車のガラスが突然割れる?『熱割れ』が起こる原因と対策方法

トラブル

運転中、ドライバーの安全を守ってくれる車の窓ガラス。そんな窓ガラスに、ひとりでにヒビが入ってしまう『熱割れ』が起きてしまうことがあります。

今回は、熱割れが起こる原因や、熱割れが起きてしまったときに取るべき行動、普段から熱割れを防ぐための対策方法について紹介します。

「熱割れ」とは?

『熱割れ』とは、字からも想像できるように、ガラスが熱を受けることによってヒビが入ったり割れてしまったりすることです。

冷えたグラスへ急に熱い液体を注ぐと割れてしまうことがありますよね。車のガラスにおいても同じ現象が起こることがあります。

熱割れの原因

熱割れは、一枚のガラス内で極端な温度差が生じることが原因で起こります。

多くの物質は熱を帯びると膨張し、反対に熱が下がるときには収縮しようとしますが、一枚のガラスの中で膨張しようとしている部分と収縮しようとしている場所がばらばらにあるとき、引っ張ったり押したりする力がひずみや負荷となってガラスにダメージを与えてしまいます。

熱割れが起こる条件

外気と車内の温度差が大きくなった時に熱割れが起こりやすくなります。

寒い時期に強い日光を受ける(特に冬に南から受ける日光)、強く日光を受けている部分と受けていない部分がある、熱割れに対応した加工がされていない遮熱シートやガラスフィルムを貼っているときなどは特に注意してください。

熱割れが起きてしまったらプロに依頼を

熱割れでガラスが割れてしまった場合、そのまま走行を続けたり自力で修理・交換などを行ったりするのは困難です。なるべく早く自動車ガラスの専門業者に連絡しましょう。

小さな衝撃でできる傷と異なり、熱割れが発生する場合にはガラスの周辺部から大きな亀裂が走ります。割れて弱くなった部分に風圧や温度差による圧力が加わると割れはさらに広がります。安全に運転できないだけでなく、道路交通法違法に反する可能性もあるので、走行はしないでください。

熱割れを未然に防ぐ対策方法

ガラス内に部分的な温度差が発生することを防ぐのが、熱割れの対策になります。具体的には次のような方法が挙げられます。

日光を遮断する

室内の駐車場や車体全体を覆うボディカバーなどを活用して、ガラスが日光を受けるのを防ぎます。費用や手間はかかりますが、熱割れが発生する日光を遮断できるのが安心です。

注意してほしいのが、「日光を遮断すれば良いなら、遮光シートで十分」と考えてしまいそうですが、遮光シートでは同様の効果は得られない(むしろ逆効果になる場合もある)ので気を付けてください。

遮熱シートを貼らない・熱割れに対応したものを選ぶ

遮熱シートは、車内に日光を通さない代わりにシート自身が多くの日光を吸収して熱を帯びます(色付きのもの、特に黒色のシートはいっそう吸収率が高くなります。)

透けガラスだけよりも多く熱を吸収し、むしろ外気との温度差は大きくなってしまうため、熱割れ対策にはなりません。遮熱シートは貼らないか、専門店で熱割れに対応したシートを選んでもらうようにしましょう。

ガラスに物を接触させない

何かが接着・密着した状態では、日光の熱を受けたガラスが放熱することができません。不必要に何かを貼らないほか、サンシェードやカーテンが窓ガラスに密着しないように気をつけましょう。

ガラスの窓枠が劣化したら交換する

ガラスを固定している窓枠のゴムが劣化していると、温度差によってガラスの形状にひずみが生まれたときに、その力を分散させて逃がすことができなくなってしまい、結果、熱割れが起こりやすくなってしまいます。点検のタイミングで劣化していたら、<strong>適切に交換するようにしましょう。

最後に

熱割れはあまり頻繁に発生するわけではありませんが、原因が目に見えづらい分、どのように対処、対策をしたら良いかが分かりづらいトラブルでもあります。部分的な温度差ができることを防いで対策し、もし起きてしまった際は無視したり自力で修理しようとせず、自動車ガラスの専門業者に連絡して対処するようにしましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧