免許証番号12桁の数字の意味…あなたはどれくらい把握している?

雑学

運転免許証は、個人を特定する上で重要な情報が記載されています。名前・生年月日・住所はもちろん、12桁の数字や5桁の数字が目につく人もいるでしょう。

実はこれらの数字は、ランダムに数字を決めているわけではなく、例えばいつ・どこの都道府県で免許証を取得したのかが分かります。

今回は意外と知らない、免許証番号12桁の数字の意味について解説します。

免許証の数字12桁に含まれる意味

免許証の数字12桁は5種類に分かれており、意味は以下の通りです。

  • 1…地域別の公安委員会番号
  • 2…免許証を取得した年
  • 3…公安委員会の管理番号
  • 4…チェックディジット
  • 5…再交付回数

詳しい内容については、次項で解説します。

地域別の公安委員会番号

12桁の数字の左から1〜2桁の数字は、初めて免許証の交付を受けた公安委員会の地域を表します。

地域によって以下のように、番号が振り分けられているので参考にしてください。

【公安委員会番号・各地域一覧】

北海道北海道10・函館11・旭川12・釧路13・北見14
東北青森20・岩手21・宮城22・秋田23・山形24・福島25
関東甲信越東京30・茨城40・栃木41・群馬42・埼玉43・千葉44・神奈川45・新潟46・山梨47・長野48・静岡49
北陸・中部富山50・石川51・福井52・岐阜53・愛知54・三重55
関西滋賀60・京都61・大阪62・兵庫63・奈良64・和歌山65
中国鳥取70・島根71・岡山72・広島73・山口74
四国徳島80・香川81・愛媛82・高知83
九州・沖縄福岡90・佐賀91・長崎92・熊本93・大分94・宮崎95・鹿児島96・沖縄97

この番号は、国内で最初に取得した番号です。その後、引っ越し等で住所変更をして免許を更新しても、番号は変わりません。

例えば、学生時代に愛知で免許を取得して、その後 就職等で東京へ引っ越しても番号は「54」のままです。

ちなみに海外で免許を取得した場合は、国内免許へと初めて切り替えたときの、地域の公安委員会の番号となります。

例えば、海外で免許を取得した後に、東京に転居した場合は「30」です。

免許証を取得した年

左から3〜4番目の2桁の数字は、最初に運転免許証の交付を受けた年(西暦)の下2桁です。例えば「20」なら2020年で、「95」なら1995年に免許を取得したことになります。

つまり、左からの4桁が「6210」であれば、『大阪で2010年に免許証を取得した』ということが分かります。

公安委員会の管理番号

左から5〜10番目の6桁の数字は、各都道府県の公安委員会が独自に決めている管理番号です。各都道府県によって番号を決める基準が違い、その意味は非公開となります。

赤い網掛け部分が5〜8番目の数字だけありますが、これは「ここから管理番号」と、数字を読みやすくするためのものです。

チェックディジット

右から2番目の数字は「チェックディジット」と言い、入力ミスなど数字に誤りがないかチェックするための番号です。

目的は免許証の偽造を見抜くためのもので、複雑な計算式で算出しています。これは、バーコード・金融機関の口座番号・クレジットカード等にも使用されており、免許証を再発行してもこの数字は変わりません。

再交付回数

一番右の数字は、紛失・盗難などにより免許証を再交付した回数です。最初は「0」ですが、再交付をするたびに「1」「2」と数字が増えます。

ただし、これはあくまでも紛失・盗難による再発行の回数です。破損や汚れなどによる再交付の場合は、内容が確認できればこの数字が変わることはありません。

交付日の横にある数字の意味

交付の年月日の右横に、5桁の番号があります。

https://glass-d.com/glassstyle/trivia/5333/ これは、免許証を交付した日の照会番号です。

  • 交付した免許センターや警察署の番号
  • 即日交付や後日交付などの区分
  • その日に交付された免許の通し番号

以上のように、この照会番号には色んな情報が含まれています。これは管理番号と同様に、各地域の公安委員会ごとで番号の割り振りの基準が異なります。

免許証だけで過去の交通違反歴は分かる?

紹介した通り、免許証の数字には色んな情報が含まれています。そこで、運転免許証を見ただけで、過去の交通違反歴が詳しく分かるのか気になる人もいるでしょう。

結論から言えば、運転免許証を見ただけでは、詳しい過去の交通違反歴は分かりません。理由は以下の通りになります。

  • 免許証の更新は3〜5年なので、最大5年間は交通違反歴が分からない場合があるため。
  • 免許証の数字は「再交付」以外は基本的に変わることがないため。

ただし、運転免許証や交通違反・事故に関する記録は「自動車安全運転センター」が管理しています。

書面で申請すれば「運転経歴に関する各種証明書」を送ってもらうことが可能です。自分の違反点数の状況が気になる人は「累積点数等証明書」を送ってもらえるので、問い合わせてみると良いでしょう。

自動車安全運転センター

最後に

今回は免許証の12桁の数字や、交付日の横にある数字の意味について解説しました。意外と色んな意味があることを、分かっていただけたと思います。

免許証をお持ちの人は、免許証を取得した地域や年が合っているか、今回の記事と合わせて確認してみるのも面白いでしょう。

また、免許証の色には「ゴールド」「ブルー」「グリーン」があり、各カラーによって意味合いが変わります。

以下の記事では、ゴールド免許について詳しく解説しています。今回紹介した番号の意味と合わせて、ぜひ各カラーについても参考にしてください。

ピックアップ記事

関連記事一覧