フロントガラスは親水?撥水?選ぶべきはどっち?

メンテナンス

雨が多くなる季節や、台風が発達しやすくなる時期になると、運転中の視界がかなり悪くなってしまうのがドライバーならではの悩みなのではないでしょうか。

雨の日でも視界をしっかり確保するためには、窓に付着している汚れや油膜を取り除き、ワイパーの状態も良好に保つことが大切です。

その上で、フロントガラスやサイドガラスの表面に撥水剤などのコート剤を施すことによってよりクリアな視界を確保することができます。

今回は、フロントガラスに施すコート剤は「親水」と「撥水」のどちらが良いかについて解説していきます!

コート剤は「親水」と「撥水」の2種類

ガラスに施すコート剤は、様々なメーカーから様々な商品が販売されていますが、大きく分けて2種類に分類することができます。

1.撥水タイプ

「撥水タイプ」と呼ばれるタイプは、雨水を水滴の状態にしてガラスの表面から弾き落とし、視界を確保するという特徴があります。
撥水がしっかり効いていれば、ある程度の走行速度の勢いだけで雨水が流れ落ちるので、視界がクリアになりストレスなく運転することができます。

施工も比較的簡単で、長期間効果が持続しやすい撥水タイプは、コーティングをこまめに施すのが面倒に感じる人には向いています。

ただし、サイドミラーやリアガラスには走行風による効果は薄れるので、水が吹き飛ぶところまではいきません。そのため、特にワイパーのないサイドミラーやリアガラスは水滴がたまりやすくなります。

この水滴が夜間や停車時、ゆっくりと走行する際には、視界が水滴で見えにくくなる状況になりがちです。また、霧状の雨が降った際も、水滴が流れ落ちるほど大きくならず、ガラスに残ったままで、一面曇ったような視界となってしまいます。

2.親水タイプ

一方、親水タイプとは撥水とは別で、水を弾かないタイプです。ガラスに付着した水がガラスの表面に薄い水膜をはり、なじんでいくように流れる効果があります。

ただし、水膜を透して見るため「視界を確保する」と言った点では、多少歪んで見えてしまう為、フロントガラスなどには向いていない処理方法です。

なので、ドアガラスやリアガラスなどには親水タイプで処理するのがおすすめです。

フロントガラスには「撥水」タイプを

先ほどもお話ししましたが、フロントガラスは走行中の風圧が最も多く当たる部分なので「撥水タイプ」を選ぶことをお勧めします。

撥水タイプは、速度によってワイパーを稼働させなくても大丈夫と思えるほど、きれいに水滴が吹き飛んでいきます。

一方で大雨などのときにフロントガラスが親水状態になっていると、雨水がフロントガラスにはりついたままの状態になってしまうので、走行中の視界の妨げになり、事故に繋がってしまう危険性があるのです。

できるだけフロントガラスには「撥水タイプ」を使うことをお勧めします。

ガラスの撥水加工もお任せください。

今回、「フロントガラスのコーティングは親水性・撥水性のどちらを選ぶべきか」について解説してきました。

車のボディーのなかで最も風が当たるのがフロントガラスです。親水にも撥水にもそれぞれメリットやデメリットはありますが、排水性の面で言えばフロントガラスには「撥水性」を施工するのが無難と言えます。

コーティング剤を購入してご自身で施工されるのも良いですが、ここはひとつプロに任せてみてはいかがでしょうか。

フロントガラスのみであれば、30分から1時間程度で、窓ガラス全面であれば、2~3時間程度で行います。

詳しくはこちらをご覧ください。

glassDのガラス撥水加工

ピックアップ記事

関連記事一覧