• HOME
  • Glass Style
  • 雑学
  • 横断歩道で一時停止しないと違反になる? 一時停止が必要なシーンを解説

横断歩道で一時停止しないと違反になる? 一時停止が必要なシーンを解説

雑学

車が一時停止しなくてはならないのは、横断歩道だけではありません。一時停止が必要になる場面と場所、状況をしっかり確認しておかないと、うっかり一時停止違反してしまうことにもなりかねません。

今回は、一時停止をしなければいけない場所や場面、横断歩道での一時停止について解説していきます。

車が一時停止しなくてはならない場所・場面

道路交通法における一時停止

道路交通法・第四十三条において、一時停止に関する規則が定められています。

第四十三条
車両等は、交通整理が行なわれていない交差点又はその手前の直近において、道路標識等により一時停止すべきことが指定されているときは、道路標識等による停止線の直前(道路標識等による停止線が設けられていない場合にあっては、交差点の直前)で一時停止しなければならない。

https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=335AC0000000105

これを元に、車が一時停止をしなくてはならない場所・場面について、次項で解説していきます。

車が一時停止しなくてはならない場所

車が一時停止をしなければいけない場所は、以下の3か所です。

  • 「一時停止」の道路標識・道路標示がある場所
  • 交差点や踏切
  • 信号のない横断歩道

一時停止が必要な場所には「止まれ」と書いてある道路標識・道路標示があります。基本的には停止線が敷かれているので、その手前で一時停止しましょう。

踏切の場合は、渡る寸前に一時停止をしなければいけません。交通量の少ない交差点で停止線が無い場合でも、優先道路や道路の幅を見て一時停止をする必要があります。

交差点の停止に関する優先基準は、以下の記事でも詳しく解説しています。合わせて参考にしてください。

【一時停止の道路標識】

車が一時停止しなくてはならない場面

道路標識・道路標示がある場所や交差点や踏切の手前であれば、一時停止が必要な場所として迷わず認識できます。しかし、車が一時停止しなくてはならないのは定められた場所だけではありません。

下記のような場面においても、危険を避けるために一時停止する必要があります。

  • 歩道等を横切る場合
  • 緊急自動車(救急車・消防車・パトカー)が接近してきた場合
  • 児童や幼児、障害者や車椅子の人が、道を横切りたい場合

自宅やお店の駐車スペースに侵入したいときに歩道を横切ることがあります。この時は、歩行者がいないことを確かめるために一時停止しなくてはなりません。

救急車などの緊急自動車が接近してきた場合にも一時停止して様子をみましょう。

例え自分が青信号だったとしても、緊急自動車の通行が優先されます。その場合は、緊急自動車が通過するまで一時停止してください。

一時停止する場所でなくとも、児童や幼児、障害者や車椅子の人が道を横切る場合は、道路交通法・第七十一条において徐行運転や一時停止が義務付けられています。

信号機のない横断歩道での一時停止

信号機のない横断歩道は歩行者優先です。道路交通法・第三十八条において「歩行者がいる場合は必ず一時停止をしなければいけない」と定められています。

横断歩道の手前には以下のような道路標識・道路標示が設置されているので、必ず確認してください。

【横断歩道の道路標識】

【横断歩道・自転車横断帯の道路標識】

【ひし形マークの道路標示】

これらの道路標識・道路標示を見かけた場合は、徐行運転をして停止線の手前で一時停止するようにしましょう。

歩行者や自転車がいなければ一時停止しなくてもOKだが・・・

法律上、横断歩道での一時停止が義務付けられているのは「歩行者が横断中の場合」「歩行者が横断しようとしている場合」で、明らかに歩行者がいない場合は一時停止の義務はありません。

また、自転車横断帯の標識がなく、自転車の走行が確認できない場合も、同じく一時停止の義務はありません。

しかし、雨や雪などの天候不良、夜間などで視界が見えづらい場合は、歩行者や自転車の有無が確認しづらいです。

例え歩行者がいないように見えたり、自転車横断帯の標識がなかったりする場所でも、スピードを出して運転すれば思わぬ事故に繋がる可能性があります。

車には交通弱者を守る義務があります。どんな場面においても、横断歩道では一時停止をする習慣を身に付けておくようにしましょう。

一時停止の時間について

一時停止の時間について、道路交通法では特に記載はありません。一時停止違反になるかどうかは警察の判断によるところが大きいです。

  • 歩行者や自転車、対向車両がいないかを確認する
  • 踏切でサイレンが鳴らないかしっかりと確認する

時間を気にするのではなく、以上のことをしっかりと確認できたら発進するようにしましょう。あくまで「一時停止とは安全な交通社会を維持するためのルール」と、心掛けて下さい。

一時停止違反をした場合の罰則

必要な場所で一時停止をしなかった場合、以下の罰則があります。

【一時停止規則等違反・踏切不停止義務違反】

車両一時停止規則等違反の反則金(道路標識等がある場合)踏切不停止義務違反の反則金違反点数
大型車9,000円12,000円2点
普通車7,000円9,000円2点
二輪車6,000円7,000円2点
原付・特殊小型車5,000円6,000円2点

引用:https://www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp/menkyo/torishimari/tetsuzuki/hansoku.html

自転車も一時停止をしなければいけない

ちなみに、自転車でも一時停止違反を犯せば処罰の対象となります。自転車の一時不停止違反の罰則は「3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金」です。

また、3年以内に2回以上違反を犯した場合は「自転車運転講習」の受講命令が届きます。この命令に従わないと5万円以下の罰金が課されるので気を付けましょう。

受講に関しては、手数料6,000円に加えて3時間の講義を受けなければいけません。自転車で歩行者を撥ねたり自転車同士で衝突したりすると、相手に大きな怪我を負わせる危険性があります。自転車を運転する際も、一時停止はしっかりと心掛けましょう。

最後に

今回は一時停止が必要な場所と場面について解説しました。一時停止が必要な場所では、手前で徐行運転をして余裕を持って一時停止をしましょう。

一時停止は、3〜5秒ほどの時間で済む場合がほとんどです。時間がなかったり忙しくて慌てていても、しっかりと守って安全運転を心掛けてください。

この記事の監修者

GlassD吹浦先生

DUKS  府中店 営業事務

吹浦 翔太

業務歴12年、現場での職務経験6年を経て今はお客様窓口の受注業務を担当しています。
現場で培った経験を活かしお客様に最善な修理をご案内しております。

ピックアップ記事

関連記事一覧