車のシート掃除で清潔に!今すぐできるカンタン清掃術

メンテナンス

洗車で車のボディやガラスをキレイにしていても、車内の掃除まではなかなか手が回らないですよね。

コーヒーやジュース、ファーストフードやお菓子など、車内で何かを飲んだり食べたりする機会は多いと思います。また、それ以外にも車のシートには汚れが付く機会が多いのです。

自分以外の人を車に乗せる機会が多い人は、シートなど特に手入れする必要があります。

汚れを放置したままだと、ダニ・カビ・雑菌が繁殖してしまいます。車内が臭くなってしまう原因はカビや雑菌にあるので、シートの手入れは定期的に行うようにしていきたいものです。

そこで今回の記事では、シートの汚れの原因やシートの種類、定期的にできるシートの手入れまで詳細に解説していきます!

シートの汚れの原因

まず、全般的に当てはまるのが食べこぼし・砂や泥汚れ・皮脂や汗です。

ドライブをしていると、お菓子やファーストフードを車内で食べる機会が多くなります。

また、特に夏場は海や山に出掛ける機会が多く、砂や泥汚れ、皮脂や汗がシートに付着しやすくなる時期です。それだけでなく、季節によっては日焼け止め化粧品、ハンドクリームやボディクリームが付着してしまうことも。

犬を飼っている人はペットの毛や排泄物、喫煙者ならタバコの煙やヤニ汚れがシートを汚してしまう原因になります。

シートの「素材」に合わせた掃除方法を

車のシートは、車種によって使われている素材が異なってきます。

  • ファブリックシート
  • 合成皮革シート
  • 本革シート

それぞれ特徴があり、コーヒーやジュースの飲みこぼしなど、目立つ汚れに対しては掃除方法も気を付けなければいけません。

各シートの特徴

【ファブリックシート】

  • 布生地で作られていて、乗用車の主流のシート。
  • 通気性に優れているのがメリット。
  • 汚れを吸収しやすく、シミができやすい点がデメリット。

【合成皮革シートの特徴】

  • 天然の布地に合成樹脂を塗付して作られたシートで、一見 すると本革に見える。
  • 表面がコーティングされていて、水分や汚れに強いのがメリット。

【本革シートの特徴】

  • コーティングがしっかりしており、表面が保護されている。
  • シートの中では耐久性が高く、汚れが奥に染み込みにくい。

シートによっては、使えるクリーナーと使えないクリーナーが出てくきます。また、掃除をする際は、素材を痛めない掃除方法をとるようにしましょう

ファブリックシート・合成皮革シートの掃除方法

シミなどの汚れが目立っていて、掃除する場合は以下のものを用意してください。

  • 除菌効果のあるウェットティッシュ
  • 蒸しタオル
  • 乾いたタオル

そして、以下の手順で掃除していきます。

  1. ウェットティッシュで汚れを拭き取る。
  2. シミの上に蒸しタオルを置いて放置する。
  3. タオルで乾拭きをする。

すぐに汚れを掃除する場合は、ウェットティッシュで汚れがある程度取れます。ただし、汚れの種類によっては、シミが残るかもしれません。

その際は蒸しタオルを置いて、シミが取れるまで放置しましょう。ゴシゴシ擦るとシートを傷めてしまうので、必ず置くだけにしてください。

シートが濡れたままだとカビが発生するので、最後は乾拭きしてシートを乾かした状態にしましょう。

時間が経過したシミを取る場合は、酸素系漂白剤を少量垂らしてシミを拭き取ってください。

本革シートの掃除方法

本革シートは汚れに強いので、汚れが付着してからすぐの場合は、ティッシュや乾いたタオルで優しく汚れを拭き取るだけで大丈夫です。

しかし、汚れが付いて時間が経ったシミは、以下の物を使って掃除しておきましょう。

  • 本革専用の中性洗剤
  • スポンジ
  • タオル×2枚(水拭き用と乾拭き用)

そして、以下の手順で掃除していきます。

  1. スポンジに中性洗剤と少量の水を付けて泡立てる。
  2. 泡立てたスポンジを、汚れの部分に何度か撫でる。
  3. 水に濡らしたタオルで、浮かした汚れと泡を拭き取る。
  4. 乾いたタオルで水分を拭き取る。

スポンジをシートに当てるときは、必ず撫でるように優しくしてください。擦ると本革が傷ついてしまう可能性があります。

また、本革シートは多少の水拭きに耐えることができます。ただし、ファブリックシート・合成革皮と同様に、必ず最後に乾拭きしましょう。

業者へ依頼した場合の料金相場

自分で掃除するのが手間に感じる場合は、業者へ掃除を依頼するのもおすすめです。

また、汚れの種類によっては、業者に頼んだ方がシートを綺麗にしてくれます。

料金相場

業者にもよりますが、主に以下が料金相場です。

  • 部分クリーニング…5,000円前後
  • シート全体のクリーニング…8,000円前後
  • 後部座席クリーニング…13,000円前後

このほか、汚れの種類にや掃除方法によって、以下のコースが存在します。

  • クイックコース…2,000円〜6,000円

(汚れが少ない人向けの簡単なクリーニングするコース)

  • スタンダードコース…10,000円〜15,000円

(気になるニオイや汚れをしっかりクリーニングするコース)

  • プレミアムコース…25,000円〜50,000円

(天井から床まで車内丸ごとクリーニングするコース)

こんな汚れはプロへ依頼を

ゴミやホコリ、食べこぼしや飲みこぼしなどは、自力で汚れを落とすことができます。しかし、以下の汚れは自力で落とすのは難しいので、必ずプロにお願いしましょう。

  • タバコのヤニ汚れやニオイ
  • ペットの糞尿
  • 嘔吐物
  • 血液シミ

glassDでは、お客様に合わせたルームクリーニングを行っています。詳しくは、以下のページをご覧ください。

https://glass-d.com/other/#room-cleaningnull

 シートの手入れは定期的に行うことが理想

普段から簡単にできるお手入れ方法

準備するもの

  • 布団たたき
  • マスク
  • 綿棒
  • 掃除機
  • シートクリーナー
  • タオル×2(水拭き用と乾拭き用)

ほとんどが家庭にあるもので掃除できます。シートクリーナーが無い場合は、台所用の中性洗剤でも代用できます。

【手順

  1. 布団たたきでシートをたたいて溜まったホコリを取り出します。
  2. シートの縫い目・すき間の汚れを綿棒でかき出します。
  3. 残ったホコリを掃除機でキレイにしていきます。
  4. 仕上げにタオルや雑巾で水拭きすれば完了です。

ちなみに車の本革シートは、多少の水拭きには耐えることができます。最後に乾拭きなどして水分を残さないようにすれば、カビの繁殖を防げるので、忘れずに行いましょう。

もしも酷い汚れが付いていたり、シミができてしまったりしている場合は、専門店やディーラーに相談してみてください。

除菌も忘れずに!

2020年初めごろから、新型コロナウィルスが本格的な社会問題になりました。その影響で、よりいっそう意識的に除菌に気を配っている人も増えましたよね。

車内全体に言えることですが、シートもしっかり除菌しておきましょう。

シートを除菌する際は、

  • ウェットクロス
  • 車用の除菌シート
  • スプレータイプの除菌グッズ

などの使用をオススメします。カー用品店やホームセンターなどで気軽に購入できるので、ぜひ覗いてみてください。

除菌する際に注意して欲しいのが、アルコール度数による変色や色落ちです。シートを除菌する前に、目立ちにくい部分で一度試して様子を見てから使用するようにしてください。

そのほか、車内の除菌に関しては以下の記事で詳しく解説しています!

まとめ

今回は、シートの汚れの原因やシートの種類、定期的にできるシートの手入れについて解説しました。

シートの汚れは目立ちにくいですが、実はひどく汚れている場合がほとんどです。普段の洗車に加え、車内の清掃やシートの手入れも定期的に行うようにしてください。

また、洗車する習慣があまりなくても、車内のニオイが気になりはじめたら清掃するサインです。そのときは車内清掃を含めたシートの手入れを行ってみてくださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧