フロントガラスの油膜とウロコは除去方法が違う|付着する原因と除去手順

メンテナンス

今回の記事では、フロントガラスに付着する油膜と水垢の違いについて解説していきます。また、それぞれの原因、対処法、対策方法についても同時に解説します。

油膜と水垢の見分け方

油膜も水垢も、ちらっと見ただけでは単なる「窓の汚れ」として受け取ってしまいがちですよね。それぞれの見分け方を簡単にご紹介します。

油膜

フロントガラスに油膜が付着していると

  • 雨が降ると視界が悪くなる
  • ワイパーの水はけが悪い

といった症状が見られます。

水垢

一方で、水垢が付着していると

  • 窓に白っぽいシミが目立つ
  • ザラザラしたものが窓に目立つ

というような特徴が見られます。

車のフロントガラスはどのような状態にあるか、チェックしてみてください。

油膜と水垢がフロントガラスに付着する原因とは

油膜がフロントガラスに付着する原因

油膜がフロントガラスに付着するのは、

  • 大気中の排気ガス、油分を含んた水を車体が被ってしまう
  • 窓やワイパーなどをコーディングしたものが溶けてしまう

など、様々な原因が存在します。

水垢(ウロコ)がフロントガラスに付着する原因

フロントガラスにウロコ状の水垢ができてしまうのは、

  • 大気中に存在するホコリ、細かいチリなどがガラスに付着する
  • 雨水がガラスに付着したまま乾燥してしまう

などの理由が挙げられます。

フロントガラスに付く油膜と水垢の対処方法

フロントガラスを油膜や水垢などの汚れから守るには、どうすればよいのでしょうか?それぞれの対処方法について詳しくご説明していきます。

油膜の対処方法は?

油膜は、言うなれば「油」汚れです。簡単に取り除くのは難しく、一度サッと拭き取ったり、ただの水洗いをするだけでは、落ちてくれません。

軽程度の油膜汚れであればウーロン茶台所洗剤などで対応できますが、しつこい汚れの場合はしっかりと専用の油膜除去剤を使用するようにしてください。

水垢(ウロコ)の対処方法は?

水垢(ウロコ)はアルカリ性の汚れです。アルカリ性の汚れには、酸性であるクエン酸やお酢などで対処できる場合があります。

お酢、またはクエン酸を水に溶かし、キッチンペーパーなどに染み込ませてガラスを拭き取ります。

軽い程度の水垢であればこの方法で対処できます(クエン酸はドラッグストアなどで購入可能です)。

強力な水垢汚れの場合は、水垢専用のクリーナーを購入して対処するようにしてください。また、水垢クリーナーを購入する際は、コンパウンド(研磨剤)が含まれているかを確認するようにしてください。

フロントガラスの汚れ対策は大切!

フロントガラスの汚れ対策としておすすめしたいのは、撥水コーティングです。

フロントガラスを撥水コーティングすると、走行中の視界がよりクリアになり、油膜や水垢のフロントガラスへの付着を少なくしてくれます。ぜひ試してみてください。

※撥水コーティングを施す前には、しっかりとフロントガラスの表面を掃除してください。油膜などの汚れが残っている状態でコーティングを行ってしまうと、うまくコーティングされない可能性が高くなります。

最後に

今回の記事では、フロントガラスに付着する油膜と水垢(ウロコ)の違い、原因、対処方法、対策についてご説明しました。

フロントガラスの視界を良好に保ち、快適で安全な運転を行ってくださいね!

ピックアップ記事

関連記事一覧