• HOME
  • Glass Style
  • 雑学
  • 「AT限定」と「MT」では何が違う?どちらの免許を取るのがベストか解説します

「AT限定」と「MT」では何が違う?どちらの免許を取るのがベストか解説します

雑学

車の免許を取得するとき、AT(オートマ)限定とMT(マニュアル)の2種類があります。

現在ではAT車の普及が多く、基本的にはAT限定で免許を取得しても問題ありません。

しかし、環境によってはMT免許を取得しておいた方が良い場合もあります。

環境によってAT限定かMTか免許を選ぶ

プライベートでの運転だけならAT限定免許で大丈夫

近年ではASV(先進安全自動車)も普及しており、ドライバーの運転の負担も軽減してきています。新車を購入するときや、レンタカーを利用するときもAT車がほとんどです。

実家の車がAT車であったり、AT車を購入する予定であったりすれば、AT限定で問題ありません。

車好き・車に携わる仕事をするならMT免許を

車が好きで運転を楽しみたい人は、MT免許がおすすめです。クラッチやギアを両手両足で切り替えながら、車をコントロールできるのがMT車の特徴です。

車に携わる仕事をする人は、MT車のお客様のお車を預かることもあるかもしれません。その時に運転できないと困りますね。また、車の仕組みを理解する意味でもMT免許を取得しておくに越したことはありません。求人のなかにはMT免許取得が必要な仕事もあります。よく使用する車がMT車であることがわかったときは、早めにMT免許を取得しておきましょう。

AT限定免許のメリット・デメリット

AT限定免許のメリット

  • 運転操作が簡単で楽
  • 免許を取るときの費用がMT免許よりも安い
  • 国内で販売されている車はAT車が多いため様々な車種が選べる

AT車はクラッチやギアを自動で入れ替えてくれます。運転技術に自信のない人でも、簡単に運転することが可能です。

また、免許取得の費用は、AT限定の方がMTよりも1万~15000円ほど安く済みます

令和元年時点の全国の自動車教習所において、7:3の割合でAT免許の取得者数が多いです。

車の購入もAT車の方が車種も多く色々な車種を選べます。

AT限定免許のデメリット

デメリットとしては、AT限定ではMT車を運転することはできません。

就職などでMT免許が必要になる場合、「AT限定解除」が必要です。再び自動車教習所で講習を受けるため、費用や時間がかかります。

軽トラを含むトラックはマニュアルが多いので運転できない。

MT免許のメリット・デメリット

MT免許のメリット

  • MT免許があればAT車にも乗れる
  • MT免許必須の求人に応募できる
  • 海外でレンタカーを借りる場合でも問題が生じにくい
  • 車好きは楽しく運転できる
  • アクセルとブレーキペダルを踏み間違えにくい

MT免許ではAT車も運転できるので、特別な車種でなければ運転できる車の幅が広がります。

また、AT車が普及していない国では、MT車しかレンタルできない場合があります。頻繁に海外で仕事したり旅行したりする人は、MT免許を取得してきましょう。

MT免許のデメリット

  • 運転技術が必要になる
  • 選べる車種が少ない
  • AT限定に比べて免許取得の費用が高い

MT車は手動でギアやクラッチを入れるため、ある程度の運転技術が必要になります。運転技術に自信がなく、MT車を乗る必要がない環境ならAT限定がおすすめです。

また、国内のMT車の製造・販売は減少傾向にあり、選べる車種は多くありません。

免許取得の費用は先述でも紹介した通り、MT免許の方が1万~1万5000円ほど高くなります。

AT限定解除の方法・費用

AT限定解除は、運転免許センターで手続きを行います。基本的には教習所で2~3日かけて、4~6時間程度の所内教習を受けてから、運転免許センターで手続き行うのがベターです。費用は教習所にもよりますが、5万円ほどかかります。

教習所に通わず、運転免許センターで技能審査を直接受けることも可能です。費用は3000円程度で済みますが、MT車の運転に慣れてない状態での合格はかなり難しいと言えます。

教習所でMT車の操作に慣れてから、運転免許センターへ行くのが無難です。

最後に

今回は、AT限定とMTの免許について解説しました。

  • プライベートで車を運転するだけならAT限定
  • 仕事の都合や海外に行く機会が多いならMT免許

どうしてもMT免許が必要になる場合やAT限定解除を行いたいときは、教習所でMT車の操作に慣れてから、運転免許センターで手続きを行いましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧