• HOME
  • Glass Style
  • 雑学
  • ペットを車に乗せる前におさえておきたい注意点とペット用おすすめカー用品

ペットを車に乗せる前におさえておきたい注意点とペット用おすすめカー用品

雑学

犬や猫は私達にとって、家族同様の存在です。ドライブに連れていったり、引っ越しなどで車に乗せたりする機会も多いのではないでしょうか。

犬や猫と長時間のドライブをする際は、いくつかの注意点があります。

今回はペットと一緒に車に乗る際の注意点と、それに対応したペット用のカー用品を紹介します。

おすすめの犬用カー用品

ドライブボックス(5,880円~)

6kgまでのワンちゃんがすっぽりと収まるドライブボックスです。クッションとシートベルトが付いており、ワンちゃんにとって居心地の良いソファーです。

運転席と助手席の間に備え付けることができ、運転中でもワンちゃんの様子が確認できます。

水分補給用グッズ

・ポータブル給水器 Aqua Dog(698円~)…ワンちゃん用の水筒で、上部が皿になっています。下の本体を握ることで、水が湧き出てきます。

・ペットスウェット(334円~)…ワンちゃん用の経口補水液です。夏のドライブには、特にかかせません。

愛犬用アイスノン(1,189円)

熱中症対策用グッズとして、犬用のアイスノンも持っておきましょう。冷凍庫で3時間ほど冷やすと、約3~5時間ほど冷たさが持続します。運転時間に合わせて、クーラーボックスに2~3個常備しておくとベストです。

The Little Dog Starの犬用スロープ(16,500円~)

車の乗り降りを繰り返すと、四肢や股関節への負担がかかり、脱臼などの怪我に繋がります。小型犬の場合は抱っこできますが、中型犬や大型犬の場合は、スロープを使って四股や股関節の負担を防ぎましょう。

The Little Dog Starの犬用スロープは、80kgの体重まで耐えることができます。

おすすめの猫用カー用品

EgrItaly ペットチューブ(20,253円~)

基本的に、車内で猫を放し飼いにするのはやめましょう。急ブレーキを踏んだときに、怪我をしてしまう危険があるからです。運転中、猫はケージの中に入れておくようにしてください。

EgrItalyのペットチューブは円筒型のケージです。ファスナーによってサイズを調整できるほか、シートベルトに装着もできるので、万が一急ブレーキを踏んでも安全性が守られます。

水分補給用グッズ・にゃんマグ(2,200円~)

天然希土類元素の成分を含んだ鉱物と、バイオセラミックスを焼成して造った人工機能石でできています。これにより、時間をおくほど水がおいしくなり、ケージの中に水を入れっぱなしにしておいても安心です。

防水トイレ・sturdiサンドボックス(2,285円)

長時間ドライブをする際に、猫の場合は車内にトイレを常備しておきましょう。「sturdiサンドボックス」は、防水加工されており、猫のオシッコがシートなどに漏れる心配もありません。

汚れたときも水で丸洗いするだけでメンテナンスができます。

PUPTECK ハーネスリード(999円)

休憩中にケージから猫を出してドアを開けてしまうと、猫が飛び出して行方不明になる可能性があります。休憩中はリードに繋いでおくようにしましょう。

PUPTECK ハーネスリードは、ハーネスでしっかりと猫を固定することができます。サイズ調節が可能で、初めて着る猫ちゃんでも馴染みやすいのが特徴です。

酔い止め薬・トーラスカーロップ(880円~)

先述でも触れましたが、犬や猫も車酔いをすることがあります。特に初めて長時間ドライブをする際は、車に乗せる前に酔い止め薬を与えておきましょう。

トーラスカーロップは犬猫両用です。出発の30分くらい前に与えてください。ハーブの成分が入っており、気持ちをリラックスさせてくれます。

ペットと長時間ドライブをするときの注意点

休憩と水分補給はこまめにとる

長時間ドライブするときは、必ず1~2時間ごとに休憩をとるようにしてください。人間と同様に、犬や猫も車酔いをします。

また、ドライブ中は直射日光や車内の乾燥などにより、犬や猫が熱中症を起こす可能性があります。犬・猫ともに毛で覆われており、車内での体温調整は難しいのです。休憩と合わせて水分補給もこまめに行ってください。

猫との長時間ドライブは基本NG

「犬は人につき、猫は家につく」と言われるように、猫にとって車の移動はストレスでしかありません。引っ越しや帰省など、やむを得ないとき以外は猫との長時間ドライブを避けるようにしてください。

最後に

今回は、犬や猫とのドライブ時の注意点と、おすすめのカー用品について解説しました。基本的には、水分補給と休憩をこまめにとることを心掛けてあげましょう。

かかりつけの獣医師さんがいれば、ドライブする際の注意点について相談してみましょう。より安心してペットとのお出かけができるよう、様々なグッズを揃えてあげてください。

ピックアップ記事

関連記事一覧