シリコンオフとパーツクリーナーの違いと使い方|油膜は落とすことができる?

メンテナンス

シリコンオフは、車の塗装前やステッカーを貼る前に使用される製品です。

中には、もしかしたら油膜を落とす効果もあるのでは?と、ガラスの油膜除去を目的にシリコンオフを使用する人も多いようです。

結論から言うと、自動車ガラス汚れの代表格である「油膜」をシリコンオフで落とすのは難しいのですが、100%不可能と言い切れるわけでもありません。

そこで今回の記事では、シリコンオフで油膜は本当に落とせるのか?ということから、効果やシリコンオフを油膜落としに使うメリットデメリット、おすすめの使用方法まで、徹底解説していきます!

シリコンオフで油膜は「軽いものなら落ちる」

車に付着する汚れのほとんどは油分を含んでいます。

シリコンオフは「有機溶剤」のことを意味します。

油脂に溶ける性質があり、油分を分解し除去する効果があるので、車のガラスに付着している油膜を落とす目的で使用すること自体は何ら問題ありません。

ただし、本来シリコンオフは油膜を落とすためのものではないので、落とすことができるとしても軽度の油膜と考えておきましょう。

シリコンオフの本来の使用目的は「脱脂」

シリコンオフは、

  • ボディの塗装
  • 補修(メンテナンス)
  • 接着(ステッカーなどのドレスアップ)

このいずれかを行う際に、施工したい箇所の表面から油汚れを取り除くために使用されています。

主に、車のボディの汚れを落としてメンテナンスや塗装・ステッカー貼り付けなどの作業を行いやすくするため下地処理(=脱脂)として多く使用されているのです。

「油膜除去」というよりも、「脱脂」を目的として作られているので、むやみに油膜除去のために使用するのはベストな選択ではありません。

シリコンオフのメリット

自動車ガラスに付着した油分は、水洗いはもちろん、カーシャンプーを使ったとしても、完全に落とし切ることができません。

ですがシリコンオフは、水やカーシャンプーでは洗い流すことのできない油性の汚れも落とすことができます。

シリコンオフを油膜落としに使用するメリットとしては、「水やカーシャンプーでは落とせない油汚れを落とすことができる」という点ですが、やはりデメリットのほうが多くなってしまいます。

シリコンオフのデメリット

シリコンオフを油膜落としのために使おうとすると、

  • ボディに付着してしまうと、ワックス等のコーティングが落ちてしまう
  • 拭きムラができやすく、ワイパーのビビりが発生しやすくなる

などのデメリットがでてきます。

シリコンオフだけで無理に油膜を落とそうとすると、ワイパーなど他の部分にも悪影響が出てしまうので注意しましょう。

シリコンオフの使用方法

シリコンオフを使用する際に事前の用意しておくものは以下の3つです。

  • シリコンオフ
  • ウエス(できるだけ柔らかい布)
  • マイクロファイバークロス

手順

1.洗車
汚れを落とす前に水で洗い流し、ガラスの表面上に付着している大きなホコリなどを洗い流します。

2.水分をウエスで全て取り除く
水分が残ってしまっていると脱脂ができなくなってしまうので、水気は十分に取り除いてください。

3.シリコンオフを施す
水分を取り除き、しっかり乾いたら脱脂したい部分を中心にシリコンオフを施します。スプレータイプ・シートタイプ・筆塗りタイプの3種類があるので、使いやすそうなものを選んでください。

4.仕上げにマイクロファイバーで綺麗に拭き取る

シリコンオフを使うときの注意点

シリコンオフを使用する際は、必ず「屋外で」「手袋を着用する」ことを徹底してください。

シリコンオフは有機溶剤のため、揮発性が高く、蒸気が充満した室内で火をつけると引火する恐れがあります。

火を使わなかったり、火気が近くにないとしても、密閉した室内で使用してしまうと人体に危険・悪影響を及ぼす危険性が高いので、十分注意しましょう。

屋外で行う場合でも、真夏日の作業はできるだけ避けるようにしてください。

また、素手で作業をするとシリコンオフの成分によって皮膚上の油脂が分解されてしまいます。作業時は必ず手袋を着用してください。

誤って皮膚についてしまった場合は、流水でよく洗い流すようにしてください。

「シリコンオフ」と「パーツクリーナー」の違い

シリコンオフに似た役割をもつアイテムとして、「パーツクリーナー」が挙げられます。

パーツクリーナーもシリコンオフと同じように油汚れを落とす目的で使用されることが多いので、その点ではシリコンオフと同じ役割を果たすことができるといえます。

シリコンオフとパーツクリーナーとの違いは、ずばり「使用する対象物」の違いです。

  • シリコンオフは車のボディやガラス
  • パーツクリーナーは金属パーツ、金型、鋳型など

シリコンオフがボディやガラスに使用されるのに対して、パーツクリーナーは金属パーツ、金型、鋳型の油脂を落とすために使用されます。

シリコンオフ以上に、パーツクリーナーの自動車ガラスへの使用は避けたほうが得策なので、パーツクリーナーでの油膜除去はできるだけ行わないようにしてください。

最後に

フロントガラスの油膜は、シリコンが熱によって固形化(ゲル化)し膜が形成されたものであるため、研磨剤(コンパウンド)を含んだ専用のクリーナーで落とす方法が一番効果的で確実です。

あわせて、シリコンオフはガラス用の油膜除去のためのものではありません。軽度の油膜は落とせても、頑固な油膜をシリコンオフのみで落とすことはできないので、むやみに使用しないようにしましょう。


ピックアップ記事

関連記事一覧