車のガラスにイタズラされた!とるべき対処方法と防犯策

トラブル

線キズ、タイヤの空気抜き、スプレーでの落書き、ガラス破損、ワイパー破損など、車へのイタズラは決して許されるものではありません。

そんな悪質なイタズラを受けてしまっても、犯人が特定できず泣き寝入りするしかないケースも多くあります。

今回の記事では、イタズラされた場合の対処方法と、イタズラ対策方法について解説していきます。

対処方法

「警察」へ連絡する

フロントガラスが割られたり、大きく傷付けられたりしているのを発見したら、なるべく早めに警察へ被害届を出してください

明らかに意図的なイタズラをされている場合は、刑法261条の「器物損壊罪」にあたり、立派な犯罪として成立します。

もし犯人が見つかった場合、犯人には修理費用を出す義務があり、刑事告訴をすれば「3年以下の懲役、または30万円以下の罰金」に処することが可能です。

 任意で加入している保険会社へ連絡する

警察に被害届を出したあとは、任意で加入している保険会社へ連絡しましょう。

ただし、警察に被害届を提出しているかどうかで判断されるケースもあるので、被害届を出したあとに連絡をすることを忘れないでください。

その場合、いつ・どこでイタズラされたのか、詳細に話せるようにしておきましょう。

ただし、安易に任意保険を使ってしまうと翌年の保険料が上がってしまう可能性もあります。

任意の保険会社に被害状況を伝える際には、「今回保険を利用した場合、翌年の保険料がどのくらい上がってしまうか」を必ず確認するようにしてください。

車両保険で修理が可能(未加入の場合はすべて自己負担)

ガラスが割れている状態だと、運転自体できなくなってしまいます。盗難やイタズラの被害に遭う確率も高くなってしまいます。

任意保険なら車両保険で修理することができるので、状況とあわせた適用をオススメします。保険を使うと等級がひとつ下がり、保険料が値上がりしてしまうのがどうしても残念な点です。

しかし、ガラスの修理代は部品価格と工費を合わせると10万円弱かかってしまうこともあります。割られている箇所が多ければ、もっとかかってしまうかもしれないので、保険の適用も視野に入れておきましょう。

保険に未加入の場合の修理は全て自己負担になるので、注意してください。

対策方法

ドライブレコーダーを設置しておく

近年では「煽り運転」対策として、ドライブレコーダーを設置している人も増えていますが、イタズラ対策にも役立ちます。
ドライブレコーダーで犯人が分かれば、ガラスの修理代を全て犯人に請求することができるのです。

法務省の「犯罪白書」(http://hakusyo1.moj.go.jp/jp/65/nfm/n65_2_1_1_1_1.html)によると、器物破損の検挙率は10.5%であったことが記されています。まだまだ検挙率が低い犯罪なので、ドライブレコーダーを設置して犯人検挙につなげましょう。

防犯カメラ・センサーライトを設置しておく

自宅の駐車スペースなら、防犯カメラを設置するのもおススメです。
性能の良いコンパクトなものから、高感度カメラで防水機能がついているものもあります。スマートフォンで動画を確認できるものもあるので、盗難・防犯対策として利用してみてください。

  • ガレージなどの目立つ場所に
  • 車全体をとらえることができる角度で

人が来たら反応するセンサーライトも併せて設置しましょう。カメラの映像に鮮明に写りやすくなるので、犯人の顔が残りやすいです。イタズラされるのは夜の場合がありますし、センサーライトも併せて設置しておけば万全の体制といえます。

ボディーカバーで車全体を覆っておく

車のボディーカバーで全体を覆っておくのも、立派なイタズラ対策です。

他人の車のボディーカバーを外すのは、意外と手間がかかります。カバーを外そうとすると布ずれのような音も出るので防犯対策にもなります。高級車や特徴のある車を狙ったイタズラの場合、車種が判明しにくいので狙われにくくなります。

あらかじめ打っておきたいイタズラ対策

保険にはできるだけ加入しておく

保険は加入義務のある「自賠責保険」と、義務のない「任意保険」があります。自賠責保険だけだと、今回のようなイタズラに対応できないので、任意保険の加入をオススメします。
イタズラされてしまったとき、犯人が捕まらなければ修理にかかる費用は全て自己負担です。任意保険は車両保険に加え、対物・対人賠償保険や人身障害保険などにも対応しています。

イタズラされているのをみつけたらすぐに警察へ連絡できるようにしておく

ガラスが割られているときもそうですが、ペンキなどでの落書きも器物損害にあたります。イタズラに遭遇したらすぐに警察へ連絡できるように備えておきましょう。

カーセキュリティなどのグッズを設置しておく

ドライブレコーダーやセンサーライトに加え、カーセキュリティーを付けるのもおススメです。

カーセキュリティーは、車にちょっとした衝撃があると警報が鳴り、犯人撃退に役立ちます。値段は1万円台から購入できるものがあるので、防犯グッズとしてはお手軽です。

最後に

今回は、車のイタズラ対策について解説しました。もしもイタズラに遭遇してしまっても、慌てず警察に連絡し、そのあと保険会社に連絡するようにしましょう。そして、イタズラに遭遇しないよう、防犯グッズでしっかり対処しておくようにしてくださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧