• HOME
  • Glass Style
  • フロントガラスにできたヒビ・傷の応急処置はどうすればいい?

フロントガラスにできたヒビ・傷の応急処置はどうすればいい?

車に乗っている人にとって、走行中に必ず視界に入るのが「フロントガラス」です。このフロントガラスに少しでも傷やヒビが入ってしまうと、大きな事故に繋がってしまう確率も高くなってしまいます。

今回は、車のフロントガラスに傷ができてしまったときの応急処置について解説していきます。

フロントガラスの傷・ヒビへの応急処置

フロントガラスに飛び石などが当たり、ガラスに傷やヒビができてしまったら、まずは車が安全な場所にあるかを確認し、傷の程度を確かめてください

保護フィルム・テープを貼る

傷が1㎝〜2㎝程度であれば、保護フィルムや保護テープなどで応急処置ができます。保護フィルムは、ゴミや汚れが入るのを防いでくれるほか、修理の際に傷が綺麗に直りやすくなります。

セロハンテープで補強する

市販のセロハンテープを使って応急処置を施すこともできます。このとき、必ずフロントガラスについてしまった傷を一枚で覆える幅のセロハンテープを使ってください。小さいセロハンテープを重ねて傷を塞いでしまうと、隙間からゴミや汚れが入り込んでしまう可能性が高くなります。

※保護フィルムやセロハンテープを使って応急処置をする場合、貼り付けるときに強く押さないようにしてください。傷やヒビがひどくなってしまいます。

修理キットを使う

修理キットを使えば、硬化するUVレジン(樹脂)で飛び石などによるフロントガラスの損傷を補修することができます。

自分で傷を補修するキットは数千円程度で入手できますが、綺麗に仕上げるにはそれなりのテクニックが必要です。

応急処置をする際にやってはいけないこと

NG①:ゴミや汚れをそのままにして補修する

応急処置を施す際に、ゴミや汚れを付着させたままにしてしまうと十分に傷口を塞げなくなってしまいます。小さなヒビから大きな傷へ被害が拡大してしまう危険性が大きくなるため、応急処置をする際にゴミや汚れはきちんと取り除いておきましょう。

NG②:小さな傷だからと「放置」する

リペアキットが手元になかったり、テープを貼る必要もなさそうに思える小さな傷は「放置しても大丈夫」と思ってしまいがちです。

しかし、小さな傷だから大丈夫だということはありません。
走行中の振動がヒビを拡大させてしまうので、どんなに小さな傷でもしっかり応急処置をしておいてください。

応急処置後は修理へ!

ここまで紹介してきた方法は、あくまで「応急処置」です。一時的な補修は可能ですが、完璧に傷を塞げるわけではありません。

走行時の振動などでヒビは伸び、傷も大きくなっていってしまいます。フロントガラスの応急処置が終わったらできるだけ速やかに修理へ持っていくようにしてください。

また、修理に持っていくまでの間は、傷部分にストレスのかかるような走りは控え、同時にエアコンの風が直接ウインドウに当たらないようにしましょう。内外の温度差で傷が拡大しやすくなってしまいます。

こちらの記事ではフロントガラスの交換事例を紹介しています

最後に

フロントガラスは、簡単に割れてしまわないよう三重構造(ガラス・プラスチック・ガラス)になっています。第一層と第三層のガラスの間に「可塑化ポリビーニールブラチール」というプラスチックを挟んでいるため、衝撃が吸収され、ガラスが飛散するということはありません。

しかし、たとえ小さな傷でも放置してしまうとどんどん大きくなり、取り返しのつかない状態になるほか、車検を受けることもできなくなってしまいます。

そうならないためにも、応急処置用のリペアキットやテープなどをできるだけ車内に備えておくようにしてくださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧