サイドミラーの手入れは重要!親水コーティングで視界をクリアに

メンテナンス

雨の多い時期になると、窓ガラスだけでなくサイドミラーの視界も悪くなってしまいます。

車線変更や右折・左折、駐車のときにサイドミラーの状態が悪いと、思わぬ事故につながってしまう可能性も高くなってしまいます。

特に梅雨〜夏場は雨の日やゲリラ豪雨が多く、車通勤の人は雨天時の運転が多くなりますよね。

走行中にサイドミラーを拭くことは危険なので、普段からサイドミラーを手入れしておく必要があります。

サイドミラーの手入れが大切な理由

サイドミラーの表面(鏡面)は進行方向とは逆の位置にあるので、雨天の走行時、風が鏡面に当たらず水滴が残ってしまいます。

何も施工していない鏡面は、油膜などによって中途半端に水をはじきます。半撥水の状態であるため、不均一な水滴が鏡面に付着し、それらが乱反射を起こすことで見にくくなってしまうのです。

走行・駐車時の安全面において、進行方向の状況はもちろん、後方の状況もとても重要です。

日頃から、サイドミラーの手入れもこまめにおこなっておきましょう。

親水コーティングで水滴の付着を防ぐ

サイドミラー専用のコーティングで、サイドミラーが視界不良になるのを防ぎましょう。コーティングには主に2種類あります。

・撥水コーティング…雨を粒状にして水を弾き、水滴を付着させない効果があります。

・親水コーティング…雨を馴染ませて、水滴を流れ落としやすくします。

サイドミラーは走行風が当たりにくいです。そのため、撥水コーティングでは風の影響を受けにくく、いまいち水を弾くことができません。

サイドミラーをコーティングする際は、親水コーティングを使用しましょう。工程は簡単なので、以下の手順で行ってください。

鏡面をキレイにする

タオルやマイクロファイバークロスを使って、鏡面を水拭きします。油膜や水垢汚れが酷い場合は、カーシャンプーとスポンジを使って、キレイにしましょう。

仕上げとして、必ず乾拭きを行ってください。タオルや雑巾で乾拭きする際は、繊維がミラーに残らないように気を付けましょう。

コーティングを行う

コーティング剤には、【塗るタイプ】【スプレータイプ】【フィルムタイプ】の3つがあります。

【塗るタイプの場合】

清潔なウエスやクロスに液体を適量取り、薄く伸ばしていきます。ムラなく均等に液体を伸ばしていきましょう。しばらく放置して、液体が乾いたら完了です。

商品によっては、先端にスポンジが付いているタイプがあります。液体で塗る場合は、こちらの方が手軽に施工できるでしょう。

【スプレータイプの場合】

スプレータイプは、サイドミラーに吹きかけるだけでOKです。スプレー直後は鏡の表面が白く曇ったような状態になりますが、しばらくすると透明感のある鏡面に戻っていきます。

塗るタイプもスプレータイプも、効果は1ヶ月程度のものもあれば、半年持つものもあります。値段は800円〜3,000円程度と、値段が高いほうが親水性も高く、効果が持続します。

【フィルムタイプの場合】

フィルムタイプは基本的には、フィルムが貼られている限りは親水効果が続きます。

塗るタイプ・スプレータイプは、コーティング効果が落ちてきたら、再び掃除してコーティングする手間が必要です。しかし、フィルムタイプは剥がれない限り、その手間が必要ありません。こまめな手入れが苦手な人は、フィルムタイプがおすすめです。

値段は2,000円〜3,000円程度になります。

購入する際は、どれくらい効果が持続するのか確認しましょう。

イオンデポジット等の付着がある場合

コーティング前に掃除をする際に、鏡面にイオンデポジットやウォータースポットが付着している場合は、ミラー専用のコンパウンドを使いましょう。ガラス専用のコンパウンドは鏡面を傷つけてしまうので、必ずミラー専用を使用してください。

  1. カーシャンプーやスポンジで油膜や水垢を落とす
  2. コンパウンドでイオンデポジット等を落とす
  3. 水拭き・乾拭きをしてから親水コーティングを施す

コンパウンドを使用する際は、以上の順番で行えば大丈夫です。

基本的にはサイドミラーにコンパウンドは使わない

ミラーはコンパウンドなどで磨くと細かい傷がついてしまい、ぼやけたようになってしまう可能性があります。普段の掃除では使用せず、あくまでイオンデポジットやウォーターデポジットができたときのみ使用してください。コンパウンドを使用しなくて良いよう、日ごろから定期的に手入れをしておきましょう。

イオンデポジットとウォーターデポジットについては、以下の記事も参考にしてください。

親水鏡面の場合のお手入れ方法

すでに親水鏡面の場合は、効果を長持ちさせるためのメンテナンスをおこなっていきましょう。

  1. 水をかけて汚れを洗い流す。(汚れがひどい場合はスポンジなどを使う)
  2. 水洗いで落ちにくい汚れには、油膜・皮膜除去剤(ガラスクリーナー)や中性洗剤を使用する。
  3. 洗車する。
  4. 洗浄剤を水で完全に洗い流す。

手入れを行いながら、「親水効果が落ちてきた」と感じた場合は再びコーティングを行ってください。

最後に

雨の日でも後方の視界をしっかり保つことができれば、快適なドライブができるようになります。

サイドミラーをきちんと手入れしておくことは、事故を未然に防ぐことにもつながります。

特に通勤などで車を運転する人は、「雨でサイドミラーが見づらい」と少しでも感じたらコーティングを行いましょう。

あまり車を運転しない人も、久しぶりに運転する際はサイドミラーの手入れをできるだけ行ってください。

ミラーについてしまう水滴による乱反射が抑えられるためサイドミラーでの後方確認がしやすくなります。定期的にケアをおこない、安全な運転ができる環境づくりをしていきましょう!

ピックアップ記事

関連記事一覧