車のガラスは割れやすい?割れにくい?フロントガラスとリアガラスの違い

修理・修復

車のガラスはフロントガラスやドアガラスなど、使用される部分によって構造の違うガラスが使用されており、強度も異なります。

あまり無いケースですが、走行中などに車のガラスが割れてしまったら、どうしたら良いのでしょうか?

今回は、車のガラスが割れる原因、割れたときにかかる修繕費用と時間を解説します。

フロントガラスは割れにくい構造になっている

フロントガラスは、2枚のガラスを重ね合わせて作られています(合わせガラス)。その2枚のガラスの間には膜がはさまれており、これを中間膜といいます。

この中間膜があることによって割れても飛び散らない仕組みになっているのですが、使用されているガラス自体は強化ガラスに比べて強度が弱いため、ガラスのみに関して言えば割れやすいと言えます。

ですが、中間膜があることによって、よっぽど強い衝撃がない限りは貫通しないようになっているのです。

ドアガラス・リアガラスは強化ガラスでも比較的割れやすい

フロントガラスは合わせガラスを使用することが義務付けられていますが、リアガラスやドアガラスには強化ガラスが使用されています。

リアガラスやドアガラスに合わせガラスが採用されていない理由は、事故や水難事故など車から出れなくなってしまった場合を想定し、避難口の確保のために強度を下げる必要があるからです。

強化ガラスというだけのことはあって、通常のガラスコップなどよりはかなり衝撃に強い構造になっていますが、合わせガラスのような中間膜は存在しないため割ろうと思えば割れてしまいます。

車のガラスはどんなことで割れてしまうのか

走行中や停車中など、ガラスが割れてしまうシチュエーションはたくさんあります。特に、「飛び石」「気温の変化」「走行中の風(風圧)」の3つは最も多いケースです。

飛び石

走行中や停車中に飛んできた石でも、当たり所が悪ければガラスは割れてしまいます。特に高速道路での走行中では、車の走行スピードもあいまって小さな石でも大きな衝撃を受けてしまいます。

気温の変化

小さなキズがガラスについていた場合、気温の変化によって膨張したり収縮したりすることがあります。この影響で、キズが大きくなりガラスが割れてしまうことにもつながるケースもあるのです。

小さなキズでも放置せず、気がついたらすぐに修理を依頼しましょう。

走行中の風(風圧)

小さなキズがガラスについていた場合、走行中の風圧でキズの部分に負荷がかかり、ガラスが割れてしまうケースもあります。

特に高速道路での走行中はスピードも出ているため、一般道走行時よりも受ける風圧が強くなっています。

高速道路を走行することが予め分かっている場合は、ガラスに傷が入っていないかを一度確認しておきましょう。

ガラス修理にかかる時間と費用

車のガラスが割れてしまった場合、500円玉くらいの大きさより小さいキズやヒビであれば、交換ではなく修理の対応が可能な場合がほとんどです。

フロントガラスは、上部・左右から4cm以内、下部は8cm以内にダメージがある場合は修理ができず、交換となってしまいます。修理か交換かで、かかる費用も変わってくるので、改めてどれくらいのダメージを受けたかを確認しておきましょう。

実際にガラスの修理を依頼すると、どれくらいの時間と費用がかかってしまうのでしょうか。

フロント、ドア、リアの3つに分けて、大まかな時間と費用を表にしてみました。

部位 修理にかかる時間(目安) 修理費用 (目安)
フロントガラス 30~60分 15,000~25,000円
ドアガラス(サイドガラス) 2日 10,000~30,000円
リアガラス 30~60分 20,000~40,000円

ガラス交換にかかる時間、費用

ガラスを交換しなければならない場合、修理の倍以上の時間とお金がかかると考えておいてください。表に大まかな時間と費用をまとめましたが、総じて言えるのは、時間も費用も段違いであることがわかります。

さらにいえば、ディーラーで交換してもらうのか、交換するガラスは純正か純正ではないのかでも値段が大きく変わってしまいます。

金額に関してはあくまでも参考程度に見ておいてください。

部位 交換にかかる時間(目安) 交換費用(目安)
フロントガラス 40~90分 50,000~100,000円
ドアガラス(サイドガラス) 4日 30,000~50,000円
リアガラス 60~120分 50,000~100,000円

保険は適用される?

ガラスを修理するにも交換するにも、まとまった費用が必要になってきます。

実際には自身の加入している保険内容と照らし合わせなければならないのですが、飛び石だけではなく、原因がわからない場合や誰が割ったのかがわからない場合でも、適用できる保険が数多くあります。

車両保険は数多くの保険会社があるので、まずは契約している保険内容を確認してみてください。それでも不安な面がある場合は直接問い合わせてみましょう。

保険を適用させると修理費用などが安くなったり全額免除されたりと助かる面も大きいですが、保険を適用させたことによって等級が下がってしまい、保険の更新後の保険料が高くなってしまうことがあります。

保険を適用させて等級が下がると、保険の更新後からは高くなった保険料を払い続けなければなりません。

ガラスは車の部品の中でも、比較的、自己負担だけで支払える価格な方だと考えると、場合によってはガラスは保険を適用させずに自己負担だけで修理交換などをした方がベストである場合もあります。

最後に

車のガラスが割れてしまったり、キズがついたりしてしまうアクシデントは、いつ、どこで起こるかわかりません。

いざというとき、修理や交換のための費用が支払えないことがないように、保険への加入や保険の見直しは必ず行っておくようにしましょう。

また、等級なども費用に大きく関わってくるので、車のためだけの貯金を今から少しずつ心がけておくと安心です。

ピックアップ記事

関連記事一覧