フロントガラスの細かい傷の原因 早めの対処でリスクを最小限に

修理・修復

車を安全に運転する上でフロントガラスは視界を保てる状態でなくてはいけません。フロントガラスに傷ができると視界の妨げになり大変危険なので、放置しないで早めに対処してください。

フロントガラスに細かい傷ができる原因は「飛び石」と「ワイパー傷」です。この記事では細かい傷の防ぎ方のほか、傷ができた場合の応急処置についても紹介します。

車のガラスに細かい傷がつく原因

車のガラスに細かい傷がつく原因は、主に以下の2つです。

  • 飛び石などの飛来物がぶつかってきたケース
  • 経年劣化したワイパー傷によるケース

それぞれ解説していきます。

飛び石などの飛来物がぶつかってきたケース

車のガラスの傷の原因としてまず考えられるのが、走行中に起こる飛び石等の飛来物による傷です。

飛び石による傷の場合はガラスの表面に小さな欠けが発生します。1mm程度の細かい傷から、大きいものですと10円玉くらいになるケースもあります。

前を走っている車が撒き上げた小石が、フロントガラスやサイドガラスにぶつかって傷がつくのが原因です。小石以外にも、ネジ・ボルトやポイ捨てされたゴミなど、予想外のものが飛んでくるケースもあります。

経年劣化したワイパー傷によるケース

ワイパーゴムなどには、砂利やゴミなどの不純物が溜まりやすいです。不純物がワイパーブレードに付着したままワイパーを動かしてしまうと、フロントガラスやリヤガラスに細かい傷がつきます。

また、長年同じゴムを使用しているワイパーは経年劣化を起こしており、そのままワイパーを動かすとガラスを傷つけてしまいます。ワイパーの劣化については日頃確認しておけば防ぐことが可能です。

フロントガラスに細かい傷があることがわかったら、ワイパーが劣化していないかをよく確認してみてください。

フロントガラスに細かい傷がつくことのリスク

フロントガラスの傷

放置すると傷が広がっていく

フロントガラスに細かい傷がついたまま放置すると、傷が広がる可能性があり危険です。

運転中の振動で傷に力が加わったり、車外と車内との温度差の影響で、ひび割れが起きます。また、傷口にゴミや雨水などが侵入すると傷が広がる可能性が高いです。

ですので、小さい傷だからといって放置すると、気が付いたら大きい傷になり、修理(補修)が難しくなるので注意してください。

視界不良で事故の原因になる

範囲が広がって傷が悪化すると、運転中の視界が著しく悪くなってしまいます。

また、直射日光を受けたときの反射、夜間や雨滴がついた状態では対向車のライトなどが乱反射を起こし、前方が確認しにくくなるケースも頻繁に起こります。

朝日が眩しい朝方やライトを点灯して走行する夜間、こういった視界不良で事故が起きてしまうのは容易に想像ができますよね。

いかなる理由にせよ、視界不良は事故の元です。できるだけ早めに対処しておきましょう。

フロントガラスの傷消しはプロに相談を

ガラスに細かい傷があることが分かった時点で、専門店やディーラーに相談してください。注意したいのが、飛び石による無数の細かい傷の修理はできないということです。

飛び石の傷でガラスの表面がえぐれてしまっているのでガラス研磨をすることが出来ません。また、レジン液での表面の処理も無数に修理痕が残る上に箇所が多いと金額も高額になりますのでおススメできないのです。

ワイパー等による細かい線傷は、爪でこすって引っかからない程度の傷なら研磨で目立たなくすることは可能です。

ご自身で修理される場合はガラスコンパウンド等で時間をかけてガラスを磨く方法がありますが、時間がかかる上に仕上がりが綺麗にならないことが多いのでプロに相談するのが妥当と言えるでしょう。

トヨタ/プリウスアルファ フロントガラス傷取りの事例紹介【神奈川・相模原店】

細かい傷の修理料金

細かい傷の修理料金は傷の深さや範囲によりますが、12,000円〜25,000円ほどです。ただし、あまりにも傷が多いと消しきれないので、ガラス交換も検討しなければいけません。

ガラス交換の料金は車やガラスの種類にもよりますが、5万円〜12万円ほどと修理よりも高額です。傷を放置して状態が悪化するとガラス交換になるので、応急処置をして早めにディーラーや専門店に相談してください。

応急処置は保護フィルムが簡単

フロントガラスに傷ができたときは、早めにプロにお願いするのが一番ですが、すぐに車を持ち込めない場合があります。

そんなときは、保護フィルムを傷に貼って応急処置をしてください。

保護フィルムを傷に貼ることで、傷口が広がったり汚れが入ったりするのを防げます。お値段も1,000円〜2,000円程度とお手軽なので、自宅にひとつあれば「もしも」のときに安心です。

フロントガラスに細かい傷ができるのを防ぐには

ワイパーの点検やこまめな洗車を

細かい傷ができるのを防ぐには、運転中は車間距離を十分に空けることと、こまめに洗車することの2つです。

車間距離を十分に空ける

運転中に前の車と車間距離を詰めると、小石などが飛んできてフロントガラスに細かい傷がつきやすいです。完全に飛び石のリスクを防げるわけではありませんが、前方車が巻き上げた小石が当たるリスクは下げられます。

また、車の衝突の危険性も回避できるので、車間距離は十分に空けるようにしてください。

こまめな洗車

フロントガラスに異物が付着したままワイパーを使うと、ワイパー傷ができやすいのでこまめに洗車することが大切です。ワイパーには砂利やゴミなどの異物が溜まりやすいので、ガラスと同様に異物が残らないように洗いましょう。

洗車しているときにワイパーの劣化を感じたら寿命なので、ワイパーゴムを交換するようにしてください。

フロントガラスに細かい傷ができた際のまとめ

運転中は車間距離を十分に空けたり、こまめに洗車したりすれば、フロントガラスに細かい傷がつくリスクは下げられます。ただし飛び石に関しては、予想外のところから飛んでくる可能性があります。

もしもフロントガラスに細かい傷ができたら、早めにプロへ相談してください。ディーラーや専門店にすぐに持ち込めないときは、保護フィルムで応急処置をして傷が広がらないようにするのが大切です。

この記事の監修者

GlassD吹浦先生

DUKS  府中店 営業事務

吹浦 翔太

業務歴12年、現場での職務経験6年を経て今はお客様窓口の受注業務を担当しています。
現場で培った経験を活かしお客様に最善な修理をご案内しております。

ピックアップ記事

関連記事一覧