• HOME
  • Glass Style
  • 雑学
  • オービスの通知が届いたらどうすれば良い?オービスの種類と合わせて解説

オービスの通知が届いたらどうすれば良い?オービスの種類と合わせて解説

雑学

免許証を取得したばかりで高速道路を運転すると、ついついスピードを出し過ぎる場合があります。また、用事があり急いでいる場合は、制限速度を破るケースも珍しくありません。

必要以上にスピードを出し過ぎると、速度超過でオービスに引っ掛かる可能性が高いです。

自分では意識がなくとも、知らぬ間にオービスに引っ掛かると、後日「出頭通知書」が送られてきます。

もしも、オービスの通知が来てしまったらどうすれば良いのか?今回は、オービスの種類と合わせて解説します。

オービスとは

オービスとは一言で表すと「スピード違反(速度違反)を自動検知する機械」です。正式名称は「自動速度違反取締装置」と言います。

オービスが反応する超過速度

公道には「法定速度」が存在しています(一般道路は時速60km/高速道路は時速100lm)。

道路標識によって速度制限が設けられている場合もありますが、基本的にドライバーは法定速度(制限速度)を守らなければいけません。

細かく言うと、時速1kmでも制限速度を超えた場合はスピード違反です。ただし、実際の車のスピードと、スピードメーター表示には微妙なズレが生じます。

そのため、時速10km以上の制限速度を超えた場合が、一般的には取り締まりの対象です。

そして、オービスが反応する超過速度は、「一般道では時速30km以上」「高速道路では時速40km以上」と言われています。

これは、免停や「6ヶ月以下の懲役、または10万円以下の罰金」が科せられる超過速度です。オービスを光らせた場合は、これらの罰則を覚悟してください。

ただし、もちろんこれらを下回る超過速度でも、取り締まられる可能性があります。空いているから、急いでいるからといってスピードは出しすぎないようにしましょう。

スピード違反に関しては、以下の記事でも詳しく解説しています。合わせて参考にしてください。

オービスが把握する情報

オービスでスピード違反を検知されると、以下の情報が把握されます。

  • 車種
  • ナンバープレート
  • ドライバーの顔写真
  • いつどこで時速何kmの超過速度を起こしたのか

これらの情報を基に、後日 通知書が自宅に届いて警察署への出頭が求められます。

オービスの種類

オービスには「固定式」と「移動式」が存在します。固定式はその名の通り、道路上部や路肩、道路内に設置されています。

一方、移動式は車内にオービスを搭載・携帯して、速度測定を行うシステムです。それぞれ色んな種類のオービスが存在するので、ここで詳しく解説します。

]固定式のオービスには、主に以下の4つが存在します。

  • レーダー
  • ループコイル式
  • Hシステム
  • LHシステム

レーダー

最も古いオービスで、 レーダーを発射して車の速度測定をする仕組みです。写真撮影はフィルム式で行われています。

主に道路上部にセンサーが設置されているため、遠くからでもオービスの存在を確認することが可能です。

Hシステム

レーザー式に代わり、現在多く設置されているオービスです。測定方法はレーダー式のものと同様ですが、警察署と通信回線により常に接続されています。

レーダー式と同様に、道路上部にセンサーが設置されているため、遠くからでもオービスの存在を確認することが可能です。

ループコイル(磁気センサー)式

主に道路内部に埋め込まれており、ループコイルと呼ばれる磁気センサーで速度測定をします。

車線中央に横の白線が引かれている場合は、ここにループコイル式が埋まっており、遠くからでは存在が確認しづらいです。

LHシステム

LHシステムオービスは、Hシステムとループコイル式を組み合わせたオービスです。実はレーダー波は、環境や気象条件に影響を受けやすくなっています。

そこでLHシステム式は、地面に埋め込まれたループコイルによって速度測定を、道路上部にあるカメラで写真撮影をして、警察担当部署へのデータ通信が行われています。

ただし、設置するためのコストが高額なため、一部の主要箇所にしか設置されていません。

移動式オービス

移動式のオービスには、主に以下の2つが存在します。

  • 移動式車両
  • iMオービス(新型移動式小型オービス)

移動式車両

車にオービスを搭載していて、速度を検知するタイプです。基本的にワンボックスカーや警察車両に装備していて、いわゆる「ネズミ捕り」と呼ばれるものになります。

およそ10〜15m手前から検知を行っており、見た目ではオービスが搭載されている車両の判断は困難です。

iMオービス(新型移動式小型オービス)

人の手でも持ち運び可能なタイプのオービスで、レーダーで速度を検知します。

そして「高さ:約1.3m/幅:約1m」とコンパクトなため、狭い場所でも三脚を立てての撮影が可能です。

2017年7月から、岐阜県警が本格的に運用をスタートしました。道幅が狭くて取締まりが困難だった「生活道路」でも利用できるため、今後多くの住宅地で使用される可能性があります。

オービスを光らせてしまった後の流れ

オービスを光らせてしまった後の流れは、大まかに以下の通りです。

  1. 自宅に出頭通知書が届く
  2. 警察署に出頭する
  3. 裁判所から出廷要請の通知が届く
  4. 裁判所に出廷する
  5. 停止処分者講習を受ける

ここでは、流れの詳しい内容について解説します。

自宅に出頭通知書が届く

オービスを光らせると、車のナンバープレートを元に情報を割り出し、車の所有者の自宅に「出頭通知書」が、数日〜1ヶ月以内に郵送されます。

出頭通知書は、あくまで車の所有者に送られてきます。そのため、違反したドライバー=車の所有者とは限りません。

もしも、家族や友人などの知り合いに車を貸し出し、スピード違反された場合は自分の元に通知書が届きます。その場合は、警察に事情を説明しましょう。

警察署に出頭する

通知書が届いたら、事情聴取で事実確認が行われるため警察署へと出頭します。

ちなみに、通知書を無視して警察署への出頭を怠ると、警察官が自宅まで来て逮捕されるので注意してください。通知書は無視せずに、必ず警察署に出頭しましょう。

警察署へ出頭したときの流れは、以下の通りです。

  1. 受付にて出頭通知書を提出して事情を話す。
  2. 担当警察官が現れて取調室へと連れて行かれる。
  3. オービスの撮影データを見せられて事実確認をされる。

撮影データには、車両やナンバープレート、ドライバーの顔がしっかりと写っているため、事実を否定するのは難しいです。

事実と異なる発言をした場合は、偽証罪に問われることもあるので、質疑には正直に答えましょう。

裁判所から出廷要請の通知が届く

警察署での事情説明が終わると、今度は裁判所から「出廷通知書」が数日〜1ヶ月以内に郵送されます。

通知書には日時や場所の指定、略式裁判によって罰金を決める旨が記載されています。指定された日時が不都合な場合は、記載されている連絡先に電話して、日時変更を行ってください。

そして、その場で罰金を支払う場合があるので、用意できるならば現金10万円を持参しましょう。すぐに用意できない場合は、後日納付することも可能です。

裁判所に出廷する

裁判所に出廷した後の流れは、以下の通りです。

  1. 裁判所の中に警察の受付があるので、通知書を提出して事情を話す。
  2. 警察署での調書を基に、再び事実確認が行われる。
  3. 内容に問題がなければ、略式裁判に同意する書類に署名・捺印をする。
  4. 検察の受付に向かい、事実確認が行われる(警察の聴取に不備がないかどうかの確認)。
  5. 罰金の額が決定する。
  6. 略式裁判が行われるので、10分〜1時間ほど待合室で待機する。
  7. 名前を呼ばれたら受付に出向き、名前と生年月日を答える。
  8. 判決結果が記載された用紙、罰金額が記載された赤切符が渡される。
  9. 罰金のための現金を持ってきた場合は、支払いを済ませて終了。

ちなみに、裁判所への出廷はできるだけ公共交通機関を使いましょう。免停の行政処分は人によって違いますが、出廷より前に処分が行われる場合があります。

そのため、裁判所の出廷は公共交通機関を極力利用するようにしてください。

停止処分者講習を受ける

オービスを光らせた場合、免停はほぼ確実です。超過速度により30日〜90日と免停の期間が異なります。

ただし「停止処分者講習」を受けると免停の期間を短縮することができます。

停止処分者講習は、公安委員会から講習の通知書が郵送されてくるので、特に生活に車が必要な場合は必ず受講するようにしましょう。

免停期間により『短期講習』『中期講習』『長期講習』の3つの講習に分かれており、それぞれに講習費用が必要です。

停止処分者講習に関しては、以下の記事でも詳しく解説しています。合わせて参考にしてください。

オービスを光らせないためにできること

オービスを光らせないためにできることは、以下の2つです。

  • 法定速度(制限速度)を守る
  • 設置場所を事前に把握する

法定速度(制限速度)を守る

一番は法定速度(制限速度)を守ることです。特に高速道路や自動車専用道路では、道幅も広く交差点や信号機も少ないため、ついついスピードを出してしまう場合があります。

スピードの出し過ぎはオービスが光らなくとも、大きな事故に繋がる確率が高まります。そもそもオービスは事故を防ぐために設置されているので、基本的には制限速度を守る意識を心掛けましょう。

設置場所を事前に把握する

とはいえ、知らぬ間に制限速度を超えてしまうことは珍しくありません。そういったケースのために、以下の方法でオービスの設置場所を事前に把握して対処しましょう。

  • 事前にインターネットでオービスの場所を調べる
  • オービス検知アプリをスマホにインストールする

実はオービスの設置場所は、以下の「オービスガイド」で調べることができます。

参考:https://orbis-guide.com/

ただし、検索できるのは固定式のみで、移動式は検索できません。

ちなみに、オービスガイドのアプリ版では、移動式のアプリを検知することが可能です。リアルタイムのオービス情報をプッシュ通知で報せてくれたり、大きく超過速度をしている場合は音声で報せてくれたりします。

とはいえ、これは「うっかりスピードを出し過ぎたときに気付くためのサポート」と捉えてください。基本的には制限速度を守り、安全運転を心掛けましょう。

最後に

時速10km以上の超過速度は、うっかり出し過ぎることもあります。しかし、オービスが光る超過速度は、刑罰の対象になる可能性が高いので気を付けましょう。

近年では高速道路や自動車専用道路に加えて、住宅地などの生活道路にも移動式のオービスが設置されています。

オービスが光って通知書が届くと、警察署や裁判所への出頭があり何かと面倒です。また、免停や罰金の支払い、最悪の場合は大きな事故を起こすリスクがあります。

オービスのアプリを事前にインストールするのはもちろんですが、基本的には制限速度を守るように安全運転を意識してください。


ピックアップ記事

関連記事一覧