運転免許取得に必要な相場はいくら?費用を抑えるポイントも解説

雑学

運転免許を取得するときに、費用について考える人は多いです。誰もが、少しでも安く費用を抑えたいものですよね。

実は、免許を取得する方法や教習所に通う時期を工夫するだけで費用を抑えることができることをご存じでしょうか。

今回は免許を取得する方法や、費用を安くするためのポイントを解説していきます。少しでも費用を抑えたい人は参考にしてください。

運転免許を取得するための費用

自動車免許を取得する手段によって、発生する費用が異なります。免許を取得するためには、主に以下の3パターンのいずれかを経る必要があります。

  • 自動車教習所に通う
  • 合宿免許に申し込む

自動車教習所には「指定自動車教習所」と「届出自動車教習所」の2種類が存在します。

違いについては後述で解説しますが、免許取得の方法とおおまかな費用相場については、以下の図表を参考にしてください。

【図表】

免許取得の方法と費用について

自動車教習所に通う

自動車教習所へ通学して免許を取得するのは、最もオーソドックスな取得方法です。

【こんな人におすすめ】

  • 学業や仕事が忙しく、休日や夕方以降でしか教習所に通えない人。
  • 運転に関する知識について、時間をかけて学びたい人。

指定自動車教習所(公認自動車教習所)

指定自動車教習所は、公安委員会が一定の基準を満たしていると認め、指定した教習所です。一般的に「公認自動車教習所」とも呼ばれます。

  • 人的基準…資格を有する指導員が適切に配置されているか。
  • 物的基準…学科教習を行う教室などの設備があるか。
  • 運営基準…教習に関わるその他の内容。

これらの基準を満たしており、レベルの高い技能講習を受けられるのが特徴です。

届出自動車教習所に比べると費用は高いですが、長く車を運転することを考えるなら、堅実なカリキュラムのもとで知識を得たほうがベストです。

届出自動車教習所

届出自動車教習所は、公安委員会に届出を出した自動車教習所です。仮免許試験や卒業検定の実施が認められていないため、各試験を免許センターで受験する必要があります。

指定自動車教習所に比べて費用が安く、半分の時間で免許を取得することも可能です。

しかし、以下のデメリットがあるのも覚えておきましょう。

  • 指定自動車教習所に比べると教習のレベルが落ちる。
  • 試験に落ちるたびに試験場に行かなければならない。

指定自動車教習所の場合は、入学→仮免試験→本試験の技能試験→卒業まで済ませてから、免許センターで学科試験と免許交付を行います。

それに比べると、届出自動車教習所の場合は手間が掛かるのがデメリットです。

自動車教習所合宿取得

合宿免許は短期間で集中的に免許を取得する方法です。一定の期間(おおよそ10日~2週間前後)宿泊施設に滞在して、技能教習・学科教習を受けることができます。

ほとんどの場合は、住んでいる地域から離れた指定自動車教習所で行います。

短期集中で免許取得ができ、教習所へ通うよりも費用を安く抑えられる点が魅力です。

【こんな人におすすめ】

  • 春休みや夏休みなど、まとまった時間をとりやすい学生。
  • 就職が決まっていて、就業まで時間のある人。
  • 夏季休暇や有給休暇を組み合わせて、長期間の休みをとれる社会人。

費用を安く抑えるポイント

免許を取得する方法と費用についておおまかに解説しましたが、実は教習所に通う時期を変えることや、キャンペーンを利用することで費用を抑えることができます。

閑散期を狙う

自動車教習所にも、繁忙期と閑散期が存在します。

  • 繫忙期…1~3月、7~9月
  • 閑散期…4~6月、10~12月

繫忙期は春休み・夏休み期間の学生が集中する影響で、申込人数が殺到します。教習所にとっては書き入れ時とも言えるので、費用が高く設定されている場合がほとんどです。

逆に申込人数が少ない閑散期は、繫忙期に比べると5万~10万円近く安くなることがあります。

AT限定免許を取得する

MT車を運転する機会がないのであれば、AT限定で免許を取得しましょう。AT限定の方がMTに比べると、1万~1万5000円ほど安い費用で取得できます。

現在、普通自動車のほとんどはAT車です。先進安全自動車(ASV)も技術進歩しているので、AT車でも普段の生活に支障が出ることはありません。

「AT限定」と「MT」の違いについては、以下の記事でも詳しく解説しています!

キャンペーンを利用する

自動車教習所では、以下のキャンペーンを積極的に行っています。

  • 紹介キャンペーンでキャッシュバック
  • 合宿免許の早割キャンペーンやグループ割

例えば友人や知人と同時期に免許を取得する場合、同じ教習所にそれぞれが誘い合うと、「紹介料として5,000円!」などのキャンペーンがついてくるケースもあります。

また、合宿免許の場合は早割キャンペーンや、3人以上で申し込むとグループ割が適用されるキャンペーンもあるので、チェックしてみてください。

【合宿免許限定】費用が安い宿泊プランの利用

合宿免許には、グレードが異なる宿泊プランがいくつか用意されている場合が多いです。

例えば、施設のオートロックなどのセキュリティがしっかりしているプランは費用が高くなり、セキュリティが緩い場合は費用が安くなります。

食事に関しても、豪華かそうでないかの違いがあるので、あまり拘りがなければ安いプランを利用するのがおすすめです。

最後に

今回は、免許を取得する方法や費用について紹介しました。閑散期に免許を取得する時間が取れるのがベストです。

少しでも費用を安く抑えるには、複数の教習所を比較しながらキャンペーン内容なども検討しましょう。また、実際に教習所へ通った経験者の話を聞いてみるのもいいですよ。

この記事の監修者

GlassD吹浦先生

DUKS  府中店 営業事務

吹浦 翔太

業務歴12年、現場での職務経験6年を経て今はお客様窓口の受注業務を担当しています。
現場で培った経験を活かしお客様に最善な修理をご案内しております。

ピックアップ記事

関連記事一覧