秋の洗車について|秋の車の汚れと対処方法を解説

メンテナンス

秋は紅葉のシーズンなので、山間部へのお出かけが増える人もいるでしょう。また、夏に続いて秋のキャンプ・グランピングを、家族や友人と楽しむ人も多いと思います。

しかし、山間部に出かける機会が多い秋は、夏と違って車が紫外線のダメージを受けにくい一方、秋ならではの汚れも車に付着しやすいです。

今回は秋に付きやすい車の汚れと対処方法を解説していきます。車をキレイな状態で維持して行楽シーズンのドライブを楽しんでくださいね。

秋に気を付けたい車の汚れ

秋に気を付けたい車の汚れとしては、主に以下の5つがあります。

  • 落ち葉
  • 樹液
  • 虫の死骸
  • 鳥のフン
  • 秋雨

それぞれ汚れを放置すると、ガラスやボディに悪影響があるので、すぐに取り除いてください。汚れの影響と対処方法については、次の項目以降で詳しく解説していきます。

落ち葉

秋と言えば紅葉の季節ですが、それと同時に沢山の落ち葉が見られます。駐車スペースの近くに木がある人はもちろん、行楽地へドライブして駐車すると、車の上を落ち葉が覆っていることがあります。

落ち葉を長時間放置すると、流水経路に落ち葉が詰まる影響で泥が溜まり、ボディが汚れやすくなります。

  • ボディにシミができる
  • 落ち葉が擦れてボディが傷付く
  • 水垢
  • イオンデポジット
  • 泥や砂による洗車傷

などのリスクがあるので、注意が必要です。

対処方法

落ち葉は、フロントガラスの下、フロントグリルやエンジンルーム周り、トランクの中などに溜まりやすいです。

車に落ち葉が乗っているのが目についたら、手ですぐに取り除きましょう。フロントグリルやエンジンルームは、必ずエンジンが冷えた状態で掃除をしてください。

樹液

落ち葉には樹液が付いていることもあるので、落ち葉を長時間放置するのは、やはりリスクがあります。

行楽地へ出かけたときに、樹液が車に付着することもあるでしょう。風などの影響で、樹木から10m以上離れていても、車に樹液が飛散するケースがあります。

  • ガラスに付着し視界に影響を与える。
  • ボディの表面に凹凸が生じる。
  • ボディがひび割れを起こす。

などのリスクがあり、時間が経過すれば樹液は凝固したり、塗装の内部まで浸食したりするので、長時間の放置は危険です。

駐車場の近きに樹木がある場合や、行楽地へドライブした後などは注意してください。

対処方法

樹液を落とす方法としては、以下の掃除方法を試してください。

  • 80℃前後の「お湯」で落とす
  • クリーナー、溶剤を使う

樹液を落とすクリーナーとしては、「ピッチ・タール除去クリーナー」「虫取りクリーナー」「アルコールが含まれたシリコンオフ」などがおすすめです。

樹液の掃除については、以下の記事でも詳しく解説しています!

虫の死骸

春や夏はもちろん、秋も虫の活動が活発な季節です。高速道路や山間部などを走行すると、虫の死骸がフロントガラスやバンパー、ボンネットなどにこびりついてしまいます。

虫の死骸で、シュウ酸カルシウムなどの酸性の汚れが車に付着すると、塗装を浸食して変色したりシミになったりすることがあります。

洗車で落ちない場合もあるので、落ち葉や樹液と同様に、虫の死骸を長時間放置をするのはやめましょう。

対処方法

車に虫の死骸がこびり付いた場合は、「たっぷりの水」と「虫取りクリーナー」で対処してください。

水で虫の死骸を取り、クリーナーを吹き付けます。しばらく放置してから、優しく拭き取りましょう。

虫の死骸の掃除については、以下の記事でも詳しく解説しています!

鳥のフン

虫がいるということは、虫を好んで食べる鳥のフンにも注意が必要です。

鳥のフンを塗装面に付着した状態で放置しておくと、酸性やアルカリ性のクレーターや塗装クラックなどの原因となり、塗装に影響がでます。

コーティングやワックスをかけていても、長時間放置すると影響が出るので、すぐに掃除しましょう。

対処方法

鳥のフンは、水分を含んだまだ柔らかい状態と、乾燥して固くなった状態では対処方法が異なります。

固まった状態で一気に取り除こうとすると、コーティングが剥がれる恐れがあるので、注意が必要です。

鳥のフンの掃除については、以下の記事でも詳しく解説しています!

秋雨

秋は台風シーズンであり、雨が降りやすい季節です。車を雨ざらしにしたまま運転をしていると、ガラスやボディにイオンデポジットやウォータースポットができます。

イオンデポジットとは白いリング状の汚れで、ウォータースポットとはイオンデポジットがさらに酷くなった状態です。

細かい斑点状の汚れがガラスやボディに付いて、かなり悪い見た目となります。

対処方法

秋雨は、いつ始まり終わりが来るか分かりません。車が雨ざらしになった場合は、すぐに洗車するようにしてください。

自宅の駐車場に屋根がない場合は、ボディーカバーをかけておきましょう。そうすれば、多少の雨では一回一回洗車をする手間が省けます。

秋でも洗車する時間帯に注意

秋になると涼しくなり、基本的には洗車がしやすいシーズンです。

しかし、近年では地球温暖化の影響か、10月でも気温が夏日を記録するときもあります。

秋になっても、気温が高い日中での洗車は避けた方が良いでしょう。

  • 比較的 時間の涼しい午前中に洗車する。
  • 屋根の下やガレージなど、日陰で洗車する。
  • 雨が降りそうにない曇りの日に掃除する。

秋でも気温が高い晴れの日は、以上のことに注意してみてください。

そのほか、手洗い洗車については、以下の記事でも詳しく解説しています!

最後に

秋は行楽シーズンで、紅葉などの山間部に出掛ける場合も多く、落ち葉や樹液などによる影響が車にも受けやすいです。

  • 山間部に出掛けた後はこまめに洗車する。
  • 雨や台風の場合は、ボディーカバーを被せておく。
  • コーティングをして汚れを落としやすくする。

以上のことを心がけておけば、車をキレイな状態で維持しやすいです。

コーティングについては、夏の紫外線などの影響で効果が弱まっている場合もあります。撥水・親水の効果が落ちていたら、秋に再度コーティングしておきましょう。

コーティングのメリットについては、以下の記事でも詳しく解説しています!

ピックアップ記事

関連記事一覧