雨の日の洗車にはメリットがあるって本当?正しい洗車方法も把握しておこう

メンテナンス

梅雨の季節になると、雨の日が続くのでなかなか洗車できませんよね。雨の日に運転をすると、泥水などが車にかかりやすく、できるだけ早く掃除をしたいものです。

しかし、雨の日でも実は洗車をしてはいけないわけではありません。むしろ、雨の日に洗車することのメリットもあります。

この記事では、雨天時の洗車のメリット・デメリット、おすすめの掃除方法について解説します。

洗車は雨の日でもOK

はじめに説明すると、洗車に最も適した天気は❝曇り❞です。洗車といえば、晴れの日がベストだと思うかもしれませんが、日光を浴びながらの作業はおすすめできません。

むしろ、夏場などの炎天下での洗車の方が、雨の日よりも車にデメリットがあります。

できれば日光が当たらず、雨の降らない曇りの日がベストですが、雨の日でも洗車をしていけないわけではないのです。

雨の日に洗車をするメリット

雨の日の洗車ですが、実は以下のメリットがあります。

  • 作業を短縮できる
  • 車の汚れを落としやすい
  • 水垢が付きにくくなる

作業を短縮できる

雨は天然のシャワーなので、車に付着しているゴミや砂などを自然に洗い流してくれます。そのため、最初の水洗いの作業は必要ありません。

車の汚れを落としやすい

ガラスやボディに付着した頑固な汚れも、雨に濡れることで柔らかくなります。そのため、雨が降っていないときよりも、スムーズに汚れを落とすことが可能です。

たとえば、ボディに付着した鳥のフンは、固まると落とすのに手間がかかりますよね?雨に濡れて時間が経っている状態であれば、フヤけて簡単に落とすことができるでしょう。

水垢ができにくくなる

水道水で洗車をする場合に、乾拭きをしないと水垢ができやすくなります。

なぜなら、水道水には「カルキ」という成分が含まれており、それが水垢の原因になるからです。

ところが雨水の場合は、カルキがほとんど含まれていないため、水垢ができる心配は少なくなります。

雨の日に洗車をするデメリット

当然ながら、雨の日の洗車にはデメリットも存在するので、以下の3つには注意しましょう。

  • 雨具が必要になる
  • シャンプーまで流される
  • できない作業がいくつかある

雨具が必要になる

雨天時に洗車をするとなると、カッパやレインブーツを着用しての作業になります。晴天時に比べると、作業がしにくいと感じることもあるでしょう。

また、自分自身も雨を浴びながらの掃除になるため、少し億劫になるかもしれません。

シャンプーまで流される

雨の中の洗車は汚れも落としてくれますが、同時にシャンプーまで流してしまいます。

雨が弱い場合はあまり気になりませんが、強い雨だとすぐに洗い流されてしまうので、洗車がしづらくなるかもしれません。

できない作業がいくつかある

雨天時の洗車は、以下の作業には不向きです。

  • ワックスがけ
  • コーティング
  • 車内清掃

雨の日の洗車は、水分の拭き取りができません。そのため、仕上げで行うワックスがけをすることが不可能です。

コーティングの場合も、車を乾かさなければいけません。そのため、ワックスがけやコーティングは、別の日に行う必要があります。

また、車内清掃も同様で、掃除機で車内のゴミをとったり、ハタキなどで叩いてホコリを落としたりすることは難しいです。

雨の日におすすめの洗車方法

メリット・デメリットを踏まえて、雨の日に洗車する場合には、以下のことを覚えておくとスムーズに掃除できます。

  • 事前にコーティングをしておく
  • ガレージなど屋根を有効に使う

事前にコーティングをしておく

雨水にカルキはほとんど含まれていませんが、塩素・ナトリウム・硫黄・窒素酸化物などの成分が含まれています。

これらの成分が車に付着したまま乾くと、『イオンデポジット』や『ウォータースポット』が発生してしまいます(白いリングや斑点のようなもの)。

特にウォータースポットは、放置しておくと危険です。ウォータースポットは雨水に濡れたあと、晴天の下で車を乾かすことで発生します。

ウォータースポットは、虫メガネの働きをして日光の熱を集めます。そうなると、車のボディは塗装面が焼けてしまい、デコボコになってしまうのです。

そこでおすすめなのが、撥水コーティングです。撥水コーティングをしておけば水を弾いてくれるので、ウォータースポットができるリスクが低くなります。

また、コーティングをしておくことで、汚れが付着しにくくなるため、清掃作業が楽になります。

イオンデポジットやウォータースポットについては、以下の記事でも詳しく解説しています。合わせて参考にしてくださいね。

ガレージなど屋根を有効に使う

自宅の駐車スペースが、ガレージなど屋根のある場所であれば、雨水と屋根を有効に使いましょう。

たとえば、以下の手順で洗車してみてください。

  1. 車をしばらく雨ざらしにしておく
  2. 雨水で表面のゴミが落ちたと感じたら、屋根のある場所に移動する
  3. シャンプーを使い洗車する
  4. 再び車を雨に濡らして、シャンプーを落とす
  5. 最後に屋根の下で乾拭きして、ワックスがけ等を行う

駐車スペースに屋根がある場所ならば、以上の手順で洗車しましょう。この方法であれば、車内清掃も可能です。

最後に

洗車に最適な天気は、曇りです。しかし、梅雨や秋雨シーズンは雨の日が続きます。雨続きでもどこかで洗車をしたい場合は、今回 紹介した方法を参考にしてください。

また、以下の記事では、洗車にベストなタイミングについて紹介しています。雨の日の洗車にも触れているので、合わせて参考にしてくださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧