電気自動車(EV)の種類は?HV・PHV・FCVの違いと特徴

雑学

地球温暖化などの環境問題により、CO2(二酸化炭素)を排出しない電気自動車の普及が急速に求められています。

ヨーロッパでは2035年以降、ガソリン車の販売が禁止になり、日本でもトヨタが2035年までの脱炭素化を目指しています。

自動車メーカーがガソリン車の製造をやめれば、私達も電気自動車を購入するのは必然の流れです。

2035年はまだ先のように思えるかもしれませんが、将来に向けて今から電気自動車の知識を身に付けておきましょう。

電気自動車の種類は4タイプ

2022年現在、電気自動車の種類は主に以下の4タイプです。

  • EV(電気自動車)
  • HV(ハイブリッド車)
  • PHV(プラグインハイブリッド車)
  • FCV(燃料電池自動車) 

各タイプの特徴について簡潔に解説していきましょう。

EV(電気自動車)

EVとは「Electric Vehicle(エレクトリック・ビークル)」の略で、日本では「電気自動車」と呼ばれています。EVの特徴は以下の通りです。

【EVの特徴】

  • 電気をエネルギーにして、モーターを駆動させることで走行する
  • 100%電気で走行するため、ガソリンは給油しない
  • ガソリンで走行しないので、CO2の排出はゼロ
  • 公共用の充電スタンド、または家庭用コンセントを利用して充電する
  • 急速充電が可能な公共用のスタンドの場合は、最速30分で充電が完了する
  • 充電に時間がかかり、現段階では長距離運転が難しい

HV(ハイブリッド車)

HVとは「Hybrid Vehicle(ハイブリッド・ビークル)」の略で、日本では「ハイブリッド車」と呼ばれています。HVの特徴は、以下の通りです。

【HVの特徴】

  • 2つの動力(エンジンと電気モーター)を搭載している
  • エンジンと電気モーターを効率的に使い分けて、低燃費を実現している
  • 走行中の動力や、制動時のブレーキを使い上手に発電する
  • EVのように充電を行わず、給油が必要になり燃料費が高い

PHV(プラグインハイブリッド車

PHVとは「Plug-in Hybrid Vehicle(プラグイン・ハイブリッド・ビークル)」の略で、日本では「プラグインハイブリッド車」と呼ばれています。略称はPHEVと言う場合もあります。PHVの特徴は以下の通りです。

【PHVの特徴】

  • EVとHVの特長を兼ね備えた良いとこ取りの車
  • EVの弱点だった長距離運転も、エンジンが搭載されているので問題ない
  • バッテリーに電力がある場合はモーターが駆動して、電力が少ないとエンジン併用のHVとして走行する
  • ガソリンで動かすエンジンは走行用ではなく、基本的には発電用になる
  • ガソリンでの走行は可能だが、基本的には公共用のスタンドや家庭用コンセントから充電した電気で走行する

FCV(燃料電池自動車)

FCVは「Fuel Cell Vehicle(フューエル・セル・ビークル)」の略で、日本では「燃料電池自動車」と呼ばれています。上記の3種類の自動車と比べると構造が特殊です。FCVの特徴は以下の通りになります。

【FCVの特徴】

  • EVと同じで、CO2の排出はゼロ
  • 燃料が水素だから、排出されるのは水のみ
  • 専用の水素ステーションから補充した水素を使って、自家発電した電気をエネルギー源として走行する
  • ガソリン車やHVに比べると、値段が2〜3倍程度になる

完全に電動なのは「EV」のみ

電気自動車の種類はいくつかありますが、その中で完全に電動なのは「EV」のみです。ヨーロッパでは、EVのインフラ整備が進んでいます。

例えばイギリスでは2021年に、新築の住宅や商業施設などにEVの充電スタンドの設置を義務付ける方針を発表しました。

HVやPHVはガソリンを必要とするため、世界的な普及は伸びない可能性が高いです。

トヨタが力を入れる「FCEV」

FCVについては、トヨタがさらに進化したFCEV(水素そのものを車両に搭載して走行する車)、つまり「水素エンジン」の開発に力を入れています。

トヨタは2021年に「WOVEN CITY(ウーブン・シティ)」を、静岡県の街に作り始めました。

そして、FCEVの燃料となる水素ステーションを、ウーブン・シティをはじめ全国に設置する計画が進んでいます。

まだまだ不透明な部分が多く断言はできませんが、日本ではEVかFCEVが将来的に普及する可能性はあるでしょう。

引用:https://toyota.jp/pages/contents/mirai/001_p_001/pdf/station/station_list_201509_2.pdf

(トヨタ:ウーブン・シティ)

引用:https://toyota.jp/pages/contents/mirai/001_p_001/pdf/station/station_list_201509_2.pdf

(トヨタ:水素ステーション開所予定)

電気自動車を購入すると国から補助金が出る

電気自動車を購入する場合は、国から補助金が出ます。

「令和3年度補正予算クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金」では、補助金の概要は以下の通りです。

【電気自動車の補助金(上限額)】

  • 電気自動車:上限65万円
  • 軽電気自動車:上限45万円
  • プラグインハイブリッド車:上限45万円
  • 燃料電池自動車:上限230万円
  • 超小型モビリティ:定額25万円(個人)、定額35万円(サービスユース)

経済産業省:https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/automobile/cev/cevr3/cevinfrastructure.html

補助金の支給には期限があります。年数が経過すると補助金の額が変化したり、補助金自体がなくなったりするかもしれません。

インフラ整備にはまだまだ課題がありますが、国も積極的にEVの導入を促しています。

補助金が出る機会に、将来を見据えて電気自動車を購入するのも良いでしょう。

最後に

世界的なEVの普及を見ると、日本でも近い将来 ガソリン車はなくなるかもしれません。近年では「SDGs(持続可能な開発目標)」も叫ばれているので、CO2を排出しないEVは普及するでしょう。

また、「ASV(先進安全自動車)」の開発も進んでおり、2030年にも完全自動運転の車が誕生する、とも言われています。

電気自動車やASVを含めて、車の未来について考えてみるのも良いのではないでしょうか。

ピックアップ記事

関連記事一覧