車に傷がついた時の対処法と傷消し剤の選び方・使い方について紹介

トラブル

車は運転すればするほど、傷がつくリスクが自然と高くなります。

通勤、旅行、帰省、気分転換の長距離ドライブ…便利な移動手段なだけに、運転するシーンが増えるのは必然です。

車好きの人はもちろん、家族のためにお金をかけて購入した愛車に、傷がつくのは良い気分ではありませんよね。洗車と同時に傷のケアをすることで、車をキレイな状態で運転することができます。

今回は、自分でできる車の傷消しの手順などについて、詳しく解説します。

車の傷が浅ければ自分で傷消しできる?

車の傷が深くなければ、市販の傷消し剤を使って、自分で傷消しすることができます。自分で傷消しをするメリットは、以下の通りです。

  • 費用をかけずに傷を消すことができる。
  • こまめに傷消しをすることで愛車をキレイな状態で維持できる。
  • ボディーの撥水、水垢除去などの効果も期待できる

車は、事故以外にも飛び石や悪天候などの影響で、細かい傷ができたり塗装が剥がれたりします。小さな傷が蓄積すれば、車の見た目も悪くなります。

運転する機会が多い人ほど、洗車と合わせてこまめに傷消しをしましょう。 

傷消し剤の種類と特徴

市販の傷消し剤には、「ワックス」「コンパウンド」「スプレー」「ペンタイプ」「クロス」「パテ」「シール」のタイプがあります。

以下の表が、傷消し剤の種類・使いたい場面・特徴です。

どれも、カー用品店やネット通販で、500~2,000円程度で購入することができます。

傷消し剤を使うときは、しっかり説明書を読み、使用方法を確認してください。また、傷の状況によっては小さくても修理できない場合があります。

ここでは比較的手軽にできる傷けしを2通り紹介します。

車の傷消しの手順について

「飛び石などで、知らぬ間にボディーに細かい傷がついた、塗装が剥げていた。」

「ボディの表面に知らない間にこすったような傷が付いていた。」

自分で傷を補修する場合は、以上のようなケースだと思います。

次の項目で、傷消し剤の使い方の具体例を挙げていくので、参考にしてくださいね。

ちょっとした細かい傷がついた場合

用意するもの

  • 水の入ったバケツ
  • タオル
  • コンパウンド3種類(粒子が粗いタイプ、粒子が細かいタイプ、液体タイプ)
  • スポンジ×3

傷消しの手順

  1. タオルを濡らして、傷のついた部分を水洗いする。
  2. コンパウンドとスポンジを使って、傷に沿って優しく真っすぐ磨いていく。
  3. 傷が薄くなってきたら、粒子が細かいコンパウンドと、新しいスポンジで同じように磨いていく。
  4. スポンジを新しくして、液体のコンパウンドで仕上げていく。

違うコンパウンドを使うときは、スポンジを新しくするようにしてください。同じスポンジを使うと、粗い研磨剤と細かい研磨剤が混ざってしまうので、注意が必要です。

コンパウンドとスポンジを使い分けることで、車のボディーにもツヤが出てきます。

ボディの塗装が一部分が剥がれてしまった場合

用意する物

  • 水の入ったバケツ
  • タオル
  • シリコンオフ
  • マスキングテープ
  • タッチペン(ボディーのカラーと同じもの)

傷消しの手順

  1. 水洗い・シリコンオフで、車についた油分を取り除く。
  2. 補修したい傷に沿って、マスキングテープを貼る。
  3. 点々を打つように、タッチペンで丁寧に傷ついた部分を塗る。
  4. 塗り終わったら乾燥させ、再度塗り乾燥するを繰り返し、ボディーよりもタッチペンの塗料が盛り上がった状態にする。
  5. マスキングテープを剥がして、完全に乾くまで自然乾燥させる。

これで傷の補修は終わります。もっと完成度を上げたい場合は、塗料してから一週間後くらいに、盛り上がった部分を耐水ペーパーで丁寧に研磨していきましょう。

自力で落とせない場合はプロに相談を

蓄積された細かい傷、塗装の剥がれや凹み傷などは、自分で補修することができます。

しかし、大きくて深い傷や、事故などによる損傷の場合は、ディーラーや専門店で板金・塗装をしてもらう必要があります。

どう見ても自力で直せない場合、自分で補修したけど傷が消えない場合は、プロに相談してください。

お近くのディーラーや専門店に相談して、無料で見積もりをもらいましょう。複数のお店に相談して、料金と費用対効果を比べるのがポイントです。

最後に

定期的に傷消しの補修を行うを避けたい場合は、ボディーコーティングをするのがおすすめです。ボディーコーティングには、以下のメリットがあります。

  • 汚れや細かい傷がつきにくくなる。
  • 水洗いだけで済むようになり、洗車が楽になる。
  • 新車のようなツヤや輝きが持続する。
  • 場合によっては、一年に一回の補修でOK。

ボディーコーティングは自分でもできますが、プロにお任せした方が完成度は上がります。愛車をいつまでもキレイな状態にするために、ボディーコーティングを検討してみましょう。

Ducksでもボディーコーティング施工をしているので、気軽に問い合わせてみてください。

https://glass-d.com/coating/

(ボディーコーティングは岡山、鳥取、島根の店舗のみの対応となります)

ピックアップ記事

関連記事一覧