車のガラスに油性マジックでイタズラされた!すぐに実践できる落とし方

トラブル

昨今では、煽り運転などドライバー同士のトラブルをテレビやSNSなどで目にする機会が増えてきていますよね。

ご近所トラブルなどが原因で、近隣住民が嫌がらせの一環で車に落書きをするというケースもあります。

車のガラスに油性マジックでイタズラをされたら

まず、こういうイタズラや嫌がらせを受けても慌てないことです。油性マジックによるいたずら程度であれば、自分で落とせる可能性があります。憤らず落ち着いた対処をしてください。

対処方法

やられたらどうしても腹は立つものです。被害を受けて犯人を捕まえたい場合は、警察や弁護士に相談するのが最善の方法と言えますが、手間も時間もかかってしまいます。

油性マジックの落とし方

落書きされたものは一刻も早く落としたいですよね。

実は油性マジックで車のガラスに落書きされても、家庭にあるもので簡単に落とすことが出来ます。

【除菌シート】

例えば、コンビニやドラッグストアなどで販売されているアルコールタイプの除菌シートです。力をこすらずにゆっくり磨くだけでキレイに落とすことが出来ます。もしくは、無水エタノールでも充分落とせます。布巾やタオルに染み込ませて軽く拭き取ってください。

【中性洗剤】

また、食器を洗う時などに使う中性洗剤も使えます。この場合は必ず中性の洗剤を選ぶようにしてください。

【メラミンスポンジ】

「激落ちくん」のようなメラミンスポンジを使って対処するのも、油性マジックを落とすにはとても便利な方法です。ただし、撥水コーティングが取れてしまう恐れがあるので充分留意しながら対処してください。

一刻も早く汚れを落としたい、というときスーパー・コンビニ・ドラッグストアなどに寄って、以上の物を購入して対処すれば、油性マジックもキレイに落とすことが出来ます。

しかし、時間が経ってしまった場合は汚れも落ちにくくなります。もし手間に感じたら、その場合はガソリンスタンドで洗車してもらうか、専門店で汚れを落としてもらうのもひとつの方法です。

あまりにもひどい場合は

警察や弁護士に相談

もしも落書きをされたら、相手を「器物破損」で訴えることが出来るかもしれません。

器物損壊における「損壊」というのは、単にその物を傷付けたり破壊したりするという意味だけでなく、その物の価値を低下させる行為まで含まれます。

頻繁にいたずらをされたり、あまりにもひどい場合は警察に被害届を出すようにしてください。

もしも、弁護士さんと親しかったり、知り合いに弁護士さんがいたりしたら相談してみるのも良いかもしれません。その場合には証拠となる写真などがあると良いでしょう。

ドライブレコーダーや防犯カメラを取り付ける

一方で、器物破損は刑罰としては重くないので、被害届だけでは警察も捜査をしてくれないケースも多くあります。証拠が乏しいと検挙できないケースがあるので、尚更です。

なので、家の駐車場には防犯カメラを設置したり、車にはドライブレコーダーを設置したりしましょう。

ドライブレコーダーの中には、駐車監視機能付きの物もありますので、自分の目が届かない間に起きた出来事の証拠映像を残すことが可能です。

最後に

いかがでしたでしょうか。近年ドライバー同士のトラブルも多発しており、自分もいつ被害者になるか分かりません。

もし遭遇してしまっても、

  • 慌てない
  • 決して相手の言いなりにないこと
  • カッとなったりせず、衝動は抑えること
  • 徹頭徹尾、冷静に対処すること

などが被害を最小限にとどめるベストな方法です。

ピックアップ記事

関連記事一覧