フロントガラスの「クールベール」とは?特長や魅力を解説します!

アイテム・ツール

太陽の日差しが最も強い真夏日、いざ運転しようと車に乗るとハンドルが高温になりすぎていたり、ちゃんと日焼け止めを塗ったのにも関わらず日焼けしてしまったりした経験はないでしょうか?

フロントガラスを従来のものから「クールベール」に変えるだけで、その経験を繰り返さずに済むかもしれません。

今回は、運転の快適性をぐんとあげてくれる「クールベール」というフロントガラスについてご紹介していきます!

クールベールとは

クールベールガラスとは、AGC旭硝子のガラス製品で、フロントガラス用に製造されています。ガラスの上部に色が付いているのが特徴です。

使われているのは青色(ブルー)で、これは日中の日差しや西陽などの眩しさを軽減してくれる効果があります。

クールベールの特徴

フロントガラスには合わせガラスを使用することが義務付けられていますが、クールベールは、このガラスとガラスの間に特殊な樹脂を使用しています。この樹脂によって紫外線を大幅にカットすることができているのです。

フロントガラスを「クールベール」にする利点はたくさんある

クールベールの利点としては、

  • 日焼けやシミの原因になる紫外線(UV)をカットしてくれる
  • 赤外線(IR)の波長領域もカットしてくれる
  • 肌に感じるジリジリ感が少ない
  • 断熱効果があるため、エアコンの効率が上がる
  • 物によっては純正ガラスが手に入らない旧車にも対応している
  • 国内外問わず幅広く展開しているAGC旭硝子の製品
  • 純正ガラスとほぼ同価格帯
  • 補償サービスがある
  • 車両運送法を遵守した製造方法でつくられているため、車検には通る

など様々な魅力が挙げられます。

また、

  • 肌のシワたるみの原因になる「UVA」
  • シミそばかすの原因になる「UVB」

これらが大幅にカットされるため、肌トラブルの心配もしなくて済みます。

巡り巡って燃費もよくなるため、ガソリンの消費も抑えられ、エコな運転にも繋がっていくのです。

最後に

クールベールは、紫外線も赤外線もカットしてくれる高性能ガラスです。急激な車内温度の上昇を軽減してくれたり、車内での熱中症対策としても役に立ってくれたりします。

また、運送車両法に則った方法と規格で製造されている製品なので、安心・安全に使用することができます。保険にも対応しており、ガラス交換の際に純正品からクールベールにすることもできるのです。

ガラス交換を検討するとき、クールベールを選択肢の一つにするのは賢い手かもしれませんね。

ピックアップ記事

関連記事一覧