になってきます。

水垢と油膜の違い

水垢と混同してしまいがちなのが「油膜」です。

両方とも車のフロントガラスに付着する汚れみたいなものですが「水垢」と「油膜」はまったく別の成分で出来た汚れなので、当然落とし方も変わってきます。

水垢・・・水道水に含まれる炭酸カルシウムなどのミネラル成分が固まってできた汚れ
油膜・・・とは排気ガスやカーワックスなどに含まれる油分がこびりついてできた汚れ

実際には、自動車ガラスに付着する汚れの多くが「水垢」と「油膜」が混ざり合ってできたものです。そのため、ほとんどの自動車ガラスやボディに付着する汚れは「水垢」「油膜」のどちらかに分類できるものではありませんが、「水垢」と「油膜」は性質の違う汚れだということを理解しておくことで、対策が取りやすくなります。

油膜についてはこちらの記事で解説していますので、参考にしてみて下さい。

洗車では落ちない油膜の原因は?効果的な除去・対処法もご紹介!>>>

ここまで水垢とはどんな汚れなのか、そして、水垢が発生する原因を説明しました。ここからは水垢を落とす方法をご紹介していきます。

水垢の除去方法とは・・・

水垢の除去方法

ピックアップ記事

関連記事一覧