ASVとは?エーミング作業・フロントガラスの交換について解説

雑学

ASVが搭載されている自動車は、ドライバーの安全と快適を守るための機能が搭載されており、正しく機能を作動させる為にエーミング作業が必要です。

今回の記事では、ASVについての解説とASVに必要なメンテナンス(エーミング作業)についてご紹介していきます。

ASVとは

ASVとは、「先進安全技術自動車」とも言われ、Advance Safety Vehicle(アドバンス・セーフティ・ビークル)の略です。

衝突被害軽減ブレーキ(AEB)」や「ふらつき注意喚起装置」など、運転者の安全をサポートする先進技術が搭載されています。

他にも「車線逸脱警報装置」「車線維持支援制御装置」「車両横滑り時制動力・駆動力制御装置」などの装置の事も指しており、CMなどでよく耳にする「スマートアシスト」がまさしくASVのことなのです。

ASV機能を正常に保つための「エーミング作業」とは

危険・障害を認識する為の機能が正常に作動するように調整・校正をする重要な作業の事を「エーミング作業」と言います。

エーミング作業には、高度な専門知識が必要です。作業を実施する知識だけではなく、専用工具や必須環境に対する知識・技術が求められるため、国土交通省から認証を受けた工場でしか作業を行うことができません。

glassDでは、「相模原店」と「八王子店」がこの認証工場に該当しています。

エーミング作業内容について

近年の自動車は、ドライバーの安全を守るために様々な機能が増えてきています。それに伴ってシステムも複雑化しており、整備作業自体も複雑になっています。

ASV搭載車両に関していえば、飛び石で割れたフロントガラスを交換したり、壊れたバンパーをただ単に取り外して交換するだけでは作業が完了しません。

ASVを搭載している自動車にはカメラや超音波センサーが付いているため、正しい位置に調整し直して設定を行う、という繊細な作業(エーミング作業)が必要になってきます。

エーミング作業に必要な環境

エーミング作業を行うためには、ターゲット(車種やシステムによって異なる)やスキャンツールと呼ばれる外部故障診断機の2つの工具を使って作業を実施する必要があります。

工具を使用する際には、前提として

  • 水平床面
  • 無風
  • 周囲や路面に反射物や光沢物がない明るい環境
  • タイヤ空気圧の調整可能な指定された広さを確保できる場所が必要

これらの条件を揃える必要が出てきます。

つまりこの環境を整えることができれば、エーミング作業を実施する環境が整えられているということになります。

エーミング作業の内容

上記の指定された環境が整えたうえで、

  • 超音波センサーやフレーム修正を伴える板金塗装(レーダー)
  • カメラ搭載のフロントガラスの交換
  • 調音波センサー搭載バンパーを調整、校正

というような作業を行っていきます。
エーミング作業は、技術の繊細さもさることながら、とても手間がかかる作業なのです。

フロントガラス交換とエーミング

フロントガラスは、飛び石などで傷やヒビが入ってしまうと「交換」という形をとって修理を行いますが、ASV搭載車両においては、普通に交換するだけではなく搭載されているカメラの角度調整も行っていきます。

この時は自動車に合ったターゲットを車体の前に設置して、レーザー式の装置を使い車輪の中心や、車輪からターゲットまでの距離を測ります。

また、ここで自動車に合った機械を使用し、車輪情報や測定値を入力してからカメラの調整を行います。正確に人や車線に引かれているラインを検知するための作業となり、説明以上に高い精度の作業になります。

フロントガラスの交換だけでも、これだけの作業が必要であり、専門的な知識や技術が必須であることは明白です。

エーミング作業の重要性

事故に遭った自動車の場合、フレームや足回りの歪みなどが起きて目に見えないダメージを与える事があります。見た目だけを綺麗にするような単純な修理をされると、事故を未然に防ぎドライバーの安全を守るためのカメラやセンサーが、誤作動を招いて、事故に繋がる事もあり得ます。

エーミング作業は「業者へ依頼」が鉄則…だが?

エーミング作業は高精度な作業であるため、自分で作業をするという方法は現実的ではありません。

フロントガラスの修理や交換を含めたエーミング作業は、ディーラーやガラス専門店に依頼する事も出来ますが、ディーラーはガラス交換が、ガラス専門店はエーミング作業が外部委託となっているのが主流です。

その結果、知らず知らずの内に費用が高くなったり、修理期間が必要以上にかかったりと外部に委託する分のデメリットが出てきます。

ガラス交換からエーミング作業まで、一括で依頼を出せるglassD

月に400台以上の規模でガラスに関する施工を請け負う実績のあるglassDでは、単なるフロントガラスの交換だけではなく、ASV車に必要なエーミング作業も自社で対応し、作業を行っています。(※相模原店・八王子店のみ。)

全車種に対応している訳ではありませんが、国内主要4メーカーに対応しており、事前予約の際に対応車種か確認すれば、スムーズに修理を行うことができます。

外部委託はメンテナンスコストを増やす1つの要因で、作業期間も増えてしまいます。

しかしglassDに依頼すれば、自社で「エーミング作業」「フロントガラスの交換」を実施しているので、最短かつ費用を抑えての実施が可能です。

もしASV車を愛用しているのであれば、修理の際に必要となるエーミング作業と、それをローコストで実施可能なglassDをぜひ利用してみてください。

ピックアップ記事

関連記事一覧