車のハンドルが重いと感じるときの原因と対処法

トラブル

車を運転している最中、「ハンドルが重い」「いつもと違う感覚がする」などと感じた経験はないでしょうか。

ドライバー自身に疲れが溜まっていたり、気のせいだったりすることもあるのですが、明らかにハンドルが重くなってしまっているようであれば、異常な事態になっていることは間違いありません。

そこで今回は、車のハンドルが重くなってしまうトラブルについて、原因と対処法を解説していきます。

ハンドルが重くなる原因

ハンドルが重くなったと感じるのは、日ごろの疲れなどによる体調が影響している場合が多いです。

ですが、明らかに違和感がある場合や、運転していて急に重くなった場合などは次のような原因が考えられます。 

タイヤが原因

タイヤゴムの中には空気がはいっており、その空気は時間が経てばだんだんと減っていきます。空気を入れ直すなどのメンテナンスを行わないままでいると、どんどんタイヤの空気圧が下がり、ハンドルが重くなってしまうのです。 

タイヤの空気は定期的に行いましょう。タイヤの空気圧のチェックや、空気の補充はガソリンスタンドでできる場合がほとんどです。近所のガソリンスタンドになければ、車の車検を取り扱っている修理工場や車用品店へ行ってみてください。

また、タイヤがパンクしている状態の時もハンドルは重くなります*。タイヤに異物が刺さっていないか、タイヤがパンクしてしまっていないか、出来るだけ確認するようにしてください。

パワーステアリングが原因

タイヤを確認しても異常が見られない場合、パワーステアリングが原因かもしれません。

パワーステアリングは、ハンドルを操作するときに弱い力でもハンドルが操作できるように補助してくれます。このパワーステアリングが故障してしまうと、自分の力だけでハンドルを操作しなければならなくなるため、ハンドルが極端に重くなってしまうのです。 

まずはメーターパネルなどにパワーステアリングの警告灯が表示されていないかチェックします。警告灯が出ていたらすぐに整備士などの車のプロに点検を依頼しましょう。

パワーステアリングには電動式と油圧式の2つがあり、故障の原因がそれぞれ変わってきます。 

1. 電動式の場合

・ エンジンコントロールの不具合 

電動式はモーターで動いており、エンジンコントロールによって制御されています。この**エンジンコントロールに不具合が生じてしまうと、パワーステアリングがうまく作動せず、ハンドルが重くなってしまいます。 

・センサーの不具合 

パワーステアリングに搭載されている、**センサーが誤作動を起こしてパワーステアリングがうまく動かなくなってしまう**こともあります。 

・モーターの不具合 

電動式のパワーステアリングはモーターで動いているので、この**モーターに不具合が生じてもハンドルが重くなってしまう**原因になってしまいます。 

2. 油圧式の場合

・オイルの不具合 

油圧式は専用のオイルを使って油圧をコントロールし、パワーステアリングを制御しています。このオイルが漏れてしまうと、オイル不足でハンドルが重くなってしまいます。さらにオイルが劣化していると、上手く油圧がコントロールできず、ハンドルが重くなってしま場合もあります。 

・ポンプの不具合 

油圧を発生させるポンプに不具合が生じると、パワーが不足してしまい、ハンドルが重くなってしまう原因になります。 

・ベルトの不具合 

油圧式のパワーステアリングのベルトが劣化してしまったり、壊れてしまうハンドルに力を伝えることができなくなり、ハンドルが重くなってしまいます。 

ハンドルが重くなった時の対処法

実際にハンドルが重くなってしまったときは、どのように対処したら良いのでしょうか?

安全なところに車を停車させる

運転中に急にハンドルが重くなった場合は、ハザードをつけて安全なところで停車しましょう。後方車両にもわかりやすいように、発煙筒などで停車していることを知らせることも忘れずに行ってください。そして、焦らずに自分の加入している自動車保険が提供しているロードサービスを利用しましょう。

ディーラーや車用品店に相談する

ハンドルは車を運転するうえで大事な部分です。そのハンドルに不具合が発生したり、違和感を感じた場合、すぐに整備士のいるディーラーや車用品店で相談、点検をしてもらいましょう。ハンドルの操作ミスで事故が起きてしまってからでは取り返しがつかないので、できるだけ早く診てもらうようにしてください。

修理をする

ハンドルが重いだけではなく、変な音がするなど異常な事態が発生している場合はすぐに修理をしてもらいましょう。今は動いているから大丈夫、ということはありません。出来るだけすぐにディーラーへ持って行き、状態を見てもらってください。

最後に

ハンドルは車に乗る全ての人の安全を守るために大事な部位です。不安なことがあればすぐに整備士のいる専門店に相談をしましょう。点検や修理をする必要も出てくることがあります。普段から点検をよくしておく、無理な運転はしないことをぜひ心がけてくださいね!

ピックアップ記事

関連記事一覧