フロントガラスの洗車方法は落としたい汚れの種類によって変わる!

メンテナンス

フロントガラスの汚れ、気になりますよね。

定期的に洗車をしていても、気づいたら汚れが溜まっているのがフロントガラス。

視界に常に入ってくるフロントガラスの汚れは、見映えを損なうだけでなく、視界を遮って快適な運転の妨げになってしまうこともあります。

今回は、フロントガラスが汚れる原因と、フロントガラスの洗浄方法をご紹介します。

フロントガラスの汚れと種類

フロントガラスが汚れてしまう原因は、いくつかあります。

たとえば、フロントガラスの外側には、普通に走行しているだけで様々なゴミや汚れが付着します。天気が悪ければ泥をかぶってしまったり、鳥にフンを落とされることもありますよね。

意外と汚れやすいのが、フロントガラスの内側です。

無意識に触ってしまっていることも多く、洗車時にも見落としてしまいがち。手垢やタバコのヤニなどの落ちにくい汚れがたまりやすい場所なんです。

フロントガラスの内外に付着するこれらの汚れは、

  • 水性の汚れ
  • 油性の汚れ

の2種類に分けることができます。

それぞれどんな特徴を持つ汚れなのか、見ていきましょう。

水性の汚れ

水性の汚れとは、水で洗い流すことができる汚れのことです。

軽度な汚れなら洗剤を使わなくても水洗車で取り去ることができます。

しかし、水性の汚れも、長い間放置していればこびりついて取れなくなってしまいます。

こまめな洗車は必要です。

フロントガラスの外側に付着する水性の汚れ

  • 泥汚れ
  • ついたばかりの水垢
  • 塵や埃
  • 鳥のフン

フロントガラスの外側には、大気中の塵や埃といった小さなゴミがたくさん付着します。ときには鳥のフンや泥汚れなど、ねばりけのある汚れが付着することもあります。

フロントガラスの内側に付着する水性の汚れ

フロントガラスの内側は掃除が行き届きづらい角度になっているため、カーブの部分などに埃がたまりやすいです。

冬場にフロントガラスの結露が気になることはありませんか?

それは、埃が原因かもしれません。

自動車は車内と外気の温度差が大きいため、ただでさえフロントガラスの内側には結露が起きやすいのですが、埃が溜まっていると、さらに結露が起きやすくなってしまいます。

フロントガラスの内側に埃が溜まったままになっていると、結露が起きやすくなり、湿度と埃を好むカビの温床になってしまうことも・・・。

油性の汚れ

油性の汚れとは、水洗いでは落としきれない汚れのことです。

排気ガスやワックスなど、車には油性の汚れが付着しやすいです。

付着したばかりの油性の汚れなら普通のカーシャンプーで落とすことができますが、これらが「油膜」になると、専用のクリーナーを使わないと除去できなくなってしまいます。

フロントガラスの外側に付着する油性の汚れ

  • 劣化したワックスやコーティング剤
  • 排気ガスに含まれる油性の物質
  • 大気中に含まれる油性の物質
  • グリース

フロントガラスの外側には、様々な油性の汚れが付着します。

油性の汚れはただでさえ取れづらいものですが、劣化したワックスや撥水コーティング剤は、太陽光やエンジンなどの熱が加わることで固形化し、非常に頑固な油膜を形成してしまいます。

>>洗車では落ちない油膜の原因は?効果的な除去・対処法もご紹介!

フロントガラスの内側に付着する油性の汚れ

  • タバコのヤニ
  • 手垢

フロントガラスの内側には、手垢やタバコのヤニなどの油性の汚れが日常的に溜まっています。ウェットティッシュなどでササッと拭いても、油性の汚れなので落としきれず、余計に拭いた跡が残ってしまうかもしれません。

フロントガラスの内側には、油性の汚れ対策が必要です。

次のページでは、フロントガラスをクリアーに仕上げる手洗い洗車の方法をご紹介します。

ピックアップ記事

関連記事一覧