フロントガラスに付着した水垢(ウロコ)の除去方法・効果的な落とし方

メンテナンス

フロントガラスの汚れの中でも特に頑固なものが、水垢、通称「ウロコ」と呼ばれるものです。

水垢(ウロコ)は、フロントガラスにこびり付いてしまうと、力強く磨いたとしても完全に除去する事はできません。

かといって放置してしまうと、水垢やウロコ汚れなどは走行時の視界を妨げるため、安全な運転に支障が出ます。

市販のクリーナーでもある程度は落とすことができますが、本格的に綺麗にするには、専門店のプロに任せるのが確実です。

今回はフロントガラスに付着する水垢・ウロコ汚れについて、原因と除去方法を解説していきます。

フロントガラスに付着する水垢とは?

フロントガラスに付着した白い模様の様な塊が「水垢」です。

特に、晴れた日、光に反射してフロントガラスやサイドガラスに白っぽくざらざらとしたシミのようなものが見えることはないでしょうか。

そのような見た目から、通称「ウロコ」とも呼ばれています。

水垢やウロコは固形化した汚れなので、軽く洗車しただけでは除去する事ができません。

水垢・ウロコの原因

水垢のイメージ

水垢・ウロコの原因は、雨水や水道水に含まれる炭酸カルシウム、カルキやケイ素などの不純物や、カーワックスやコーティング剤の油分が原因です。

これらの不純物が日光や、エンジン熱によって水分が蒸発し、ガラスやボディに残ったまま硬化してしまった状態です。

放置しておくと、更に厚みを増し、洗車程度では落ちなくなってしまうので定期的なメンテナンスが重要です。

水垢・ウロコの除去方法

水垢・ウロコを除去する場合、雑巾やマイクロファイバータオルなどに水を含ませて力いっぱい磨いたとしても、綺麗に除去する事は難しいです。

付着したばかりの軽度な汚れは、油膜とり用のカーシャンプーを使用すれば洗車程度で落すことができます。

しかし、硬化してしまった頑固な水垢は、研磨して削り落とすか、溶かして落とす方法でないと除去する事はできません。

こびりついた頑固な水垢は、洗車では除去できなくなってしまっていることもあります。その場合には、専用の洗剤や専門業者のクリーニングが必要になります。

自分自身で除去する

自身で除去する方法は、主に以下の2つの方法です。

  • クエン酸やお酢を用いた除去方法
  • 市販の水垢用クリーナを使用した除去方法

それぞれの方法について詳しく解説していきます。

◆ クエン酸やお酢で浮かして落とす方法

クエン酸は、水に溶かすと酸性の性質をもつようになります。

クエン酸を使用することで、水垢に含まれるアルカリ性のミネラルを中和させて落としやすくします。

また、炭酸カルシウムも酸で溶かすことができるので、相乗効果でさらに落ちやすくなるのです。ちなみにお酢でも代用が可能なので、ぜひ試してみてください。

クエン酸で水垢を落とす手順

  1. クエン酸を水に溶かす
  2. 1. をキッチンペーパーに浸す
  3. 水垢が付着している部分に貼り付ける
  4. 汚れ具合によって10~20分放置する
  5. 雑巾やスポンジで汚れを拭き取る

クエン酸や酢を使う場合は、自動車ガラス以外の部分に付着しないように注意しましょう。

ボディに付着すると塗装を痛めてしまう可能性がありますので、マスキングテープ等を使用すると良いでしょう。

◆ 市販の水垢用クリーナーを使う

洗車やクエン酸などを使用しても除去しきれなかった水垢には、市販されている水垢用の専用クリーナーを使ってみましょう。

商品名ウィンドウケア ガラスリフレッシュ
価格873円*1
特徴 ・トリプル研磨粒子が頑固な油膜からウォータースポットまでスッキリ落とす
・ループファイバーパッド採用
除去力
★★★★☆
タイプ液体
成分研磨剤
内容量 80g
付属品ループファイバーパッド

*1…2021年1月現在の価格

市販のクリーナーを使うときの注意点

  • クリーナーの成分をよく確認する
  • コンパウンド(研磨剤)が入っているかどうか確認する
  • たわしなど、硬い素材のものでこすらない

市販のクリーナーを使うときには、クリーナーの成分をよく確認しましょう。特に、コンパウンド(研磨剤)が入っているかどうかはしっかり確かめて下さい。

コンパウンドとは、車のガラスやボディの表面についた傷・汚れを消すために使用される「研磨剤」のことです。

コンパウンド入りのクリーナーは、表面を削って汚れを落とすため、大きな効果が期待できます。しかしその反面、ガラスを傷つけてしまうリスクも高まってしまうのです。

自動車へのダメージを防ぐため、コンパウンドが入っていないクリーナーを試してから、それでも落ちない汚れをコンパウンド入りのクリーナーで落とすようにしましょう。

また、洗剤を使用したあとは、よく洗い流すようにしましょう。

洗剤の成分によっては、ガラスやボディに成分が残っていると、新しい水垢が付着しやすくなったり、残留した成分自体がこびりついてしまう場合があります。

その他、水垢の対策方法はこちらの記事で紹介しています。

プロに依頼する

ここまでで紹介した方法でも除去できない頑固な水垢・ウロコの場合は、自動車ガラスの専門店に依頼して除去してもらいましょう。水垢は汚れの原因によっても落とし方が異なります。

「汚れだと思っていたらキズだった」というケースもあるので、落ち切らない水垢が気になる場合は、メンテナンスも兼ねて専門店に依頼するのがおすすめです。

最後に

フロントガラスに付着してしまう水垢やウロコ汚れは、一見すると簡単に落ちそうですよね。

しかしその実、どれだけ力いっぱい磨いてみても頑固な汚れであるため落ちにくいのが現状なのです。

汚れの状態によっては自力で対処することもできますが、固着してしまっている場合は迷わずプロに相談しましょう。

水垢は空気中に含まれる油分や、雨や水たまりなどの水分なので、完全に防ぐことはできます。もちろんこまめに洗車ができるのがベストではありますが、事前に対策しておくことも可能です。

ピックアップ記事

関連記事一覧