車の猫対策はどのようにすべき?足跡やマーキングなど、猫対策について解説します

トラブル

野良猫が自由気ままに自分の家に侵入してきて、困ってしまった経験のある人もいるのではないでしょうか。

車で言えば、ボンネットの上に乗ってなかなかどかなかったり、排泄物をしてガラスやボディを汚したり…。

猫が好きで気にしていない人も多いかもしれませんが、車がダメージを受けていることは否めません。

野良猫がもたらす車への影響

猫は高いところに登るのが好きですよね。塀のうえや屋根の上などで日向ぼっこをよくしているのを見かけます。

実は猫にとって、車も休憩場所のひとつであるようです。車のボンネットや屋根は平らなため猫にとって休みやすく、寒い時には暖をとる意味で、日当たりの良い車の上で寝ていることもあります。

足跡

車の上で猫が寝ている光景は一見微笑ましいです。しかし、野良猫は外を走り回っているので、足の裏には泥だけでなく細菌などもたくさん潜んでいます。衛生上あまり良いとは言えません。

マーキング

猫は縄張り意識が非常に高い生き物なので、自分のテリトリーにはおしっこでマーキングする習性があります。車も例外ではなく、猫のマーキングは臭いが落ちにくいため、本格的に洗車しなければいけないのです。

引っ掻きキズ

猫には爪とぎの習性があり、その習性によって愛車のタイヤをキズ付けてしまうケースがあります。

猫は、滑りにくく引っかかりの良い物で爪とぎをする傾向があります。

車のタイヤ周りやバンパー周辺は、猫にとってベストな高さです。そのため、滑りにくく丈夫なゴムタイヤは、猫の爪とぎにはちょうど良い場所なのです。頑丈なゴムタイヤでも、何度も爪を立てられるとキズが付き、摩耗してしまいます。

エンジンルームなどへの進入

猫にとって車は暖をとる場所でもあります。日差しの良いボンネットのほか、狭い場所を好む猫にとって、暖をとれるエンジンルームは格好の場所です。

猫がエンジンルームにいたままエンジンをかけてしまうと、猫が怪我をしてしまったり命を落としてしまう危険性が高いです。

ハンドルやブレーキの作動を妨げるケースも見られ、車の故障にも繋がり、気付かず走行してしまうと大事故につながってしまう恐れもあります。

野良猫の対策方法

野良猫が愛車に悪影響を及ぼしたり迷惑をかけられているとはいえ、猫も生き物です。水をかけたり音や物で過激に脅したりせず、猫の興味を逸らしてあげたり、できるだけ穏やかに対処しましょう。

猫除けのための音波発信器を使う

最初にオススメしたいのが、猫除け用の音波発信器です。

センサーで猫の存在を把握し、動きに合わせて不快な音波を発信します。それにより猫を傷つけることなく、愛車から遠ざけることができます。この音波は、人間には感知することができず、人体に影響はないので安全です。

老齢で目や耳が悪い猫もいるので、音と光が同時に出るものが良いところです。設置の手間もなく、コスパにも優れているのが魅力的な点でもあります。

車をカバーで覆う

車にカバーをかけることで猫が乗らなくなり、もし乗ってしまっても車にキズが付くことを防ぐことができます。本来は雨風から車を守るためのものなので、普段からカバーをかける習慣をつけておくことで、猫を含めた色んなものから車を守流ことができます。

通勤などで毎日のように車を運転する場合は手間になってしまうかもしれませんが、用事があるときにしか運転しないなど、車を使う頻度が比較的低い場合にはオススメの猫対策です。

ボンネットを叩く(猫ばんばん)

エンジンルームに侵入した猫を外へ逃すのに最適な方法です。猫は大きな音に敏感なので、ボンネットを叩く金属音は効果的です。

いつもボンネットで寝ている猫が見当たらないときや、特に冬場などは、もしかしたらエンジンルームに猫が隠れているかもしれません。

エンジンルームを確認し、猫がいたらボンネットを叩いて外へ逃してあげるようにしてください。車の故障や、猫の命を奪う危険性を防げます。

まとめ

今回は、車の猫対策と影響について解説しました。

ペットで人気の猫は、今や人間と共に生きる存在です。

とはいえ、愛車にキズが付くのは悲しいので、あまり過激にならないように注意しながら、猫が車に近付かないようにしたり、追い出したりするようにしてくださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧