【フロントガラス】油膜の原因は何?効果的な除去・対処法もご紹介!

油膜

車のガラスには様々な汚れが付着してしまいますよね。

砂やホコリ、水垢など、車に付着する汚れはたくさんありますが、その中でも厄介な汚れの代表格が「油膜」です。

油膜は頑張って洗車をしても、一度の洗車では完全に取り切ることができません。

そこで今回は、油膜ができてしまう原因やその対処法について解説していきます。


油膜とは

その名の通り、油膜は「油の膜」のことを指します。フロントガラスに付着した油分が頑固な固形物となってこびりついてしまうのです。

油といっても、サラダ油のように洗い流せばすぐに落ちるような油ではありません。

フロントガラスに付着する油膜は、「シリコン系」のコーティング剤などが雨によって溶けて流れ出した油です。シリコン系の油は、コーティング剤以外に排気ガスやアスファルトなどに含まれています。つまりフロントガラスに付着する油は、シリコンを含んだ油ということです。

油膜が付着してしまう原因

● ボディワックスが流れ落ちて付着する


車の屋根の部分に塗布したボディワックスに含まれている油分が雨と一緒に流れ落ち、フロントガラスに油膜として付着してしまうことがあります。

もともと車を綺麗にするために使用するボディコーティングなのですが、油膜の原因となるシリコン成分が含まれているものが多いです。本来であれば、雨と一緒に流れ落ちるはずですが、シリコン成分が多少残留してしまうこともあるのです。

洗車機による【ワックス洗車】も油膜が付く原因になることがあります。

● 大気中に含まれた油分が付着

自動車から出る排気ガスには油分が含まれています。排気ガスが大気中の水分(雨天時など)と混ざると油膜となってフロントガラスに付着してしまいます。

1台からでる排気ガスは微々たるものですが、それが何台、何十台となると油膜が出来る可能性も高くなるのです。交通量が多ければ多いほど、フロントガラスに油膜が付着してしまう確率も高くなっていきます。

● 路面の油分を含んだ水分が付着してしまう

交通量の多い道路などでは、前方や横を走行する車が路面の水(水たまりなど)を跳ね上げたことによって、その水分を被ってしまうことがあります。

路面の水(水たまりなど)には少なからず油分が含まれており、その水分がフロントガラスに付着してそのまま乾いてしまうと、頑固な油膜になってしまうのです。

効果的な油膜の除去方法

特に、フロントガラスに油膜が付着してしまっていると、運転時の視界にも悪影響を及ぼします。

油膜を落とす前に

油膜を落とす前に、ガラス部分を簡単に水洗いし、砂や埃などの細かい汚れを取り除いてください。

油膜の除去方法

しつこい油膜を落とすためには

  • 烏龍茶
  • 家庭用中性洗剤+スポンジ
  • アルコール+マイクロファイバークロス
  • 専用の油膜取り剤

これらの方法がおすすめです。

それぞれの手順については、以下の記事で詳しくご紹介しています!

油膜は必ずといって良いほど頻繁に発生します。頑固な油膜を除去するのはとても労力のかかることであり、フロントガラスにこびり付いてしまった油膜はカーシャンプーで洗ってもなかなか落ちてくれません。

油膜取りはその道のプロに依頼を

油膜は、運転時の視界にも大きく影響します。専用の油膜取り剤や、食器用洗剤などを使って油膜を取っていくのはかなり労力の必要な作業です。

本格的な洗車を定期的に行えるのであればいいのですが、忙しい現代人には少しでも手間を省きたいところですよね。

プロに依頼すれば手間も最小限で済み、高い技術で施工してもらえるので一石二鳥です。

おわりに

特に梅雨のシーズンなどになると、車のフロントガラスが気になる人も多いのではないでしょうか。

雨の日になると途端に視界が悪くなり、何度ワイパーをかけても改善されずフロントガラスには水が付着したまま。夜になると対向車のライトでフロントガラスに付着した水分が乱反射して視界不良になり、事故に繋がるケースもあります。

油膜の対策は、車のある生活を送る上で避けて通れない道です。大切な車のケアこそ賢く、確実に行っていきたいものですよね。

ピックアップ記事

関連記事一覧