車のガラス・部位の名称を解説|内部・外装パーツ

雑学

車を持つと、事故や故障のリスクが常に隣り合わせです。

車のガラスや部品の種類について把握しておけば、故障した際もスムーズに交換・購入ができます。

また、車を自分好みに車をカスタムしたいと考えている人も、ガラスや部品について把握しておくとメリットが大きいです。

今回は、よく耳にする車のガラスや部品の種類について解説していきます。

車のガラスの名称と役割

フロントガラス(フロントウィンドウ)

車の前方(フロント)にある窓ガラスの名称で、ウィンドウシールドとも呼ばれています。フロントガラスの上部中央にある台形の黒いドット柄は「黒セラ」とよばれるものです。日差し対策の役割を果たしていて、前方の視界を保つための工夫がされています。

「黒セラ」については以下の記事で詳しく解説しています!

リアガラス(リアウィンドウ)

リアガラスの画像

車の後ろにある窓ガラスの部位名称で、バックドアガラスとも呼ばれています。リアガラスは、ガラス単体では開閉できない車種がほとんどです。

リアガラスはフロントガラス同様、運転時の視界を確保する役割があります。

ドアガラス(ドアウィンドウ)

ドアガラスの画像

車のドアにある窓ガラスの部品名称で、こちらは開閉することが可能です。夏場など暑い季節は、車にこもった熱気を外に出し、車内の空気を換気する役割があります。現在はパワーウィンドウが主流で、電動モーターで自動に開閉できます。

サイドガラス(サイドウィンドウ)

サイドガラスの画像

リヤドアやスライドドアの後ろについているガラスでクォーターウィンドウとも言います。

後方の左右を確認するためのガラスです。

デルタウィンドウ(フロントクォーターウィンドウ)

画像の左奥にある、三角窓のガラスがデルタウィンドウです。フロントガラスとフロントドアガラスの間にあります。

斜め前方の視界確保のための窓で、交差点での右折・左折のときに、歩行者や障害物がないかどうかを確認しやすくなっています。

エアコンが普及する前は換気窓の役割をしており、ベンチレーションウィンドウ(換気窓)とも呼ばれていました。

そのほか車のパーツの名称

車の内部の部品の名称

・エンジン

車のエンジンの画像

エンジンは車を動かすための心臓的なパーツです。

燃料と空気からなる混合気を燃焼させ、動力を発生させます。コントロッド、クランクシャフトなどが取り付けられており、これらは燃焼することによって上下運動するピストンや、ピストンの上下運動を回転運動に変換するために必要です。

・ラジエーター

ラジエーターの画像

エンジンを長時間動かすと熱が発生します。ラジエーターはエンジンが熱くなりすぎないようにするための冷却機能です。

ラジエーターの中には冷却水(ラジエーター液)が入っています。この冷却水が漏れたり、劣化していたりすると、エンジンの高熱を抑えることができなくなり、オーバーヒートを起こします。

冷却水の交換周期は約2年で、頻繁に車を運転する人はそれよりも早く交換すると良いでしょう。

・バッテリー

エンジンを動かしてライトの点灯や、カーナビ・エアコンなどを起動させるために必要なパーツです。

週に一度、時速50kmほどのスピードで20分以上走行すれば、バッテリーが充電されます。バッテリーの寿命は2~4年で、3年に一度の交換が目安です。

・マフラー

車のマフラー

排気ガスを放出する部品ですが、実は消音したり清浄したりする役割も持っています。

・ミッション(トランスミッション)

トランスミッションの画像

車を4速、2速、バック、ニュートラル、パーキングへとギアをチェンジするときの変速機です。手動で切り替える車を「マニュアル車(MT車)」、自動で切り替える車を「オートマ車(AT車)」と呼びます。日本では現在、AT車が主流です。

・ドライブシャフト

ドライブシャフトの画像

エンジンで起こした動力を、ミッションなどを介して車輪に伝える軸です。走行中は道路の状況に合わせて上下左右に動きながら、動力をタイヤに伝えています。

外装パーツの名称

・ボンネット

車のボンネット

エンジンを搭載しているエンジンルーム、そのエンジンルームの蓋のことを、ボンネットと呼びます。

・ワイパー

フロントガラスとリアガラスにあり、雨の日の運転で視野をクリアにするためにあります。

・バンパー

車のバンパーの画像

ボディの前後に設置されており、衝突などの衝撃からボディを守る役割があります。

・トランク(トランクリッド)

車のトランク(荷物を収納する場所)部分の画像

荷物を収納するための、後部座席のさらに後ろにあるスペースです。

・ルーフ

車の屋根の名称で雨や雪、紫外線を浴びないようにします。オープンカーの場合はルーフを開閉することができます。

最後に

今回は車のガラスの名称や部品や種類について解説しました。どんな部品か把握しておくと、車が故障した際にスムーズにパーツ交換ができます。

車には数多くの部品があります。全てのパーツの名前を覚える必要はありませんが、故障や破損の確率が比較的高い部品、よく見る部品はぜひ覚えておいてください。

修理の際や、自動車を購入する際の理解の助けになります。

ピックアップ記事

関連記事一覧