バイク車検の費用相場は?知っておきたい費用を安く抑える方法

雑学

車検は、安全な交通社会を維持するために必要な制度です。それは自動車だけでなくバイクも同じで、定期的に検査を受ける義務があります。

とはいえ、自動車とバイクでは車検の費用に差があります。

この記事では、バイク車検の費用相場について解説します。「バイクの車検は初めて」「車検自体が初めてで、バイクの車検はどれくらいの費用が必要なのか知りたい」そんな人は今回の記事をぜひ参考にしてください。

バイクの車検費用相場は2万~6万円

バイクの車検費用の相場は2万~6万円です。「なぜ、これだけの幅があるのか?」と、疑問に思う人も多いでしょう。これは、車検のやり方によって費用が大きく異なるからです。

バイク車検の方法は、主に「ユーザー車検」「代行業者車検」「ディーラー車検」の3種類です。ユーザー車検は安く済むが手間がかかる、ディーラー車検は楽だが費用がかかる、といったように、車検の方法によってそれぞれにメリット・デメリットがあります。

車検の方法について解説する前に、基本となるバイク車検費用の内訳を解説します。

車検費用の内訳

バイク車検にかかる費用は「法定費用」と「車検基本料」の2種類に分けられます。

  • 法定費用:国に納める費用で、15,000円〜18,000円ほどかかる
  • 車検基本料:代行業者・ディーラーにお願いすると、代行手数料・事務手数料・整備費用が加算される

費用の詳しい内容については、次項で解説しているので参考にしてください。

バイクの車検時にかかる法定費用

重量税・自賠責保険・印紙代の詳細は以下の通りです。

【法定費用の内訳】

重量税 ・3,800円
※初度登録より13年未満
・4,600円
※初度登録より13年~18年未満
・5,000円
※初度登録より18年以上
自賠責保険 ・9,200円~9,800円
※期限が24ヶ月の場合
※排気量によって金額は変化する
印紙代 ・1,750円
※内訳※
基準適合性審査:1,300円
自動車検査手数料:400円
用紙:50円

普通二輪(125㏄超〜250㏄以下)で初めて車検を受ける場合は、以下の例を参考にしてください。

【例:普通二輪(125㏄超〜250㏄以下)の法定費用】

重量税:3,800円+自動車検査:約9,700円+印紙代:1,750円約15,250円

バイクの車検時にかかるその他の費用

法定費用の他に、代行業者やディーラーにお願いすると、以下の費用が必要になります。

  • 代行手数料
  • 事務手数料
  • 整備費用
  • 部品代

バイクの専門知識がある技術者が点検を行うので、代行手数料がかかります。また、事務手数料のほか、メンテナンスをする整備費用が必要です。

さらに検査で、バイクの不備が見つかれば、パーツの修理や部品交換が必要なため、部品代が加算されます。

バイクの車検費用を安く済ませるには

バイクの車検費用を安く済ませるには「ユーザー車検」を選ぶことです。しかし、これにはバイクに関する詳しい専門知識が必要になります。

ユーザー車検を選ぶ

車検には、自分で運輸支局に持ち込んで検査する「ユーザー車検」のほか、代行業者やディーラーにお願いするパターンがあります。

それぞれの費用や特徴については、以下の表を参考にしてください。

【各車検の費用・特徴】

ユーザー車検 【費用】
・総額で2万円程度
(法定費用を含める)
【特徴】
・費用を抑えられる
・手間と時間がかかる
・整備不良が見つかれば再検査になる
代行業者車検 【費用】
・総額で3万~4万円
(法定費用を含める)
【特徴】
・費用はユーザー車検、ディーラー車検の間
・手間と時間がかからない
・車検通過のための整備を行う
ディーラー車検 【費用】
・総額で4万~6万円
(法定費用を含める)
【特徴】
・費用が最もかかる
・手間と時間がかからない
・車検通過の整備以外に、バイク全体のメンテナンスを行う

ユーザー車検の場合は、運輸支局に持ち込んで自分で検査を行うので、専門的な知識が必要です。

また、運輸支局は平日しか空いていなく、検査する時間も決められています。そのため、手間と時間がかかるのです。

日常のこまめなメンテナンスが大切

車検の費用を抑えるためには、整備費用をどれだけ安く抑えるかがポイントです。そのため、普段からこまめにメンテナンスをすることが重要になります。

ある程度 バイクの知識を身に付ければ、日常的にこまめにメンテナンスをして、ユーザー車検に臨むことができます。

整備不良が見つかる可能性も低くなり、部品を交換する部品代もかかりません。

自分に合った車検を選ぶポイント

ユーザー車検を選ぶのが費用を抑えるポイントですが、環境や知識量によって最適な車検を選ぶ必要があります。

ユーザー車検・代行業者車検・ディーラー車検と、どれを選べば良いのか分からない人は、以下を参考にしてください。

【ユーザー車検がおすすめの人】

  • バイクに関する専門知識がある人
  • 平日に時間がとれる人
  • 日常的にバイクを丁寧に運転している人
  • 普段からバイクのメンテナンスをしっかりと行っている人

【代行業者車検がおすすめの人】

  • バイクに関する専門知識があまりない人
  • 平日に時間がとれない人
  • 定期的にメンテナンスをしており、部品交換の必要がない人
  • とにかく車検に通る整備ができれば良い人

【ディーラー車検がおすすめの人】

  • バイクに関する専門知識が全くない人
  • 平日に時間がとれない人
  • 普段からメンテナンスをする時間がなく、じっくりと整備をしたい人
  • 少しでもバイクに異変を感じている場合

最後に

バイクの車検も自動車と同様に、自賠責保険証・車検証・納税証明書の準備が必要です。車検を受ける際は、忘れないようにしっかりと用意しましょう。

また、「なぜ車検が必要なのか?」については、以下の記事で詳しく解説しています。自動車の車検に関する記事ですが、バイクにも同じことが言えるので、合わせて参考にしてくださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧