樹液によるガラス・車体への被害を防ぐ方法

トラブル

樹液は水垢や油膜と異なり、普通の洗車では落ちないケースが非常に多いです。

適切な除去方法で落とせば、樹液がガラスや車体に付着しても対策することができます。

今回の記事では、樹液が車に与える影響と、樹液が付着してしまったときの対処方法についてご紹介していきます。

樹液による車への害

樹液による害は、主に車の塗装に強いダメージを与えます。

特に樹液による被害が多い時期は、植物の活動が盛んな新緑~仲秋くらいまでなのですが、日本でも温暖な地域では、冬でも樹液による車への影響が絶えません。

大敵「松ヤニ」は特に要注意!

「松ヤニ」はマツ科の木から分泌される天然樹脂です。頑固な油汚れと同等の付着してしまいます。

松ヤニを落とすには、エタノール酢酸、アルコールなどが有効です。

家庭にあるもので対処する場合は、除菌・消毒用のエタノールやお酢を使い、松ヤニにたっぷりと付けてマッサージするように落としてから、洗車を行うと効果がみられます。

車に付着する「樹液」ってどんなもの?

車に樹液が付着していても、一見しただけではわかりにくいのが現状です。

透明な接着剤のようにベタベタしているものが付着していたら、樹液である可能性が高いです。

鳥のフンや花粉、虫の死骸や黄砂も車の塗装にダメージを与えますが、樹液も同様に強いダメージを与えます。

また、フロントガラスのしつこい汚れ(点やスジのようなもの)のうち、洗車やカーシャンプーでも落とせないものも、樹液である可能性があります。

樹液がガラスに付着したら「すぐに対処」が必須!

樹液は時間が経つと凝固してしまい、長時間放置すればするほどガラスやボディに大きなダメージがかかります。

塗装の内部にまで浸透する恐れもあり、最悪の場合、ボディの表面に凹凸が生じたり、ひび割れを起こしたりする可能性もあります。

樹液が付着しているのを発見したら、できるだけすぐに除去しましょう。

ガラスについた樹液の対処法

80℃前後の「お湯」で落とす

付着してしまった樹液を取り除くには、80℃前後のお湯が効果的です。

【手順】

  1. 樹液が付着した箇所の上からタオルをかぶせます。
  2. ゆっくりとお湯をかけます。(いきなりかけてしまうとガラスにダメージがかかります)
  3. 樹液が柔らかくなったことを確認します。(火傷に注意してください)
  4. そのまま丁寧に拭きとります。

このとき、お湯の温度があまりに高温だとガラスやパーツにダメージを与える恐れがあります。

また、温度が低すぎても樹液が柔らかくならず、取り除けないままになってしまうので、必ず80℃前後のお湯にするようにしてください。

クリーナー・溶剤を使う

お湯でも落とせないようなしつこい樹液汚れには、クリーナーや溶剤をお湯と併用してみましょう。

  • ピッチ・タール除去クリーナー
  • 虫取りクリーナー
  • アルコールが含まれたシリコンオフ(脱脂溶剤)

などが車の樹液除去には適していると判断していいでしょう。

お湯で拭きとってもまだベタ付きが残っていたら、気になる箇所に溶液をかけて少し放置します。

最後にもう一度お湯をかけて拭き取れば、きれいに除去できる確率が高くなります。

プロに依頼して取り除いてもらう

発見が遅れたり、樹液の付着を長期間放置していたら、プロに相談しましょう。

無理に自力で対処すると、ガラスを傷付けたり車の塗装を剥離させたりしてしまう可能性があります。

また、樹液を除去することが出来たとしても、塗装の変色やシミが残ってしまうこともあります。

長期間放置してしまった場合や、自分で落とせそうにない場合は、迷わずプロに依頼することをオススメします。

樹液除去の方法・注意点

商品を安易に選ばない

クリーナーや溶剤によっては、樹液が化学薬品にどう反応するか分かりません。

商品を安易に選ばず、専門店の店員さんに樹液対策に有効かを確認するようにして下さい。

硬いスポンジ、たわしなどは使用しない

硬いスポンジやたわしで樹液を除去しようとすると、ガラスやボディを傷付けてしまう危険性があります。

早く落とせそうだからといって、硬い素材のもので樹液を削り取るのは絶対にやめましょう。

樹液による被害を抑える方法

木(特に松など)の近くに駐車しない

大前提として、樹液は木から生成されます。木のそばに駐車してしまうと、それだけ樹液による被害を受けやすくなってしまうので、できるだけ木の近くには駐車しないように心がけてください。

カバーをかける

どうしても駐車スペースの範囲内に木がある場合は、カバーをかけて対処しましょう。樹液以外にも鳥のフンなどから汚れを防ぐことが出来ます。

最後に

樹液の落とし方や防止対策については、さほど難しいことはありません。

万が一樹液が付着した場合は、慌てず対処するようにてください。

長い時間放置して樹液が完全に固まってしまった場合などは、無理に自分で何とかしようとせず、すぐにプロへ相談するのをオススメします。

ピックアップ記事

関連記事一覧