夏なのにサイドガラスの外側が曇る!?○○をすれば解決!

冬場に車に乗っているとガラスが曇ることは多々あると思います。

しかし、夏場に車のガラスが曇る経験をした方も少なくはないでしょう。特に雨の日に曇ることが多くなるのではないでしょうか。

今回の記事では、夏場なのにサイドガラスが曇ってしまう原因と対処方法について解説していきます!

夏なのにサイドガラスの外側が曇るのは「気温差」

夏場であるにもかかわらずサイドガラスの外側が曇ってしまう原因は、車内が冷えすぎているからです。

基本的に、室内と外の気温差が激しいとガラスは曇りやすくなります。

夏の、特に雨の日の場合、外は湿度が高く、車内はエアコンの風で冷やしすぎて乾いた風が流れます。

雨の日にガラスが曇りやすいのは、外の湿度が上がるからです。

例えば、冷たい飲み物を入れた時に、グラスの外側に水滴が付く現象が起きますよね。理屈としてはこれと同じことが起きているのです。

夏場のガラスが曇るのは、外の気温と湿度が高く、車内の気温と湿度が低い状態にあります。]

空気中には沢山の水分があって、通常はこれが空気の中に溶けていますが、湿気は自然と冷たい物質に集まるようになります。

つまり、外の湿度が冷たいガラスに集まり、ガラスの外側が曇るようになるのです。

では、どう対処すれば良いのか、次の項目で詳しく解説していきます。

対処方法

まず、夏の雨の日に起きるのは「ガラスの外側の曇り」です。運転中にこの状態になると、なかなか厄介です。

フロントガラスであれば、ワイパーやウォッシャー液で簡単に落とすことが出来ます。

しかしサイドミラーの場合、なかなかそうは行きません。沢山の車が通っている道路で止まるのはなかなか難しいですよね。

では、運転中でも出来る曇り対策からご紹介していきます。

外気との温度をできるだけ近くする

まずは、エアコンの冷房を止める、もしくは窓を開けて外気を取り入れるという方法をとってみてください。前述でも触れましたが、ガラスが曇る原因は「気温差」です。

少しの距離の運転や、ある程度スピードを出す場合は、暑さを我慢してエアコンを完全にオフにした方が効率よく曇りをとることができます。ただし熱中症などには充分注意してください。

長距離運転で暑さに耐えられない場合、サイドガラスが曇ってきたらエアコンを消す→曇りがなくなったらまた点けるという工程を繰り返してください。

曇りを無くすために、体調を崩してしまったら、それこそ本末転倒です。自分の体調をよく確かめながらバランス良くエアコンの点け・止めをしていきましょう。

ただし、いつ曇ってもおかしくないので、スピードは出来るだけ抑えめで運転してください。

車を降りて拭き取るなど、物理的な対処をとる

もしも、急ぐ必要がなく、コンビニやスーパーなどの駐車場に泊まる余裕があれば、車を降りてタオルで物理的に拭き取った方が良いでしょう。

しかし、拭き取っても拭き取っても、エアコンを点けて運転していると、再びガラスは曇ってきます。なので、ダッシュボードの中には、常にタオルや曇り止め防止洗剤などを入れておいてください。

ガラスの外側に使うのであれば、撥水効果のあるリキッドタイプのものがおススメです。

ただし、撥水効果のあるものはフロントガラスの内側に使うのは遠慮した方が良いので、カー用品店で購入する際は店員さんに相談してみてください。

最後に

いかがでしたでしょうか。運転中にガラスが曇ってくると、特に運転に慣れていない初心者の方は焦ると思います。

また、高速道路や車が沢山通る国道ですと、視界が悪く焦る可能性があるので、今回 紹介した知識はぜひ覚えておくようにしてくださいね。

【今回のポイント】

  1. フロントガラスが曇った時→ワイパーやウォッシャー液で曇りを拭き取る。
  2. サイドガラスが曇った時→エアコンの冷房を止めるor窓を開けて外気を取り入れる。
  3. 車を停める余裕があれば、窓を拭く。

ピックアップ記事

関連記事一覧