車のガラスは雑巾で拭いても大丈夫?洗車の際の注意点

メンテナンス

購入したばかりでピカピカの新車、長い年月乗って愛着のある車。

どういう状態であろうとも、自分の車は愛おしいものですよね。

普段のメンテナンスや洗車に余念がなく、主流となってきたガラスコーティングをしたり、マイクロファイバークロスで洗車したり、手間を掛けている方もいると思います。

ちなみに雑巾で車のガラスを拭くのは大丈夫でしょうか?たまに、雑巾で車のガラスを拭くと傷がついてしまう、と思って敬遠する方もいます。

でも、安心してください。車のガラスを雑巾で拭くのは結論から言うと大丈夫です。

車のガラスを一般的な雑巾で拭いても大丈夫!

雑巾でガラス拭くと繊維が残ったり汚れが伸びたりして大丈夫か?雑巾自体ゴワゴワしていてガラスを傷つけないか?と思う方もいるかもしれませんが、まず心配はいりません。

実際にガソリンスタンドで、店員さんがガラスを拭く時も雑巾を使用していますよね。それによって「汚くなった」「傷ついた」という声はあまり聞かれません(もちろん店員の力加減にもよりますが)。

使用している雑巾も、我々が日常で使用している、いたって普通の雑巾がほとんどです。

ただし、注意点が二つあります。

  • 新品の雑巾は使用しないこと
  • 水拭きをした後は必ず乾拭きをすること

です。

新品の雑巾は避ける

基本的に、窓ガラスの雑巾がけはOKですが、雑巾に使用されている木綿は繊維が硬いことがほとんどです。新品の雑巾をそのまま使うと、ガラスに傷がついてしまう場合があります。

繊維の硬い新しい雑巾よりも使い古した雑巾の方が、洗車傷をケアしたいときにはより安心と言えると思います。

洗濯済みの古雑巾で「水拭き」→「乾拭き」

使用する雑巾は、何度か洗濯したものを使用してください。もちろん、洗濯しすぎてボロボロになったものはオススメしません。

普通に洗濯するのも良いですが、柔軟剤を使うとより繊維が柔らかくなるでしょう。雑巾は「水拭き」用のものと「乾拭き」用のものと2種類用意しておくのをオススメします。

一枚で済ませようとしてしまうと、不純物などが水滴にくっつき、その水滴が蒸発すると不純物が焼き付きシミになってしまう恐れがあります。

また、使用する前には砂などの付着がないように雑巾の状態や保管場所を確認してみてください。

洗車をする前の注意点

雑巾で車のガラスを拭くのは問題ありませんが、洗車する前の注意点がいくつかあります。

いきなり拭こうとしない

まずはホース等で水を撒き、車体やガラスについたホコリや砂などの小さな不純物を洗い流してください。

洗い流さずにいきなり磨いてしまうと、不純物が混じった水分によって車体を傷つけてしまう可能性があるからです。

車はデリケートなので、例え小さな砂利でもそれが原因で大きな傷がつくことがあります。

水で洗い流した後には、車専門のシャンプーを使って雑巾がけすると、やさしく洗車することが出来ます。これは、カー用品店やホームセンターなどで広く販売されているあるので、よかったら探してみてください。

そして最後にもう一度水洗いをしてから、乾いた雑巾で傷つけないよう水分を拭き取れば完了です。

最後に

最近ではカー用品も続々と新商品が出てきており、洗車に関する用品も高品質なものが溢れています。もちろんマイクロファイバークロスを使ってガラスを綺麗にするのも正解です。

しかし、愛車の手入れをするのは常に自分自身です。

高品質な商品ならそのまま使えば大丈夫とは言えませんし、物にも寿命はやってきます。

そういった道具一つひとつの状態をちゃんと見れば、雑巾で洗車しても大丈夫です。

今日解説したことは、理解するのが難しかったり手間やお金がかかったりするものではないので、愛車をメンテナンスする一つの知識として、ぜひ参考にしてみてください。

ピックアップ記事

関連記事一覧