免許の種類について|運転できる自動車、試験資格、費用相場を解説

雑学

これから免許を取得しようとしている方はもちろん、すでに免許を所持している方も、その免許でどんな車両を運転できるのか正しく把握できているでしょうか。

例えば、一言で「トラック」と言っても、車両によっては必要な免許が異なります。

また、取得した時期によっては「車両の総重量」「最大積載量」など、運転できる車両の規定が異なります。

免許取得済みの人も、これから免許を取得する人も、自分の免許でどんな車両を運転できるのか把握しておくと、車選びをする際の参考になるでしょう。

今回は、免許の種類やどんな車両が運転できるのか、免許の取得資格から、安く免許を取得できる方法まで、詳しく解説していきます。

免許の種類と運転できる車両

  • 第一種運転免許…自動車や二輪自動車(バイク等)を運転するための免許。
  • 第二種運転免許…旅客自動車(バスやタクシー等)を運転するための免許。
  • 仮運転免許…第一種運転免許を受験する人が公道を走るための免許。

第二種運転免許は、バスやタクシーの運転手として必要な免許のため、ここでは説明を省きます。

第一種運転免許には、様々な種類の免許と運転が可能な車があります。以下の図表にまとめたので参考にしてください。

普通自動車免許

普通自動車免許は、道路交通法の改正によって運転できる車両の条件は2回変更がありました。

免許を取得した時期内容
【2017年3月12日以降】
車両の総重量:3.5t未満・最大積載量2t未満・乗車定員10人以下
【2007年6月2日~2017年3月11日まで】
車両の総重量:5t未満・最大積載量3t未満・乗車定員10人以下
【2007年6月1日以前】車両の総重量:8t未満・最大積載量5t未満・乗車定員10人以下

取得した年代によって条件が違うので、ご自身が取得した年月と照らし合わせてみてください。

運転できる車両

前述で紹介した図表をもとに、運転できる車両を詳しく解説します。

  • 普通自動車…AT(オートマ)とMT(マニュアル)の2種類が存在します。「AT限定」の記載が免許証にある場合、MTはAT限定解除を行わなければ運転できません。
  • 原動機付自転車…いわゆる「原付」と呼ばれるもので、50cc以下の車両を運転することができます。運転免許試験場や運転免許センターにて、7,750円の費用で1日あれば免許の取得が可能です。
  • 小型特殊自動車…トラクターや小型のフォークリフトなどがこれに該当します。細かい条件としては「全長4.7m以下」「全幅1.7m以下」「高さ2m以下」「総排気量1500cc以下」の車両です。

さらに、2007年6月1日までに免許を取得した人は3tトラックや4tトラック、2007年6月2日~2017年3月11日までに免許を取得した人は、2tトラックを運転することもできます。

取得資格と費用について

取得資格は、18歳以上の人であれば誰でも受験することができます。取得にかかる費用は、およそ以下の価格帯が相場です。

  • 自動車教習所…MT:25~34万円・AT限定:24~33万円
  • 合宿免許…MT:20~30万円・AT限定:18~28万円

費用に差があるのは、閑散期の方が値下がりし、繁忙期だと値上がりするためです。また、教習所や合宿の宿泊プラン等でも値段は変動します。

ちなみに二輪免許所持者の場合は、5万円ほど取得費用が安くなります。

費用を安く抑えるなら、合宿免許がおすすめです。しかし10日ほど期間が必要なので、長期間休みが取れない人は、自動車教習所の閑散期を狙えば費用を安く抑えられます。

運転免許の取得費用については、こちらの記事で詳しく説明しています。

準中型免許

準中型免許とは、2017年3月12日の法改正で新設された免許区分です。それまでは中型免許取得に運転経歴2年以上が必要でしたが、法改正後は18歳以上であれば準中型免許を取得することができました。

運転できる車両

準中型免許では、車両総重量3.5t以上7.5t未満、最大積載量2t以上4.5t未満の車両を運転すること可能です。

2tトラック、3tトラックがこの条件に当てはまります。

  • 2tトラック…車両総重量が5t未満、最大積載量2t以上3t未満のトラックです。主に引っ越し業や土木業などの幅広い分野で使われています。
  • 3tトラック…車両総重量5t未満、最大積載量が3t未満のトラックで、2tトラックよりも少し大きいサイズです。2tトラックと同様に「小型トラック」に分類されます。

これらに加え、普通自動車・原付・小型特殊自動車も運転することができます。

取得資格と費用について

取得資格は普通自動車と同様に、18歳以上の人であれば誰でも受験することができます。大まかな費用相場は以下の通りになります。

  • 自動車教習所…35~40万円(免許なし)・15~16万円(MT免許所持者)、16~17万円(AT限定免許所持者)
  • 合宿免許…36万円(主に免許なしでの参加)

普通免許所持なら、教習所に通いながら免許を取得するのがベターです。

中型免許

中型免許は「車両総重量11t未満」「最大積載量6.5t未満」「乗車定員29人以下」の車両を運転できる免許です。

運転できる車両

2tトラックや3tトラックに加えて、大半の4tトラックの運転が可能です。

  • 4tトラック…車両総重量8t未満、最大積載量5t未満のトラックで、主に「中型トラック」に分類されます。

これに加えて、マイクロバスなどの運転も可能です。そして、準中型自動・普通自動車・車・原付・小型特殊自動車の運転もできます。

取得資格と費用について

取得資格は普通免許や中型免許と違い、20歳以上で普通免許の運転経歴2年以上が条件です。

費用は、主に以下の通りになります。

  • 準中型免許所持…13~14万円
  • MT普通免許所持…16~17万円
  • AT限定普通免許所持…19~20万円

これに加えて、運転免許センターでの費用3,600円(申請手数料1,550円、免許証交付料2,050円)が必要です。

合宿免許の場合は、2~3万円ほど費用を抑えることができます。もしも時間を長期間とれるなら、合宿免許を申し込みましょう。

大型免許

大型免許は「車両総重量11t以上」「最大積載量6.5t以上」「乗車定員30人以上」の車両を運転できる免許です。

運転できる車両

大型免許を取得すると、ダンプカーや30人以上が乗れる大型バスなどを運転することができます。

ただし、大型バスでの旅客自動車の場合は、第二種免許が必要なので注意してください。

取得資格と費用について

取得資格は普通免許や中型免許と違い、21歳以上で普通免許の運転経歴3年以上が条件です。

大型免許の場合は、大型バスなど旅客自動車を運転するケースが多いので、第一種と第二種に分けて費用を紹介します。

【第一種運転免許】

  • 準中型免許所持…24~25万円
  • MT普通免許所持…29~30万円
  • AT限定普通免許所持…32~33万円

※中型免許と同様に運転免許センターや運転試験場の費用3,600円が必要です。

【第二種運転免許】

  • MT普通免許所持…37~38万円
  • 中型免許所持…30~31万円
  • 大型第一種免許所持…25~26万円
  • 普通第二種免許所持…28~30万円

※大型と普通二種免許所持者以外は、仮免申請交付手数料2,850円が別途かかります。

※運転免許センターや運転試験場の費用3,800円(申請手数料1,750円、免許証交付料2,050円)

大型免許にも合宿免許があります。費用は5万円ほど安くなるので、2週間程度の時間を作れる人は、合宿免許での参加がおすすめです。

大型・小型特殊免許

運転できる車両

普通自動車の項目でも少し触れましたが、大型・特殊免許で運転できる車両は以下になります。

車両内容
【大型特殊自動車】
「全長12m以下」「全幅2.5m以下」「全高3.8m以下」ショベルカー・ダンプカー・ホイールローダーなど
【小型特殊自動車】
「全長4.7m以下」「全幅1.7m以下」「全高2.0~2.8m」「最高速度15km以下」農耕用トラクター・フォークリフトなど

作業現場などで大型特殊自動車を運転する場合は、建設機械整備技能士などの免許が必要になります。

取得資格と費用について

大型特殊の場合は18歳以上、小型特殊の場合は16歳以上であれば免許取得資格があります。運転経歴などは必要ありません。

小型特殊の免許は、運転免許試験場や運転免許センターで適性検査と学科試験、原付講習3時間を受けて、合格すれば免許の交付を受けられます。

費用は8,050円(受験料1,500円、免許証交付料2,050円、原付講習手数料4,500円)になります。

大型特殊の場合の費用は以下になります。

  • 免許所持なしor原付免許の所持者…16~17万円
  • 普通免許以上の所持者…7~8万円
  • 二輪免許所持者…11~12万円

これに加え、運転免許センターや運転試験場の費用3,800円(申請手数料1,750円、免許証交付料2,050円)が必要です。

大型特殊も合宿免許だと、3万円ほど費用を安く抑えられます。

牽引免許

「大型自動車」「中型自動車」「普通自動車」「大型特殊自動車」で、750kgを超える車両(トラックの荷台など)を牽引する場合に必要な免許です。

トラックを運転する人は、大型免許などと合わせて取得する場合が多くなります。

取得資格と費用について

取得資格は、18歳以上の普通免許以上の免許を所持している人です。

費用は12~13万円で、運転免許センターや運転試験場の費用3,800円(申請手数料1,750円、免許証交付料2,050円)が別途必要になります。

大型・普通二輪車免許

一般的に「オートバイ」と呼ばれる車両です。大型と普通二輪車では、取得資格や費用が異なります。

運転できる車両

運転できるバイクについてですが、普通が排気量400cc以下、大型は排気量400ccを超える車両になります。

それに加えて、どちらも原付・小型特殊自動車の運転が可能です。

取得資格と費用について

取得資格は、大型の場合は18歳以上、普通の場合は16歳以上の年齢が条件です。

教習所で免許を取得する際の費用は、以下が相場になります。

【大型二輪免許】

  • 免許所持なしor原付免許の所持者22~23万円
  • 普通免許以上の所持者…15~16万円
  • 普通二輪MT免許所持者…9~10万円

※運転免許センターや運転試験場の費用が別途6,100円+16,650円(取得時講習費用)必要です。

【普通二輪免許】

  • 免許所持なしor原付免許の所持者14~15万円
  • 普通免許以上の所持者…14~15万円

※運転免許センターや運転試験場の費用が別途6,100円+16,200円(取得時講習費用)必要です。

大型・二輪自動車ともに合宿免許があり、費用は5~6万円ほど安くなります。普通免許などと同様に一発試験もできますが、教習所や合宿で技術を身に付けてから受験した方が受かりやすいです。結果としてトータルの費用を安く抑えることができます。

最後に

今回は、免許の種類と運転できる車両について、詳しく解説しました。取得が必要な免許があれば、ぜひ参考にしてください。

どの免許も、合宿が費用を安く抑えて取得することができます。ただし、10日~2週間ほど期間が必要です。合宿で免許取得する際は、日数に余裕を持てるよう計画的な日程を立てましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧