海風で車に影響がでる?海沿いを走る際に気を付けたい「塩害」とは

メンテナンス

夏になると海水浴にでかけることもあり、海に行く機会が多くなります。また、夏に限らず車で旅行する際は、海沿いの道路を走ることもあります。

そんなとき注意して欲しいのが、海風や潮風による「塩害(えんがい)」です。夏は家族をよく海に連れて行く人、サーフィンや日焼けが趣味でよく海に行かれる人は、特に注意してください。

海風の影響で車に起こる「塩害」とは

車における「塩害」は、車の金属部分に塩分が付着して、ボディ等をサビさせてしまうことです。海沿いは風が強く、海風には多くの塩分が含まれており、海沿いでドライブ・駐車をすることで「塩害」の可能性があります。

防サビ処理がしっかりしている車も近年では増えています。しかし、小さい傷やすき間に塩分が溜まるとサビができてしまい、そこから被害が広がる可能性があるのです。最終的にはパーツの破損や、エンジンルームの故障に繋がるリスクがあります。

海沿いのドライブ後はこまめに洗車を

海沿いを走行したあとなど、「塩害」の危険性がある場合はすぐに洗車しましょう。塩害防止で洗車を行う際は、以下の3つを意識してください。

  • ボディ全体をしっかりと水洗いする
  • 表面に付着している塩分や水分はしっかりと拭き取る
  • タイヤなどの足回り、ボディ下もしっかりと洗車する

海沿いの道路には、大量の塩分が落ちています。ドライブするとタイヤに塩分が付着して、ホイールやボディ下を錆びさせてしまう可能性があります。

ボディ全体は当然しっかり水洗いして、タイヤなどの足回りも丁寧に掃除してください。

そして自分で洗車する場合、夏場は暑い時間帯や炎天下での掃除はやめましょう。

洗車の仕方、洗車機の選び方については、以下の記事も参考にしてください。

ボディコーティングで「塩害」を防ぐ

ボディコーティングをすると表面に膜ができて、塩が付着しにくくなりなります。コーティングには

  • 雨風による汚れや泥の付着防止
  • 紫外線カットで劣化による変色防止

といった効果があります。紫外線が強くなり、雨風の多い夏前にはボディコーティングの施工がオススメです。

DUKSではボディコーティングを行っているので、ぜひ参考にしてみてください。

(地域によりサービス内容は異なります)

https://glass-d.com/coating/

DUKSでは実施していませんが、ボディの下側もコーティングしているところもあるので、心配な方は下側もコーティングするのが良いでしょう。

海沿いの駐車時に「塩害」から車を守る方法

海水浴に行くと、どうしても海の近くに車を停めざるを得ません。そんなときは以下の2点で「塩害」を防ぐ方法があります。

ボディカバーを被せておく

海沿いで駐車するときは、ボディカバー被せることで、塩分が車に付着するのを防げます。

ただし、走行中はボディカバーを被せることができず、タイヤに塩分が付着します。ボディカバーを被せても、帰宅後はちゃんと洗車しましょう。

ドアや窓は常に閉めておく

駐車する場所にもよりますが、海岸近くに車を駐車すると、着替え場所などで車を休憩場所にすることがあります。

車で休憩する場合、窓やドアを開けっぱなしにするのはやめましょう。ドアの金具やカーナビなどの精密機器に「塩害」が起こる可能性があります。

お子さんを車で休憩させる場合は、大人が連れ添ってエアコンをかけるようにしてください。

海風以外でも起こる「塩害」

海沿いのドライブ以外に、以下の2つのケースでも「塩害」が起こる可能性があります。

台風

台風は海上で発生し、風に乗って日本列島を縦断・横断します。強風で海水中の塩分が巻き上げられ、台風の移動で「塩害」が起こるケースです。台風が通過したあとは、内陸部でも「塩害」が起こる可能性があります。

梅雨~秋にかけては台風が日本列島を襲うケースがあるので、注意が必要です。

凍結防止剤などによる塩害

実は「塩害」は冬場でも起こるケースがあります。

積雪の多い地域では、凍結防止剤や融雪剤を使用します。これらには、「塩化カルシウム」「塩化ナトリウム」「塩化マグネシウム」などの塩化物が含まれている場合があるのです。

積雪した高速道路に凍結防止剤や融雪剤が撒かれていると、タイヤ周りのエンジンルーム、ボディ下などで「塩害」が起こる可能性があります。

最後に

今回は海風の影響で起こる、「塩害」について解説しました。夏は海水浴に行くこともあり、海沿いを走る機会も多いです。

海沿いを走ったあとや台風のあとは、こまめに洗車することで「塩害」を防げます。洗車するのが少々手間に感じる人は、ボディコーティングを施行しましょう。塩分や汚れを簡単に落とせて、洗車もラクになるので、ぜひ検討してみてくださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧